iPhone X, iPhone 8, iPhone 8 Plus何が違うの?詳細比較!

iPhone

iPhone XとiPhone 8、iPhone 8 Plusの発売プロモーションが盛り上がりを見せています。

iPhone 8、iPhone 8 Plus が2017年9月に発売開始され、
iPhone X は2017年11月に発売が予定されています。
ユーザの期待も最高潮に達しつつあります。

今回強調したいのはiPhone 8、iPhone 8 Plusという従来の延長戦上のモデルだけではなく、
iPhone Xという機種が発売予定であるということです。

本来ならば数字が7とか8などの数字が入った機種のみが発売されるのですが、
今回は「X」という機種名が登場しています。
今回の記事ではまさにこの「X」という機種の全貌と、
iPhone 8、iPhone 8 Plusとの差異を明らかにしていきたいと考えます。

 

スポンサーリンク

iPhone XのiPhone 8、iPhone 8 Plusとの相違点について

iPhone Xはベゼルなし

iPhone XとiPhone 8、iPhone 8 Plusは基本的な設計思想が違います。

iPhone Xは画面のベゼルの部分が小さくなっており、サイズの割には画面の大きく感じられる設計になっています。

「ベゼル」とは、主に腕時計や液晶ディスプレイなどの、表示部分の支えや保護をする機能を持つ部分を指す単語です。

ただでさえ小さいスマホの画面が大きく見えることは、
ユーザに対して利便性が非常に高くなること考えられますので、
この基本的な設計変更はユーザにとって嬉しいニュースかもしれませんね。

 

iPhone Xはホームボタン無し

 

ユーザの皆様にとって衝撃的なお話かもしれませんが、iPhoneシリーズで長年の間になじみのあったホームボタンがなくなりました。iPhoneの前面は全面がディスプレイとなります。

 

フレームの違い

iPhone XとiPhone X とiPhone 8、iPhone 8 Plusのフレームには根本的な違いがあります。

iPhoneのふちの部分を「フレーム」と称しますが、iPhone Xのフレームはステンレスでできています。iPhone 8、iPhoen 8 Plusは従来通りのアルミです。

iPhone Xはステンレスを採用することで高級感を醸し出しています。

 

 

背面パネル

従来はアルミ製だった背面パネルですが、iPhone X とiPhone 8、iPhone 8 Plusは、ワイヤレス充電を可能にするためにガラス製に変更されています。
見栄えはアルミに比べて確かに良くなっているのですが、問題は耐久性です。
衝撃を加えることで割れやすくなってしまいます。
スマホ全面の画面だけではなく、背面のガラスも割れないように気を付けなければならなくなりました。iPhone Xのスマホカバーとしてサードバーティ―からいろいろな商品が出てくると予想されますが、背面のガラスを保護するカバーがあれば安心です。

 

iPhone X とiPhone 8、iPhone 8 Plusの実サイズの違い

iPhone XとiPhone 8、iPhone 8 Plusの実サイズは下表の違いがあります。

機種 画面サイズ 高さ 厚さ 重量
iPhone X 5.8インチ 143.6mm 70.9mm 7.7mm 174g
iPhone 8 4.7 インチ 138.4mm 67.3mm 7.3mm 148g
iPhone 8 Plus 5.5 インチ 158.4mm 78.1mm 7.5mm 202g

 

大きさは、iPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plusの順に大きくなっています。
画面サイズがiPhone 8 Plusより大きいiPhone Xが、重量、外形サイズともiPhone 8 Plusより小さいことは衝撃的なことです。
この数値だけ見てもiPhone Xのグレードの高さが伺えますね。

 

iPhone X のディスプレイ素材

iPhone X のディスプレイは「Super Retina ディスプレイ」が採用されています。

このディスプレイは「有機EL」という素材を採用しています。

従来のiPhoneは液晶ディスプレイを採用していました。
液晶ディスプレイは、液晶の裏側に「バックライト」と称する照明装置があり、
光を当てることで画面を視認させるものです。
液晶の裏側にバックライトを組み込まなければならないため、必然的に重量は増大します。

「有機EL」は、パネルの間に有機化合物を挟み込み、電圧をかけてパネルを発光させます。
バックライトがない分、本体重量は軽くなります。

もう1つの「有機EL」の特徴は、黒い色が自然に出せることです。
前述の通り、液晶ディスプレイはライトをパネルの後方より当てる仕様により、画面が白っぽくなってしまうケースが起こります。

有機ELによって実現される落ち着いた黒色の画面は新鮮に映るかもしれません。

iPhone XはfaceIDによる顔認証が可能

iPhone Xはホームボタンがない設計になっています。

そのため、ホームボタンタッチに代わる起動方法として標準装備されているのが、faceIDによる顔認証です。

iPhone Xの上部に

  • 赤外線カメラ
  • 投光イルミネータ
  • 近接センサー
  • スピーカーイルミネータ

が標準装備されています。

顔の表情を認識して画面ロックの解除をすると、アップルペイの使用が可能になります。

必要な操作を行う時は画面に顔を近づけることになり、最初は戸惑うかもしれません。

ちなみにiPhone 8、iPhone 8 Plusには指紋認証が標準装備されており、顔認証機能は装備されておりません。

 

スワイプによる画面操作

ホームボタンがないiIPhone Xは画面スワイプによる画面操作を行わなければなりません。

以下に基本的な操作をまとめておきます。

  • ホーム画面に戻る→下から上にスワイプ
  • マルチタスク画面→下から上にスワイプして長押し
  • Siriの起動→サイドボタンを長押し
  • Apple pay→サイドボタンをダブルクリック

