スマホ操作に“やさしさ”を!auの『BASIO3』のおすすめできる6つのポイントを解説!

「auのシンプルスマホならコレ!」

auから、信頼できるシンプルスマホ『BASIOシリーズ』の新作がリリースされました。過去シリーズの口コミやレビューからもかなり安心できるスマホです。

たとえば、

・初めてスマホを使う方

・ご両親やお子さんにスマホを探してる方

・最低限の機能がしっかりしていればOKな方

にはとってもおすすめできるスマホですね。

もちろんシンプルスマホに大切な、

・使いやすさ

・見やすさ

の2つは『BASIO3』にバッチリ入っており、auのシンプルスマホに対する“本気”が感じられます。

ではさっそく、『BASIO3』の“良いポイント”を6つ、わかりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

BASIO3の基本スペックはこちら

まずはBASIO3の基本スペックを確認しましょう。

キャリア

au

OS

Android 7.1

CPU

Snapdragon 430 MSM8937

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(256GB)

バッテリー容量

2940mAh

画面サイズ

5.0インチ

横×縦×厚み

71x144x10.1(mm)

画面解像度

1920×1080

背面カメラレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約500万画素

重量

150g

充電/インターフェース

Type-C

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 4.2

防水・防塵

IPX5/IPX8

カラーバリエーション

ゴールド

ブルー

レッド

では、ここからは『BASIO3』の6つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、また有名サイトの口コミ、レビューを含めた内容ですので、購入を検討されている方は参考になさってください。

【ポイント1】使いやすさを“デザイン”にしたスマホ

BASIO3のデザインは、初めてスマホを使う方、カンタンな操作を求める方、シニアの方でも、カンタンに使えるように作られています。

中でも、

・見た目の良さ

・ホールド感

・軽さ

・ボタン配置

はとてもよく練られており、メーカー(京セラ)のこだわりを感じますね。日本製のメーカーだからこその“安心感”もあります。

カラーはゴールド、ブルー、レッドの3色展開で、どれも落ち着きのあるシックな色合いが特徴です。シニアの方だと、ラフな格好よりも、品のある格好をする方が多いためでしょう。

実際に口コミやレビューでは、

「落ち着きも華やかさもある良いカラー」

「私(シニアの方)でも自然な感じで気に入りました。」

「軽くて持ちやすい。」

といった高評価がよくみられます。個人的な感想でも、たしかに“持ちやすい”と感じました。

持ちやすい理由は2つあり、1つ目が「150gという軽さ」、2つ目が「物理ボタンの存在」です。

特に「物理ボタンの存在」は、BASIO3の持ちやすさをグッとアップさせます。

やはり、慣れてないうちはボタンがあるほうが安心ですよね。操作がまったくわからなくても、とりあえず「物理ボタン」を押せばなんとかなります。

具体的には、「電話ボタン」をプッシュすれ電話ができ、「メールボタン」だとメール、「家ボタン」だとホーム(一番最初の画面)に戻ります。

このように、BASIO3は使いやすさをデザインに組み込んだ、よく考えられたスマホというワケです。

【ポイント2】ホーム画面の“見やすさ”と“使いやすさ”が良い!

BASIO3のような“シンプルスマホ”に大切なのが、「ホーム画面の見やすさ(使いやすさ)」です。

ハッキリ言うと、どれだけスペックが素晴らしくても、この“見やすさ”と“使いやすさ”がなければ、意味がありません。

その点、BASIO3のホーム画面には“褒められるポイント”が2つあります。順にみていきましょう。

1つ目が「多くを詰め込んでいない点」です。

スマホはできることが多いため、どうしてもホーム画面がごちゃごちゃになりやすいです。

ですが、スマホ初心者の方にとって“できること”が、たくさんあると迷うんですね。結果、どうすれば何ができるのか?を覚えられず、効率が悪いんです。

だから、BASIO3のように“スッキリ”のほうが覚えが早くなります。

褒められるポイントの2つ目が、「アプリのアイコンがわかりやすい点」です。

これはイメージしやすいと思いますが、スマホに慣れていないとアイコンの意味がまったくわかりません。

たとえば、「chrome(クローム)」というGoogle製のブラウザ。パソコンやスマホに慣れている方なら、スッと“Webブラウザ”だと理解できますが、初心者の方だとどうでしょう?

まずわかりませんよね。だからこそ、アプリアイコンのデザインは“一目でわかること”が大切なんです。

スマホに慣れた方ではなかなか出てこない発想ですが、初心者だとけっこう引っかかるポイントです。

ですので、ご両親やお子さん向けに、シンプルスマホを考えている方は、BASIO3のような「見やすい(使いやすい)スマホ」を、セレクトしてください。

【ポイント3】ケータイ入力ができる!

