史上最大ディスプレイ|iPhone XS Maxの凄さを“5つ”にしぼってレビュー!

「iPhone史上最大のディスプレイ!」

とうとう、6.0インチを超えるiPhoneが登場しました。しかも、本体サイズは“そのままなのに”です。

もしあなたが、iPhoneに「加えたい“何か”」が、ディスプレイサイズだったとしたら、『iPhone XS Max』はそのすべてを叶えます。

なぜなら、『iPhone XS Max』は“6.5インチ”という、現状で最大クラスのディスプレイサイズをもつからです。

もっというと、

・画質

・スペック

・カメラ

でも、スマホの“頂点”をとるために作られました。

今までのiPhoneシリーズがそうだったように、『iPhone XS Max』はすべてのポイントで“スマホの頂点”をとります。

『iPhone XS Max』には、そのための武器がたっぷりと詰まっているワケです。

スポンサーリンク

iPhone XS Maxの基本スペックはこちら

まずはiPhone XS Maxの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

docomo

au

softbank

OS

iOS 12

CPU

Apple A12

メモリ(ROM)

64GB

256GB

512GB

メモリ(RAM)

4GB(非公表)

バッテリー容量

約3000mAh(非公表)

画面サイズ

6.5インチ

横×縦×厚み

77.4×157.5×7.7(mm)

画面解像度

2688×1242

重量

208g

充電/インターフェース

Lightning

SIMサイズ

nanoSIM/eSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 5.0

認証機能

防水・防塵

IP68

カラーバリエーション

シルバー

スペースグレイ

ゴールド

『iPhone XS Max』のキャリアはdocomo、au、softbankの3つに加え、SIMフリーの選択肢もあります。スペックは“最高峰”だらけで、いつもどおり安心感しかありません。

では、ここからは『iPhone XS Max』の5つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、また有名サイトの口コミ、レビューを含めた内容ですので、購入を検討されている方はぜひ参考になさってください。

【ポイント1】大きさだけで選べるところが良い!

まず「iPhone XS Max」と「iPhone XS」は、サイズ感だけがちがうと知っておいてください。ほかはみんな一緒です。

iPhone XS Maxが77.4×157.5×7.7(mm)、iPhone XSが70.9×143.6×7.7(mm)。画面インチはそれぞれ、6.5インチと5.8インチです

イメージとしては、Maxは無印よりも1周りは大きいです。ですが、持ってみると片手でできる操作の多さに気づきます。

これは、本体そのものが薄く、さらにすべりにくい素材だからです。この点は多くのレビューでの意見にもありました。高評価ポイントですね。

デザインは上記画像のとおり、シンプルかつ王道で、やはりこのカタチがiPhoneらしくていいですね。

また、iPhone XS Maxのカラーバリエーションは「ゴールド」「スペースグレイ」「シルバー」の3つで、人気の「ゴールド」が追加されています。

また、iPhone XS Maxには「医療用のステンレススチール製フレーム」が使われています。ですので、見た目がとても美しく、さらに隙間がまったくできません。

だからこそ“抜群の耐水性”が生みだされるのです。iPhoneが提唱する“デザイン”と“機能性”のシナジーは、こんな素材ひとつにも反映されています。

【ポイント2】“強靭”で“美しい”OLEDディスプレイ

iPhone XS Maxにはすべてのスマートフォンの中で、“もっとも強靭なガラス”が使われています。

これが上述のステンレススチール製フレームと、ピッタリくっ付けることで、いかなる水滴も粉塵も侵入しません。だからiPhone XS Maxならコーヒー、紅茶、ジュースなどがこぼれても大丈夫なのです。

もちろん、浴槽に落としても心配いりません。日本一有名なYouTuberが、iPhoneの購入レビューをするときに見れる光景ですよね。

具体的には、iPhone XS Maxなら「最大水深2メートルで30分間」までなら軽々と耐えられます。ですので、あなたは日常生活のどこでもiPhone XS Maxを使えるワケです。

また、iPhone XS Maxは「OLEDディスプレイ」という、ハイエンドの中のハイエンドにしか搭載されない、高性能ディスプレイを持ちます。

これはスマホの中でもっとも正確な色を映しだし、あなたがスマホで見るすべてを圧倒的な画質に変換します。

もちろん不自然なキレイさではなく、リアルさが滲みでる、やさしい色調で。

このOLEDディスプレイの特徴は、

・省電力に優れている

・色合いが良い

・カーブさせられる

の3つで、Galaxyなどの曲がったディスプレイはこのタイプです。

あちらもディスプレイには相応のコストをかけているワケですね。レビューでもたくさんの高評価を見かけます。

さらに、iPhone XS Maxの大きいディスプレイが心配な方は、「片手入力キーボード」と「簡易アクセス機能」を使ってみてください。

画面全体があなたの手によってきて、まるで昔のiPhoneのような使いごこちがよみがえります。

【fポイント3】すべてのスマホで一番頭がいい

iPhoneシリーズの新作を使うなら、それは「すべてのスマホの中でもっとも賢く、さらに一番パワフル」だと思ってください。

ですので、iPhone XS Maxですら素早くできないことは、他のいかなるスマホでも不可能です。しかし、他のスマホには素早くできないことでも、iPhone XS Maxなら驚くようなスピードでタスクを完遂します。

