人気DJアプリ「djay2」の使い方を初心者向けに徹底解説!【iPhone/iPad】

アプリ

最近機材やソフトが低価格になり、PCでDJを始める人が増えて来ました。でもどんなパソコンを買ったらいいか、ソフトは、機材はと悩んでしまい興味があっても始められないという人も多いです。

PCのソフトは安くても1万円を超えてしまいます。ですがiPhoneやiPadなら、千円程度で始められるんですよ!今日はその中でもiPadやiPhoneでも初心者から上級者問わず大人気のアプリ”djay2”で、ちょっとDJ気分を味わえる遊び方をご紹介します。

今回はイヤホンのみで遊べるように説明しています。最後に実際にDJプレイに必要なモニター環境を説明だけしていますので、実際に小規模なパーティ等で必要な方は参考にしてください。
スポンサーリンク

アプリ「djay2」を購入します

AppStoreで購入しましょう。下記リンクから現在の価格も確認できます。iPad版は1200円、iPhone版は240円です。

※iPadとiPhoneでアプリが別れていますが、機能はほとんど変わりません。今回はiPadで説明しますが、iPhoneでも応用できます!

「djay2」に曲を読みこむ

djay2アプリを立ち上げるとこの画面になります。

ターンテーブル、クロスフェーダーといった、DJならではの機材を模した画面構成になっています。早速再生してみましょう!”djay”と書かれたターンテーブルの左上、音符と+のマークが入ったボタンを押してください。

このように、iPad(iPhone)のミュージックライブラリに入っている楽曲が表示されます。好きな曲を選んでタップします。

曲が読み込まれました。

曲のテンポやキーも読み込んでくれます。

画面の上部にある色のついた部分はこの曲の波形です。左端に赤いライン(カーソル)が見えます。読み込んだ時は曲の頭に配置されていますが波形を左右にフリックすると曲をどこから再生するか決められます。読み込んだら再生してみましょう!

「djay2」のイコライザーを使ってみましょう

選曲用の音符ボタンのさらに左上にある、ミキサーの絵が描かれたボタンを押すとこのように、イコライザーが出てきます。

左からLOW(低音域)、MID(中域)、HIGH(高音域)、GAIN(音量)となっています。

左の3つで音の成分をコントロールして、右端のGAINで曲の音量をコントロールします。

djay2はオートゲインといって、曲のデータを読み込むと自動的に再生音量をコントロールしてくれます。最初はこれに頼って、あまりGAINをいじらないようにしましょう。音が大きすぎると耳によくないですしね。

再生しながら、左の3つをいじってみてください。

こうするともこもこ。

こうするとスカスカ

こんなセッティングにするとラジオボイス風に聴こえたりします

こうやって曲の所々で音を変えていきます。

やりすぎた!と思ったら、それぞれの音域をダブルタップすると真ん中に戻ります。

エフェクターを触ってみましょう

イコライザーを出したこの画面の”FX”という文字を押してください

こんな風に画面が変わります。

Echo(エコー)と書いてあるのが見えますか?

カラオケで声にかかってるやまびこみたいな効果です。再生中にこのパッド部分を触ってみてください。

触っている場所が青く光ります。この位置でエコーの掛かり方が変わります。色々といじってみてください。全然違う曲に聴こえたりしてきますよ!

次の曲へ繋ぎます!

この画面の下側のクロスフェーダーを、一番左に寄せておきましょう。そして右のターンテーブルの音符ボタンを押して次の曲を選びます。

このように選曲します。

そして右のターンテーブルにある”SYNC”というボタンを押すと、自動的にターンテーブルが同期して回り始めます。

回り始めたら、クロスフェーダーの右側、うっすらと見える黒い三角を押してください。徐々に右にクロスフェーダーが動いて、次の曲へ移ります。これで、ミックス完了です。これを左右繰り返して、好きな曲をどんどん繋いでみてください。

<補足>モニターについて

本来、DJプレイをするときには客席やフロアに出すためのメインスピーカーへの出力と、DJが次の曲のモニター(頭出しやテンポ合わせ)をするための、メインスピーカーとは別のヘッドフォン出力が必要となります。

djay2では対応したMIDIコントローラーがいくつか用意されていますが、一番簡単な方法として”スプリットケーブル”というものがあります。これはイヤフォンジャックのLRを利用してL(左)をメイン出力、R(右)をヘッドフォン出力として使う方法です。

画面上部中央の歯車アイコンを押すとこのような画面になります。

ここでスプリット機能をオンにすることで、スプリットケーブルが使用できます。

このようなケーブルを使用して、L側からスピーカーへ、R側からお手持ちのヘッドホンに繋ぎます。

それぞれの出力はモノラルになってしまいますが、小さな会場やホームパーティでしたら、これでも十分に遊べます。スプリットケーブルは1000円程度でMIDIコントローラーを買うよりずっと購入しやすいので、ぜひ試してみてください。

「djay2」アプリでDJ気分に浸っちゃおう!

djay2の遊び方をご紹介しました。

イヤホンだけでは自分の耳の中で終わってしまうのですが、これでも「次の曲につなぐ」「曲にエフェクトをかける」「音の成分を削ったり足したりする」といったDJの基本的なプレイを体験できます。

「楽しい!」と思えたら、もっと深く掘っていっても楽しめることうけあいです、補足にあるような簡易なモニターシステムを作るもよし、思い切ってMIDIコントローラーを導入するもよし。きっとさらなる楽しみが見つかりますよ。

この記事を読んでDJを始めたみなさんと、どこかのクラブでお会いできる日を楽しみにしています!

アプリ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書