BASIO3の大きな特徴のひとつが「ケータイ入力」できる点でしょう。

今ではスマホ入力に慣れた方でも、初めは使いづらかったはずです。今からスマホを使いはじめる方も同じですよね。

どうせなら、慣れた入力方法をこの先もずっと使えれば……と思っている方が多いかもしれません。

そんなときは、BASIO3の「ケータイ入力」機能を使ってください!

たとえば、メールの返信、予定をメモする、ネットでの検索。スマホに変えても文字を打つ機会は多くあります。

もし慣れていないスマホ入力だと、「濁点の出し方」「改行の方法」などわからないことだらけですよね。誰だって初めはそうです。

でも、そんなときに「ケータイ入力」という保険があれば安心できます。保険ではなく、ずっと使っていくことだってできます。

ですので、スマホでの“文字入力”に不安がある方は、BASIO3のような「ケータイ入力」の機能があるモノを選んでください。それだけで、ユーザーのストレスは大幅にダウンするはずです。

【ポイント4】“使いこなし動画”と“使い方練習”でスマホに慣れよう!

BASIO3の初期アプリの中には「使いこなし動画」と「使い方練習」というモノがあります。どちらもスマホ初心者の方を、サッと助けてくれる機能なのでぜひ使ってみてください。

「使いこなし動画」とは、スマホの基本操作から、BASIO3独自の操作方法まで、さまざまなことをレクチャーしてくれるアプリです。

すべて動画でのレクチャーですが、ネットに繋ぐ必要はありません。初めからスマホの中にムービーが保存されているのです。

「使い方練習」とは、実際に画面で実践してみるアプリですね。“説明書は読まない”タイプの方なら、こちらからチャレンジしてみるのがおすすめです!

画面を拡大する方法や、電話の掛け方など、スマホ画面をアプリ内で再現しつつ学んでいきます。

「習うより慣れよ」という言葉とおり、個人的にはこちらのアプリを使って、スマホに慣れていくのがおすすめです!

BASIOシリーズはどれもそうですが、スマホ初心者へのこのような気づかいは、高評価ポイントだと思います。ぜひ今後も続けてほしいですね。

【ポイント5】“背面カバー”でカメラがすぐ起動できる

BASIO3の本体背面にはスライドできる部分があります。実はここ「カメラの起動スイッチ」なんです。便利ですよね!

「開いて起動」というわかりやすい構造はとても好印象で、ガジェット的な面白さもあります。

さらにBASIO3のカメラは“1300万画素”という、ハイエンドモデルのようなスペックです。撮ってみると、そのキレイさに驚きました。

今までのシンプルスマホでは、カメラ性能は犠牲になりがちだったので、この性能アップは嬉しいポイントでしょう。

実際に口コミやレビューでも、

「カメラが本当にキレイ!」

「開けたら起動するカンタンさがお気に入りです。」

「いちいちカメラアプリを探さなくていい」

など、BASIO3のカメラに対する高評価がみられます。

人によっては、カメラの使用頻度は高く、このスライドカバーはとても便利でしょう。「レンズに傷が付かない」といった隠れたメリットまであります。

もしBASIO3を手にしたら、ぜひBASIO3のカメラをスライドさせて起動してください!

【ポイント6】その他スペック

BASIO3には他にも◯つの嬉しいスペックがあります。

①防水性能

②救急あんしん情報

③ストラップホール

ひとつずつ見ていきましょう。

①防水性能

BASIO3には安心な防水性能が搭載されています。キッチンでの使用や、万が一の浸水などに十分対応できるスペックですので、安心してご利用いただけます。

②救急あんしん情報

ご年配の方や小さなお子さんなど、万が一のために「救急あんしん情報」を入力できます。ここに記載された情報は、パスコード無しで閲覧できるため、救急隊員や医師などが参考にできます。

③ストラップホール

BASIO3には本体にストラップホールが採用されています。今までの携帯電話のように利用できるので、落とす心配が減って安心できます。

BASIO3の評価・感想まとめ

ここまでBASIO3の、

・デザイン、持ちやすさ

・ホーム画面の見やすさ(使いやすさ)

・ケータイ入力ができること

・使いこなし動画、使い方練習

・カメラ

・その他スペック

という6つのポイントを解説しました。

BASIO3は“初めてスマホを使う方”にシックリくる、使いやすい端末です。

特に「au」でシンプルスマホを探している方は、ぜひ購入の候補にしてください!

Android
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書