だから、今のスマートフォンに少しでも不満があるなら、iPhone XS Maxはそのすべてを解消します。

・驚くほど重いゲーム

・高画質すぎるムービー

・複数のアプリの同時操作

などなど、スマホへのニーズは数え切れません。

ですが、iPhone XS Maxならそのすべてが可能なんです。なぜなら、スマホで一番賢い“A12チップ”を搭載しているから

もっと言うと、このパワフルすぎるチップと、iOS独自のアプリだからこそ、超高速な動きが実現できるのです。

ハードとソフトのシナジーが低い“Android”では、この課題をクリアできません。これはiPhoneを選ぶ、とても大きな理由のひとつです。

【ポイント4】写真にも動画にも味をだすカメラレンズ

[カメラ性能]

背面広角レンズ(F値)

約1200万画素(1.8)

背面望遠レンズ(F値)

約1200万画素(2.4)

前面カメラレンズ(F値)

約700万画素(2.2)

iPhone XS Maxのカメラはあなたの撮影を、今までよりもっと芸術的にします。

これを可能にするのがiPhone XS Maxの「スマートHDR」。写真の明部と暗部をより精細に描写し、影の扱いがむずかしいときも、そのすべてを解決します。

具体的には「明所の撮影」と「暗所の撮影」を別の頭脳で識別し、高速センサーと高度なアルゴリズムによって、それを瞬時に組み合わせています。

だから、iPhone XS Maxは他のスマホでは撮れないような、“明暗の差”を描くことができ、写真に味がでるのです。

また、iPhone XS Maxのカメラはボケ感の演出も得意としています。中でもすごいのが「深度コントロール」という、ボケ感のあと調整機能です。

この機能は、背面カメラでポートレートモード撮影したときに使え、「f1.4〜f16.0」を段階的にセレクトできます。

デフォルトがf4.5となっており、これでもかなりのボケ感が演出できます。

色んなハイエンドスマホが「F値」を売りにしているなか、iPhone XS Maxはそれを後付けでコントロールできる機能を出してきました。

こんな驚きの機能が使えるのも、ハードとソフトが一体になっている、iPhoneシリーズの強みでしょう。

その他、iPhone XS Maxはインカメラもグッとスペックアップしています。インカメラがここまでキレイになったから、買い替えを決意したという方も多く、セルフィーにこれ以上適したスマホはありません。

また、動画撮影では「手ぶれ補正」の強化も見逃せません。人や猫、犬を追った動画をみるとわかるのですが、普通のスマホやカメラだとまず手ぶれが生じます。

それも少し酔うほどの。だからこそ、YouTuberはその系統の動画をアップしない傾向にあるのです。

でも、iPhone XS Maxはちがいます。他のスマホよりパワフルな“A12チップ”が行う、毎秒5兆の演算。これにより、驚くほど手ぶれしない動画にします。

もしあなたが動きのあるムービーを撮りたいなら、iPhone XS Maxほど最適なアイテムはないでしょう。たとえば映画撮影はもってこいかもしれません。

【ポイント5】「iPhone XS Max」と「7&8 Plus」との比較評価

iPhone XS Maxを検討している方には、2年縛りの関係上、iPhone 7 Plusや8 Plusから買い替えるケースが多いかもしれません。

ですので、「iPhone XS Max」と「iPhone 7 Plusや8 Plus」はどこが違うかを、カンタンに確認しておきましょう。

iPhone XS Max

iPhone 8 Plus

iPhone 7 Plus

画面サイズ

6.5インチ

5.5インチ

5.5インチ

ディスプレイ

Super Retina HD

Retina HD

Retina HD

CPU

A12

A11

A10

耐水性能

2mで30分OK

1mで30分OK

1mで30分OK

ワイヤレス充電

対応

対応

非対応

本体サイズ(mm)

77.4×157.5×7.7

78.1×158.4×7.5

77.9×158.2×7.3

カメラ

デュアル12MPカメラ(広角と望遠)

デュアル12MPカメラ(広角と望遠)

デュアル12MPカメラ(広角と望遠)

ステレオ録音

不可

不可

認証

指紋

指紋

3機種の比較で大きくちがうポイントが、

・画面インチ

・CPU性能

・認証(セキュリティ)

の3点です。

ただし“画面インチ”のアップは、サイズが大きくなったからではなく、ベゼルが狭くなったからですので、注意してください。

実際に本体サイズは、表を比べても誤差レベルしかありません

ですので、今ままで「iPhone 8 Plus」か「iPhone 7 Plus」を愛用してきた方なら、本体サイズは同じで、画面インチだけが大きくなった、となります。

機種変更には、使用感が変わってしまうデメリットがあるのですが、このケースだとまったくないというワケです。

唯一あるとすれば、認証方法のちがいですが、これについては使った感想・レビュー的に“慣れ”の問題です。

今回、iPhone XS Maxの顔認証は精度がグッと上がっていますので、人にもよりますが、まず1週間で慣れるでしょう。

iPhone XS Maxの評価・感想まとめ

ここまでiPhone XS Maxの、

・デザインとカラー

・ディスプレイ

・パフォーマンス

・カメラ

・iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plusとの比較

という5つのポイントをみてきました。

実際にさわった感想としても、iPhone XS Maxの性能はホンモノです。

特にカメラ性能は、他のスマートフォンよりも“賢い”と感じるポイントがたくさんあります。

ですので、最高スペックがほしいだけでなく、カメラも絶対に妥協したくない方に、iPhone XS Maxはかなりのおすすめスマホと紹介できます。

iPhone
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書