ワイモバイルとソフトバンク、それぞれの関係性とは?

softbank

ワイモバイルとソフトバンクは同じようなものなのか、それとも全く別の会社なのか、なんとなく繋がりがあるというのは知っているが細かいことは良くわからないという方が多いのではないでしょうか。

先に答えを言うとワイモバイルとソフトバンクは役割が違うだけで元は同じ携帯電話会社です。

ただ「なぜ分かれているのか」と聞かれて解説できるかというとうまくできない方が多いでしょう。

ここではワイモバイルとソフトバンクの関係から携帯電話会社のサービスを利用するメリットを解説します。

スポンサーリンク

ワイモバイルはソフトバンクモバイルのサブブランド

冒頭でワイモバイルは役割が違うだけで元は同じ携帯電話会社ですとお伝えしましたが、実際にワイモバイルはソフトバンクモバイルに吸収合併されてワイモバイルもソフトバンクも大元は1つの会社として運営されています。

イメージとしてはauから見たUQmobileのような形で、ソフトバンクと比較すると月額料金がリーズナブルで「基本的なサービスは損なわないまま月額料金はリーズナブルに利用できる」ような役割を持っているのがワイモバイルだと捉えて貰えれば間違いはないでしょう。

元々、ワイモバイルは持ち歩いてインターネットが使えるPocket WiFiや月額料金がリーズナブルなスマートフォンを販売していたEMOBILEと通話に強みを持っていたPHS端末を販売していたWillcomの2社が吸収合併されて生まれた1つのブランドです。

当時のEMOBILEユーザーやWillcomユーザーとしては驚いたかもしれませんが基本的なサービス内容はそれぞれのサービスを引き継いで運営されており、時間が経つにつれてブラッシュアップが進み今のワイモバイルとなっています。

現在は大元の電波がソフトバンクの電波になっているので、ワイモバイルであってもソフトバンクであっても基本的に利用できる通信エリアは変わりません。

ワイモバイルでソフトバンクの端末は使い回せるの?

もし、ドコモやauのスマホを利用していてUQmobileや楽天モバイルの利用を勧められたことのある人であれば店員さんに「新しく端末を買わなくても今のスマホをそのままで月額料金だけ安くできますよ」と勧められたことのある方は多いと思います。

ワイモバイルはソフトバンクの格安SIMだと紹介されることも多いことから、非常に勘違いしやすい部分ですが、実はワイモバイルのSIMカードはワイモバイル独自のSIMなのでソフトバンクのスマートフォンに挿して使おうとしてもSIMロックを解除しないと通信することができません。

大手キャリアの通信設備を借り受けてサービスを提供している通信事業者をMVNOと呼びますが、ワイモバイルはソフトバンクの通信設備を借り受けているわけではなくソフトバンクモバイルとして直接利用しているのでMNO(移動体通信事業者)に分類されます。

もし、ソフトバンクのスマートフォンを利用していて「ワイモバイルに変えてそのまま挿し替えたら使えるかも」と考えている方がいたら注意してください。

購入したスマートフォンが通信事業者全体でSIMロックの解除が義務化された2015年の夏以降であればロック解除の手続きをすることでSIMフリーにしないと通信する事が出来ないので新しく端末を購入する必要があります。

ソフトバンク~ワイモバイル間は大元の会社が一緒なので乗り換えのキャンペーン内容が変わります

通信業界特有の文化として「乗り換えると特典がもらえる」という事が常識になっていますが、これは通信事業者が自社の回線を使うユーザーを増やしたいことから生まれる競争です。

ソフトバンクの通信料金に不満を感じてワイモバイルを検討する方は多いですが、その際はキャンペーンの内容に注意してください。

基本的にワイモバイルとソフトバンクは冒頭から説明している通りで大元の通信事業者が同じで使っている電波も同じなので、販売している店舗にもよりますが基本的なキャンペーン内容がドコモやauからの乗り換えと変わってしまう事が多々あります。

