ワイモバイルで使えるメールアドレスは3つ!

Y!mobile(ワイモバイル)

ドコモなどのキャリアから格安SIMに乗り換えると、今まで使っていたメールアドレスが使えなくなります。

格安SIMの中にはメールアドレスが提供されず、自分で用意しなければいけないものもありますが、ワイモバイルなら3つのアドレスを利用できるので安心です。

この記事では、ワイモバイルで使えるメールアドレス3種類を解説します。乗り換え後に使えるメールについて知りたい方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

①MMSでのメール

ワイモバイルを契約すると、「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」と呼ばれるタイプのメールアドレスを使えます。

MMSのアドレスは「○○@ymobile.ne.jp」となっています。送受信できるのは、

  • Y!mobileメール
  • iPhoneのメッセージアプリ

基本的に以上2つに限られているので注意しましょう。

MMSの特徴は、

  • MMSの情報が書き込まれているSIMカードが入っている端末で送受信できる
  • 料金は無料、絵文字や文章、写真の送受信が可能
  • 他社の携帯電話やスマートフォンにおけるキャリアのアドレス宛にメッセージを送れる

以上3つです。

ワイモバイルのMMSは、ワイモバイルのSIMカードが入っている端末以外では送受信できません。

複数のスマートフォンを使っている人が連絡先としてMMSを利用する場合は、MMSを使える端末が限られていることに注意しましょう。

MMSの料金は無料なので、送信に料金がかかるSMSよりも気軽に使えます

ちなみにワイモバイルを解約すると、MMSは使えなくなります。

他社の格安SIMに移る場合、MMS以外で連絡できない人がいるなら、事前に他の連絡手段(SMSやLINEなど)を用意しておきましょう。

ワイモバイルのMMSはキャリアのアドレスにメッセージを送れる

ワイモバイルでMMSを使う最大のメリットは、ドコモやau、ソフトバンクにおけるそれぞれの契約中に利用可能な「キャリアメール」へメッセージを送れることです。

格安SIM利用者たちの間で一般的に使われているGmailやYahoo!メールといった無料で使えるアドレスは、キャリアメール宛にメッセージを送ると「迷惑メール」と判定され、正しく送受信できないことがあります。

相手に個別に受信許可をしてもらえば問題を回避できますが、設定が必要なので行ってもらうのが難しい場合もあるでしょう。

しかしワイモバイルのMMSなら迷惑メール判定をされないため、キャリアのアドレスを使っている人へメッセージを送れない事態にはなりません。

家族や友人など、周りの人の誰かがキャリアのアドレスを使っている場合は、ワイモバイルのMMSが役立ちます。

Y!mobile(ワイモバイル) 格安SIM
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書