ワイモバイルで使えるメールアドレスは3つ!

Y!mobile(ワイモバイル)

ドコモなどのキャリアから格安SIMに乗り換えると、今まで使っていたメールアドレスが使えなくなります。

格安SIMの中にはメールアドレスが提供されず、自分で用意しなければいけないものもありますが、ワイモバイルなら3つのアドレスを利用できるので安心です。

この記事では、ワイモバイルで使えるメールアドレス3種類を解説します。乗り換え後に使えるメールについて知りたい方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

①MMSでのメール

ワイモバイルを契約すると、「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」と呼ばれるタイプのメールアドレスを使えます。

MMSのアドレスは「○○@ymobile.ne.jp」となっています。送受信できるのは、

  • Y!mobileメール
  • iPhoneのメッセージアプリ

基本的に以上2つに限られているので注意しましょう。

MMSの特徴は、

  • MMSの情報が書き込まれているSIMカードが入っている端末で送受信できる
  • 料金は無料、絵文字や文章、写真の送受信が可能
  • 他社の携帯電話やスマートフォンにおけるキャリアのアドレス宛にメッセージを送れる

以上3つです。

ワイモバイルのMMSは、ワイモバイルのSIMカードが入っている端末以外では送受信できません。

複数のスマートフォンを使っている人が連絡先としてMMSを利用する場合は、MMSを使える端末が限られていることに注意しましょう。

MMSの料金は無料なので、送信に料金がかかるSMSよりも気軽に使えます

ちなみにワイモバイルを解約すると、MMSは使えなくなります。

他社の格安SIMに移る場合、MMS以外で連絡できない人がいるなら、事前に他の連絡手段(SMSやLINEなど)を用意しておきましょう。

ワイモバイルのMMSはキャリアのアドレスにメッセージを送れる

ワイモバイルでMMSを使う最大のメリットは、ドコモやau、ソフトバンクにおけるそれぞれの契約中に利用可能な「キャリアメール」へメッセージを送れることです。

格安SIM利用者たちの間で一般的に使われているGmailやYahoo!メールといった無料で使えるアドレスは、キャリアメール宛にメッセージを送ると「迷惑メール」と判定され、正しく送受信できないことがあります。

相手に個別に受信許可をしてもらえば問題を回避できますが、設定が必要なので行ってもらうのが難しい場合もあるでしょう。

しかしワイモバイルのMMSなら迷惑メール判定をされないため、キャリアのアドレスを使っている人へメッセージを送れない事態にはなりません。

家族や友人など、周りの人の誰かがキャリアのアドレスを使っている場合は、ワイモバイルのMMSが役立ちます。

②Y!mobileメール

ワイモバイルを契約すると、MMSとは別に「@yahoo.ne.jp」の「Y!mobileメール」が提供されます

Y!mobileメールの特徴は、

  • 端末を選ばずに送受信できる
  • Yahoo!メールと同じアプリ・PCで送受信できる
  • 利用にはYahoo!JAPAN IDが必要
  • 容量が無制限

以上4つです。

ワイモバイルとYahoo!のIDを連携させることで、Y!mobileメールが利用可能になります。

Yahoo!JAPAN公式サイトのメールボックスやYahoo!のメールアプリなどで送受信ができ、容量が無制限なので容量オーバーを気にする必要もありません。

写真や音楽などのデータを添付してやり取りする機会が多い方には、Y!mobileメールが役立つでしょう。

なおワイモバイルを解約すると、Y!mobileメールは使えなくなります。

解約後も過去のメールは確認できますが、メールボックス容量が10GBに制限されたり、6ヶ月間ログインしないと利用停止になってしまったりします。

ワイモバイル解約の際は、Y!mobileメールにおける重要なデータを事前に保存しておきましょう。

③Yahoo!メール

ワイモバイルでは、Yahoo!のIDを連携させることでプレミアム会員の機能が無料で使えるようになったり、パケットをお得に利用できたりします。

連携用にYahoo!のIDを作成すれば、無料のYahoo!メールを利用できます。Yahoo!メールの特徴は、

  • 完全無料で使える
  • ワイモバイル解約後も使える
  • 様々なアプリ・ソフトで送受信可能
  • メッセージは1通25MB、メールボックスは最大で無制限

以上4点です。

完全無料で、ワイモバイルを解約してからもずっと使えるのがYahoo!メールのメリットです。送受信可能なソフトやアプリも豊富で、便利に活用できます。

ただし送れるメッセージは1通25MBまでなので、大容量データの送信はできないことに注意しましょう。

各種メールアドレスの使い分け方

ワイモバイル契約後は、3つのアドレスをうまく使い分けましょう。最後に、各種アドレスの使い分け方の例を紹介します。

なお3つのアドレスを無理に使いこなす必要はありません。どれもメッセージを送受信できるのは同じなので、面倒なら1つだけを選んで使ってもOKです。

一つだけを使う場合は周りにガラケーやキャリアメールの利用者がいるならMMS、いないならいつまでも無料で使えるYahoo!メールを使いましょう。

ガラケーやキャリアユーザーとの連絡用にMMS

ガラケーを使っている人とは、基本的にSMSかMMSでしか文字での連絡を取り合えません。

家族や友人・知人がまだガラケーを使っている場合は、連絡用にMMSを使いましょう。

一方でMMSは、ワイモバイルを解約すると使えなくなってしまいます。

今後他社へ乗り換える可能性がある場合は、ワイモバイル解約後も使えるYahoo!メール等を利用するようにし、あまりMMSを活用しないほうが良いでしょう。

またMMSはワイモバイルのSIMカードが入っている端末でしか届いたメッセージを確認できません。

複数の端末を持っていたりパソコンでメッセージを確認する機会があったりする人は、他のアドレスを中心に利用しましょう。

ファイルの送受信はY!mobileメール


Yahoo!メールは25MB以上のデータが添付されたメッセージを送受信できませんが、Y!mobileメールなら問題なく可能です。

大容量のデータをやり取りできるY!mobileメールに向いているのは、画像や音楽等のデータを送受信する用途です。

しかしY!mobileメールは解約すると送受信ができなくなってしまう関係上、今後他社へ移る可能性があるなら会員登録等の用途には向いていません。

各種会員登録はYahoo!メール

Amazonなどの通販サイトや銀行などの会員向けサイトに登録するアドレスに最適なのは、Yahoo!メールです。

ワイモバイル解約後もアドレスがなくなってしまうことがないため、乗り換え時にわざわざアドレスの変更手続きをする必要がないことが大きなメリットです。

また無料で使えて後から削除・作り直しができるのも、Yahoo!メールのメリットです。将来メールアドレスが不正に流出してしまった場合など不都合が生じたら、削除して新しいアドレスを作り直すことも可能です。

ワイモバイルでは、3つのアドレスを使い分けよう

ワイモバイルを契約すれば、3種類のメールアドレスを使えます。

キャリアメールを使っている人とはMMS、データのやり取りはY!mobileメール、会員登録はYahoo!メールなど、用途に合わせて使い分けましょう。