場合によってはソフトバンクを一度解約して新規申し込みをしてしまった方が料金的には安い場合もあるので、ソフトバンクを利用していてワイモバイルを検討している方は購入前に月額料金やキャンペーンの内容について購入する店舗で問い合わせをしてから検討しましょう。

大手キャリアとしても特別で、格安SIMとして優位な点が多いワイモバイル

ワイモバイルとソフトバンクの関係性から基本的に「5G通信のような最新テクノロジーを優先的に体験できるのがソフトバンク」「その時代に合わせて不便の無い品質のいいサービスを手ごろな価格で利用できるのがワイモバイル」だと認識すると分かりやすいです。

その上でやはり特に注目を集めているのはワイモバイルです。

その通信料金の安さや販売店が近くにあり気軽に購入、相談ができるところなどが評判になり話題になっています。

料金として代表的なのはワイモバイルのスマートフォンでキャンペーンが最大限適用された場合月額1480円で利用する事が出来ます。

この料金の内訳としてはスマホプランSの基本料金2980円からワンキュッパ割(12か月1000円の割引)と家族割またはおうち割(どちらも条件適用で月額500円の割引)が適用されてここまで料金が下がっています。

ワイモバイルのスマホプランは通信量によって「S・M・L」の3種類に分かれていて「データ容量2倍キャンペーン」が適用された場合2GB~14GBまでの通信量を選択できます。

 

スマホプランは「S・M・L」どのプランを選んだとしても共通して無料通話がセットになっていて国内通話が1回10分までであれば回数無制限でかけ放題になっています。

月額料金がリーズナブルなSIMカードの中で普通にIP電話のアプリなどを経由せずとも通話が無料でストレスなく使えるSIMカードは珍しく、こういった部分にソフトバンクの通信施設を直接使っている事のメリットが出ています。

さらに言えばYahoo!のサービスであるYahoo!プレミアムもワイモバイルを利用している方であれば無料で使えるようになっていてヤフオクで出品もするという方であればなおさら便利に使えるようになっています。

それ以外のソフトバンクと直接関係しているメリットとして「光回線とのセット割引」も適用させることが出来ます。

 

大手キャリアの料金プランの場合は逆に光回線とのセット割引が大前提で通信料金を考える事が当たり前になっています。

ただ、月額料金が安い格安SIMの場合は光回線とのセット割引があることは珍しく実際にワイモバイルのスマートフォンとソフトバンク光を組み合わせた場合家族全体の通信コストを思いっきり下げることができます。

もちろんソフトバンク光とのセットにすることで割引をかけるのもお得ですが、ソフトバンクにはSoftbank Airという工事不要のインターネットもあり出張などで移動の多い方にとても人気があります。

出典:ワイモバイル

 

工事をする必要もなくエリア内であることが確認でき、契約が完了すればすぐに利用できるもので通信容量も無制限なので工事がしにくいアパートなどに住んでいる方であれば特におすすめできると思います。

ワイモバイルのスマートフォンと組み合わせた場合、ワイモバイルがスマホプランSで月額1480円+Softbank Airが月額4300円と2つ組み合わせても月額5780円で利用可能です。

大手キャリアのスマートフォン一台分の金額でインターネットも利用できてしまう事から現在は特にワイモバイルに人気が集まっています。

最新のテクノロジーでも、料金の安さでも注目を集めるソフトバンクグループ

冒頭でお伝えしたようにワイモバイルもソフトバンクも元をただせば同じ会社です。

ソフトバンクは日本国内で真っ先にiPhoneの販売をしていたり今でも変わらずいち早く新しいものを取り入れる事で話題になりますが、ワイモバイルも同じようにソフトバンクの別ブランドとして違う切り口で話題を集めています。

ソフトバンクとワイモバイルの関係性を把握したうえで月額料金を下げるならワイモバイル、最新のサービスを常に楽しみたいのであればソフトバンクをぜひご検討ください。

注目 スマートフォンならワイモバイル