以上が基本的なスワイプ方法です。

長年ホームボタンを使用した運用に慣れている方は、
このスワイプによる画面切り替え等の操作方法に、かなり戸惑われるもしれませんね。

背面カメラ機能について

iPhone 8には背面に1200画素のカメラが1つ標準装備されています。

それに対してiPhone 8 PlusとiPhone Xには背面にカメラが2つ装備されています。

iPhone 8とiPhone X 双方には、1200万画素のカメラが標準装備されており、
両方の機種とも背景をぼかして被写体をくっきり映し出すことが可能になります。

ただ1点、カメラに性能に関しては少し差異があります。

望遠側のレンズのF値です。

iPhone 8 PlusのF値が2.8なのに比べてiPhone XのF値は2.4です。

iPhone Xの望遠側のレンズの方が明るく撮影できることになります。

光学式手振れ補正機能に関してはiPhone Xには望遠側にも搭載されています。
iPhone 8 Plus の光学手振れ補正は広角側のみです。

カラーバリエーションについて

新作のiPhone X、 iPhone 8、iPhone 8 Plusは、
iPhone 7に比べると選べるカラーバリエーションが減りました。

iPhone 8, iPhone 8 Plusの選べるカラーは、

  • 「スペースグレイ」
  • 「シルバー」
  • 「ゴールド」

の3色に減少しています。

iPhone Xについては

  • 「スペースグレイ」
  • 「シルバー」

の2色のみです。

iPhone Xについてはカラーを楽しむのではなく新機能を楽しむということになりそうです。

ただしiPhone 7については、当初5色展開だったものが、途中で新色が追加されてカラーバリエーションが増えた経緯があるため、
もしかしたらiPhone XやiPhone 8、iPhone 8 Plusについても、いつか新色が追加される可能性もあるかもしれませんね。

価格

以下はSIMフリー版の国内実勢価格です。

やはり最上位機種のiPhone Xは他の機種に比べて3-4万円の差がありますね

(出所:日経トレンディネット) http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/091401181/?rt=nocnt

機種/容量 64GB 128GB
iPhone8 7万8800円 9万5800円
iPhone8 Plus 8万9800円 11万5344円
iPhone X 12万1824円 14万184円

 

iPhone X, iPhone 8、iPhone 8 Plusの旧機種との差異に関して

 

この項では iPhone X, iPhone 8 ,iPhone 8 Plusの旧機種との違いに関して数点説明します。

ワイヤレス充電

3機種ともワイヤレス充電が可能になっています。
本体にコネクターを接続しなくても、充電アダプターの上に置いておくだけで充電が可能になります。
背面パネルがガラスになっているのはこういうところに理由があります。
自動車内部にも充電アダプタが設置可能なタイプがあるようで、意外な場所で充電が可能になってくる可能性もありますね。

 

CPUの高速化

iPhone X, iPhone8 , iPhone 8 Plus はいずれも「Apple A11bionic」というCPUを採用しています。
旧機種のA10 fusion CPUよりも処理がより高速化されています。
このCPUは新機種に共通し搭載されています。

処理速度が飛躍的に高まっていますので、ストレスなく操作ができます。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus 比較まとめ

整理も兼ねて、改めて各iPhoneのスペックなどについてまとめさせていただきます。

サイズ

iPhone8がiPhone X, iPhone 8 Plusに比べて小ぶりに作られており持ち運びには都合が良いです。

重量

iPhone8の重量はiPhone Xの174g, iPhone8 Plusの174gに対して148gです。
持ち歩いてもストレスはかなり少ないのではないのでしょうか?

ディスプレイ素材

iPhone Xは有機EL方式を採用していますので、落ち着いた自然の色が楽しめます。

画面サイズ

iPhone Xは本体の実サイズが最大ではないにもかかわらず、画面サイズは5.8インチの最大です。見やすさという意味では一番優れているでしょう

画面解像度

iPhone8の画面解像度は1334 x 750ドット、iPhone8 Plusの解像度が1920 x1080ドットなのに対してiPhone Xは2436 x 1125です。iPhone Xは抜群の解像度を誇ります。

カメラ性能

背面に1200万画素のデュアルカメラを装備し、かつ望遠側のF値が2.4であるiPhone Xのカメラ機能が一番優れています。
iPhone Xには光学手ぶれ補正機能が広角側だけではなく、望遠側にも搭載されています。(iPhone8 Plusの光学手振れ補正は広角側のみ)

インターネット利用時間

iPhone8 Plusのインターネットの最大利用時間は13時間です。
iPhone 8とiPhone Xの最大利用時間は12時間です。わずか一時間の差ですが、iPhone 8 Plusに軍配が上がります。

ビデオ利用時間

iPhone 8 Plusのビデオ映像の最大利用時間は13時間です。
iPhone 8とiPhone Xの最大利用時間は12時間です。わずか一時間の差ですが、iPhone 8 Plusに軍配が上がります

指紋認証

iPhone8と iPhone 8 Plusのみ使用可能です。

顔認証

faceIDによりiPhone Xのみ使用可能です。

筆者の個人的感想

iPhone X, iPhone 8 , iPhone 8 Plusを比較すると、最大の違いは、画面のサイズではないでしょうか。
外形のサイズがそれほど大きくないにも関わらず、最大の画面を持つiPhone X はやはり魅力的です。

その次に魅力的なのは顔認証です。
起動のたびにいちいちパスワードを打ち込んだり、指紋を認証させたりする手間はやはりかけたくないものです。
そういう意味でiPhone Xには捨てがたい魅力があると感じています。

(各画像の引用元:https://www.au.com/iphone/iphone-x/)

iPhone
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書