スマホデビューは『TONE m17』で決まりな5つの理由をわかりやすく解説!

Android

『TONE m17』は「すべての人に使いやすく」「あえてシンプルに」「安心して使える料金」にこだわったスマートフォンです。

運営するのは利用者に「安心」「安全」を贈りたいと語る、TONE MOBILE。実は“TSUTAYA”でおなじみのカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の子会社です。

・わかりやすい料金プランをお探しの方

・1台目のスマホ購入を検討されている方

・お子さんのスマホをお探しの方

ですとこれ以上ない、最適なスマホでしょう。各所で高評価・レビューが多くある『TONE m17』が、なぜ1台目のスマホに最適なのか、その理由をご覧ください。

スポンサーリンク

TONE m17の基本スペックはこちら

まずはTONE m17の基本スペックを確認しましょう。

OS

Android 7.1.1

CPU

MSM8916

(64bit 1.2GHz クアッドコア)

メモリ(ROM)

16GB

メモリ(RAM)

2GB

外部メモリ(最大)

microSDXCカード(256GB)

バッテリー容量

2580mAh

画面サイズ

5.0インチ

横×縦×厚み

高さ:144mm 幅:71mm 厚さ:8mm

画面解像度

720×1280

メインレンズ(背面)

約1300万画素

メインレンズ(前面)

約500万画素

重量

148g

充電/インターフェース

micro USB

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

Wi-Fi(a/b/g/n)

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth4.1

防水・防塵

IPX5/IPX8

カラーバリエーション

ホワイト

今のスマートフォンに必要とされている機能は、ほとんど詰まっています。使用にあたって困ることはまずないでしょう。

では、ここからはTONE m17が他のスマートフォンと何が違うのか、明確に、しっかりと、わかりやすく解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

【理由その1】料金プランはたったひとつ“月額1,000円”

「TONE m17」はあなたに“シンプルさ”を提供します。

特にシンプルなのが「通信料金プラン」。通信事業者(MVMO)が1000社に届こうとしている今、料金プランが山のようにあります。大手キャリアのdocomo、格安SIMのマイネオ、どの会社でも、オススメしてくるプランがたくさんありますよね。

「どれを選べば良いのかわからない!」

こう感想を持つのは当然です。大量なプランから“ベスト”なものを見つけるのは、もはや至難の技です。そこで、TONE MOBILEはたったひとつの料金プランをあなたに提案します。これもあれも……ではなく「みんなこのプラン!」といった明確でフェアな“ベストプラン”をあなたに提供します。

具体的な通信料金は「月額1,000円」。たったの1,000円です。TONE MOBILEにはこの“月額1,000円プラン”しかありません。どのプランがお得だろう……と悩む必要は一切ありません。

その分、機種はどうか?使いやすいか?通信事業者は信用できるか?評価・レビューはどうか?などもっと大切な悩みごとに、時間を使えるのです。

言い方は悪いですが、プランをわざとわかりづらくして、多く支払わせようとする“客のミス”を期待する業者があります。一方で、TONE MOBILEはこれ以上なく明確、シンプル、安全安心なプランをあなたに贈ります

おそらく、今までも今からもこれ以上“わかりやすい料金プラン”は出てこないでしょう。ですので、この“わかりやすい”をあなたが気に入れば、もう迷う必要はありません。TSUTAYAとして、お客さんの信頼を得てきたTONE MOBILEは、それほど良い会社だからです。

【理由その2】ぜひ1台目に使ってほしいスマホ

TONE m17には「1台目のスマホ」として最適な3つの理由があります。

①“最高峰”ではないが“十分”なスペック

②シンプルイズベストなつくり

③とても頑丈で扱いやすい

ひとつずつ詳細を見ていきましょう!

①“最高峰”ではないが“十分”なスペック

TONE m17のコンセプトは「1台目のスマホとして最適」です。iPhoneのような最高峰スペックではなく、できることをあえて絞って、利用者が必要としていることだけ詰め込みました。「インターネット」「通話・メール」「アプリの使用」はもちろん、「おサイフケータイ」「ワンセグ」などの厳選された便利機能も搭載しています。

②シンプルイズベストなつくり

TONE m17のデザインはあえて“シンプルすぎる”を目指しています。これは、端末料金を安価にするためだけでなく、子どもからご年配の方まで幅広い人に「1台目のスマホ」として使っていただきたいからです。TONE MOBILEの“こだわり”はデザインにまで反映されています。

レビューのためにさまざまな機種に触れてきましたが、TONE m17の外観は安っぽさがまったく感じられません。それどことか、シンプルさと落ち着きのあるホワイトが相まって、どこかホッとする安心感と、隠れた高級感があります。

③とても頑丈で扱いやすい

TONE m17の売りのひとつが“頑丈さ”です。液晶にはiPhoneにも採用されている高価なゴリラガラス。また、「汚れても、大丈夫。」「濡れても、大丈夫。」「洗っても、大丈夫。」と公言しているように、IPX5/IPX8という超ハイスペックな防水機能が付けられています。

