UQモバイルはキャリアメール対応!使い方や注意点は?

UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルは格安SIMの中でもごく一部しか利用できない、キャリアメール仕様のメールアドレスを使える特別な存在です。

この記事ではUQモバイルで使えるメールアドレスの特徴や注意点について詳しく解説します。

スポンサーリンク

UQモバイルは契約時にメールアドレスが必要

UQモバイルを契約するにあたりまず注意しなければいけないのは、連絡用のメールアドレスを事前に用意しておく必要があることです。

UQモバイルで契約すればオプションで有料のメールアドレスも使えるようになりますが、まずは連絡用のメールアドレスを自分で用意しましょう。

フリーメールを用意すればOK

パソコンのインターネットで契約しているプロバイダのメールアドレスなどがある方は問題ありませんが、現在手持ちのメールアドレスがない方もいるでしょう。

手持ちのメールアドレスが一切ない場合は、無料で作れるアドレスを用意すればOKです。

例えばGoogleのGmailや、Yahoo!JAPANのYahoo!メールなどを入手しましょう。無料で、すぐに用意できます。

現在Androidスマートフォンを使っている人は既にGmailのアドレスを持っている可能性が高いです。またiPhoneユーザーは、iCloudの無料アドレスを使えます。

UQモバイルは、全てのプランでSMSが使える

電話番号を使って文字の送受信ができるSMSは、UQモバイルの全プランで利用できます。

データ高速プランやデータ無制限プランといった音声通話なしで契約できるプランでも、SMSは標準対応です。

相手に文字で連絡したいもののアドレスを知らずに困っている方は、電話番号さえ知っていればSMSを利用してメッセージを送れるので安心ですね。

ただし注意したいのは、SMSの送信にはお金がかかってしまうことでしょう。送信は国内だと1通3円から、海外の場合は1通100円です。

頻繁に連絡する相手とはアドレス交換やLINEの友達登録などを行ったほうが安心ですが、文字でやり取りしたいものの連絡先がわからない・忘れてしまった非常時にはSMSを活用し、相手と連絡を取りましょう。

UQモバイルはキャリアメールを契約できる

UQモバイルではオプションサービスとして、「メールサービス」を月額200円(税抜)で契約できます。

契約すると「@uqmobile.jp」の専用アドレスが提供され、自由にメッセージの送受信が可能となります。

iPhoneの場合はメッセージアプリ、Android端末は「CosmoSia」というアプリを利用し、届いたメッセージの受信やメッセージの送信ができるしくみです。

重要なのは、「@uqmobile.jp」がドコモ等の「キャリアメール」に相当するサービスであることでしょう。

他社のほとんどは、キャリアメールを利用できない

格安SIMはIIJmioやmineoなどたくさんのラインナップがあり、中には専用のメールアドレスを提供してもらえるものもあります。

しかしUQモバイルの有料サービスで利用できる「@uqmobile.jp」のアドレスは、仕様が大きく異なっているのです。

Gmailなどの無料でもらえるアドレスやmineoの「mineo.jp」などは、キャリアメールではありません。

実は利用するアドレスがキャリアメールではないことによって、起こるトラブルがあります。

ドコモメールやソフトバンクメールなど、キャリアで使われているアドレスにGmailなどからメッセージを送ると、キャリア側のフィルタリングにより「迷惑メール」と判断され、相手にメッセージが届かないことがあるのです。

とくにガラケーユーザーの場合は連絡先をキャリアのアドレスにしている人が多く、メッセージを届けづらくなってしまいます。

相手にアドレスの受信許可をしてもらえば送受信を問題なく行えますが、スマホや携帯電話の設定が苦手な人だと設定してもらうのは難しい場合もあるでしょう。

一方UQモバイルの「@uqmobile.jp」はドコモメールなどと同じキャリアメール扱いなので、フィルタリングに引っかからずキャリアユーザーのアドレスにもしっかりメッセージを届けられます。

自分の周りにドコモやau、ソフトバンクのアドレスを使っている人が多いなら、UQモバイルで「@uqmobile.jp」のアドレスを用意したほうが、余計な設定などをしなくても連絡をスムーズに行えるので安心です。

UQモバイルのメールサービスを使う注意点

UQモバイルのオプションで利用できるアドレス「@uqmobile.jp」には、いくつかの注意点もあります。

事前に仕様上の注意点を理解した上でオプションを申し込みましょう。

端末によってはメールに非対応

UQモバイルの「@uqmobile.jp」によるアドレスは、実はすべての端末で使えるわけではありません。

使っている端末によってはオプションに非対応で、利用できないこともあるのです。

例えばiPhoneの場合、iPhone SEや6sなら問題なく利用できますが、2017年に発売されたiPhone Xは非対応です。

UQモバイル公式サイトの「動作確認端末一覧」で端末ごとにメールサービスの対応状況を確認できるので、利用前にかならずチェックしておきましょう。

もし手持ちの端末が対応していなかった場合は、対応する端末の購入が必要です。

一部の銀行などではUQモバイルのメールに非対応なことも

キャリアメールのメリットはガラケーユーザーなどキャリアのアドレスを使っている人にメッセージを届けられることと、銀行など一部のキャリアアドレスが必須なサービスにアドレスを登録できることです。

しかし一部の銀行や会員サイトなどでは、「@uqmobile.jp」の登録に対応していない場合があるので気をつけなければいけません。

例えばゆうちょ銀行はアドレスを登録しなければネットから振込などを行えませんが、ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileなどのアドレスを登録できるものの、UQモバイルのアドレスは登録非対応です。

UQモバイルのメールサービスは有料なので、無料で使いたい人は注意

「@uqmobile.jp」は月額200円(税抜)のオプションを契約しなければ使えません。無料で使えないのは、難点ですね。

例えば「おしゃべりプラン」は月額1,980円(税抜)から利用できますが、もしもメールサービスをオプション契約すると月額料金が2,180円(税抜)からになってしまいます。

有料オプションであることは、理解したうえで申し込みましょう。

Y!mobileならキャリアメールサービスが無料で使える

UQモバイルでは有料で提供されているキャリアメールサービスですが、実はY!mobileなら無料です。

しかもY!mobileだと、他に「@yahoo.ne.jp」のアドレスも使えます。メールサービスをより安く・たくさん使えるのはY!mobileであることに注意しましょう。

UQモバイルではメールサービスも利用できる

UQモバイルでは、「@uqmobile.jp」のアドレスをオプションで契約すればキャリアのユーザーとも円滑にメッセージをやり取りすることができます。

格安SIMでキャリア仕様のメールアドレスを使いたいという方はUQモバイルを検討してみましょう。

注目 auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

 

UQ mobile(UQモバイル)
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書