お風呂でも使えるこの防水機能はハイエンドスマホとまったく同レベルです。格安スマホの中では頭ひとつ抜けた特徴と言えるでしょう。この機能をこの価格のスマホにのせてくるのは“驚き”の一言です。

「スマホに慣れていない人は、落としたり濡らしたりするかもしれない。」頑丈なTONE m17には、TONE MOBILEの“親心”がうかがえます。

【理由その3】お子さんの初スマホとしてオススメ

TONE m17のもうひとつのコンセプトが「子どもに安心して渡せるスマホ」です。具体的には、「アプリ制限」「利用時間制限」「居場所確認」「移動通知機能」の4つの機能があります。ひとつずつ詳細を見ていきましょう。

「アプリ制限」とは、保護者の許可がない限りはアプリをダウンロードできなくする機能です。ご存知の通り、教育上よくないアプリはたくさんあります。どうしてもハマってしまうゲーム、バイオレンスな内容を含むもの、出会い系のアプリなど、子どものスマホ使用はリスクがあります。それをシャットアウトしてしまうのがこのアプリ制限機能です。

「利用時間制限」とは、スマホ・アプリごとに利用制限を課す機能です。22時以降はスマホ禁止と約束しても、守っているかどうかはわかりません。ですので、この機能を使うことで約束を確実なものにできます。

「居場所確認」とは、子どもが今どこにいるか、今ままでどこにいたかを知れる機能です。今だけでなく、今までいた場所の履歴を知れるところが高評価ポイントでしょう。「ちゃんと塾にいるのか?」と我が子を気になってしまうのは、いつの時代、どの親でも変わりません。

「移動通知機能」とは、乗り物での移動や、特定の場所への出入りを感知したときに、親機にPUSH通知が来る機能です。ダメだと忠告している危険な場所、または車による連れ去りなど、多くの事態に対応できる安心機能です。

【理由その4】シニアのスマホデビューにもオススメ

TONE m17はシニアのスマホデビューを応援します。中でもお伝えしたいのが「無料アフターサポート」。TONE m17が提供するのは、どの製品でもある一般的なサポートではありません。

「サポートを受けたのに何も解決しない」

「そもそもサポートに何が聞けばいいのかわからない」

1台目のスマートフォンの“悩み”は誰でも同じです。そこでTONE m17は本当の意味でのフルサポートをするため、「画面の遠隔操作サービス」を導入しました。

このサービスを受ければ、あなたはオペレーターに任せて画面を見つめているだけでOK!ウソのような話ですが本当です。TONE MOBILEの正式オペレーターが、あなたのTONE m17を遠隔操作で解決まで導きます。

誰だって何か新しいことを覚えるときは“マネ”からはじまります。月額1,000円にはこのサポート料金が含まれているので、あなたは思う存分オペレーターに「わからないこと」「〇〇がしたい!」という疑問、要望をぶつけてください。経験豊富なプロが、優しく懇切丁寧にあなたをサポートします。

また遠隔サポートではなく対面で教えてほしい方は「実店舗でのサポート」を受けてください。店舗数はまだ少ないですが、初期設定、電話帳移行、さらにはメール設定までプロが無料であなたをサポートします。

【公式動画での解説】

1分でわかる「TONE」のスマホ アフターケア編

【理由その5】念のため確認、「LINE」もしっかり使えます!

スマホデビューの一番多い理由かもしれない「LINE」。TONE m17では、もちろんこのLINEが使えます。その他、「話題のゲーム」や「YouTube」、「写真撮影」まで他のスマホで可能なことはまずできます。1台目のスマホとして「これができなかった……」と落ち込むことはゼロだと考えてください。

その他、「インターネット使い放題」サービスも見逃せません。スマートフォンに慣れてると、LINEやネット検索がとても便利で、少し使い過ぎてしまいます。他社の初心者向けプランだと、たいてい「〇〇までしか使えませんよ!」と制限されていますが、TONE m17だと使い放題です。

あなたはTONE m17を手にしたときから、好きなだけ好きなことを、インターネットですることができます。LINEでのメッセージのやりとり、スタンプでのコミュニケーション、撮った写真を送り合って話題を共有。素敵なことがあなたを待っています。

ぜひ「便利な道具」としてだけではなく「コミュニケーションツール」として、TONE m17を有効活用してください。月額1,000円で得られるものは、思っているより大きいかもしれません。

TONE m17の評価・感想まとめ

ここまでTONE m17がなぜスマホデビューに最適か、

・料金プランはたったひとつ“月額1,000円”

・ぜひ1台目に使ってほしいスマホ

・お子さんの初スマホとしてオススメ

・シニアのスマホデビューにもオススメ

・念のため確認、「LINE」もしっかり使えます!

という5つの理由を解説しました。

TONE m17は運営会社「TONE MOBILE(TSUTAYA)」の信頼性が抜群です。今まで大手キャリアを使ってきた方でも、安心して乗り換えられるのも嬉しいポイントでしょう。

Android
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書