お得じゃないかも?LINEモバイルのエントリーパッケージを買う前に知っておきたいこと

LINEモバイル

LINEモバイルには店舗などで購入し事務手数料の3000円を無料にした上で新規申し込みをする事ができるエントリーパッケージという商品があります。

ただ、このLINEモバイルのエントリーパッケージは非常に曲者で3000円の事務手数料をお得にする以上のとても厄介なデメリットが複数あります。

ここではそんなLINEモバイルのエントリーパッケージについてのデメリットを紹介し、新規申し込みを検討している方のために問題点を解説していきます。

スポンサーリンク

LINEモバイルのエントリーパッケージから申し込みをする流れ

まずLINEモバイルのエントリーパッケージがどんな商品なのか、基本的な部分を申込みの流れを解説しながら紹介していきます。

LINEモバイルのエントリーパッケージは取り扱いのある通販サイトや家電量販店などの実店舗で購入する事ができるものですが、購入後WEBで申し込みをするための商品になっていてどちらにしてもLINEモバイルのWEBサイトで申し込みが必要になります。

取り扱いのあるウェブサイトは公式サイトからも確認できます。

非常に勘違いしやすいのですが、LINEモバイルのエントリーパッケージの中にはSIMカードが入っておらず中にあるのは契約事務手数料を無料にするための16桁のエントリーコードだけが入っているものなので注意してください。

家電量販店などで格安SIMのコーナーを見たことがある人は正方形の薄い様々な通信事業者のパッケージが並んでいるのを見たことがあると思いますがLINEモバイルのエントリーパッケージも同様で申込み用の薄い紙が入っています。

エントリーパッケージを購入して16桁のエントリーコードを手に入れたら後はWEBで通常通りLINEモバイルを申し込みする流れになるので、単純に事務手数料を無料にするコードを入力するかどうかが違うだけです。

LINEモバイルのエントリーパッケージを利用する場合の問題点

先に結論から言うとLINEモバイルの申込みのためにエントリーパッケージを購入するのはいまいちオススメできません。

エントリーパッケージ自体の料金が900円なので、事務手数料を無料にできれば差し引き2100円分の初期費用を節約する事ができるのは間違いありませんがデメリットが少々多すぎます。

ここでLINEモバイルのエントリーパッケージに潜む問題点をまとめておきますので申込みにあたっての参考にしてみて下さい。

【問題点1】LINEモバイルのエントリーパッケージは一度申込みに失敗したら使えなくなる

エントリーパッケージは一つの商品として900円で販売されているものなので、申し込みの前にお金を払って購入するものですがLINEモバイル自体は契約商品なので申込みをしたとしても審査や入力の不備で契約ができないケースがあります。

よくある入力不備のケースは契約のために入力した住所と本人確認のために提出した本人確認書類の住所が違っていて、契約にあたっての審査をした段階でNGが出てしまったケースです。

それ以外にWEBで申し込みをしている途中に何らかの理由でPCやスマホの電源が落ちてしまいやり直す時にはエントリーコードが利用済みになっているようなケースもあるようです。

LINEモバイルのエントリーパッケージに付いている16桁のエントリーコードは1回限りで利用する事ができるコードになっているため、申し込みに失敗すると単純に900円損をして終わることになってしまいます。

入力ミスなどであれば厳しく言えば申し込んだ側の問題と言えるかもしれませんが、LINEモバイルを端末とセットで購入しようとして、その端末が在庫切れになっていた場合も同様の問題が生まれます。

新しく希望する機種を入荷まで待つ必要が出た場合もエントリーコードには有効期限があるので高い確率でエントリーパッケージの買い直しが必要になってしまうのです。

事務手数料は3000円なので、無駄にしてしまった後にもう一度購入してもまだ割引額の方が勝ちますが非常に不便に感じてしまうでしょう。

【問題点2】有効期限切れのエントリーパッケージが届くケースがある

これは販売している通販サイトの問題というよりはLINEモバイルのエントリーパッケージそのものの問題で、LINEモバイルのエントリーパッケージは開封をしないと中に表示されているエントリーコードの有効期限を確認する事ができません。

そのため実際に販売をしているAmazonなどの通販サイトでも販売しているエントリーパッケージが何日までの有効期限か把握する事ができません。

そこまで多い事例ではないと思いますが「開封してみたら最初から有効期限切れだった」という低評価のレビューを定期的にAmazonなどで目にします。

更にエントリーパッケージにも表記がありますが、原則開封してしまうと返品の対応もしてもらえないので、「開封しないと有効期限が分からないのに開封すると返品できなくなる」という非常に面倒な問題が生まれます。

有効期限切れ以外に、期限があると知らず「後日契約するつもりだから」という理由でパッケージだけ購入された方が結局エントリーコードを有効期限切れで無駄にしてしまいトラブルになっているケースもあります。

【問題点3】データ通信のみのSIMはエントリーパッケージを利用して申込みする事ができない

これも先にLINEモバイルのエントリーパッケージを購入してしまう方が多く、後で気づいて低評価のレビューに繋がるケースが多いのですがエントリーコードの対象は音声通話SIMとデータ通信+SMS機能付きSIMまでが対象となっていてデータ通信のみのSIMは事務手数料が無料になりません。

元々データ通信のみのSIMを契約する前提でエントリーパッケージを購入してしまった場合は900円を無駄にするか、3000円の事務手数料を無料にする代わりに月額料金を500円ではなくSMS機能付きの620円にするか、という選択に迫られます。

冷静に計算すればSMS機能付きで契約しても初期費用として差額2100円得になり、1年半程度は手数料分の割引で相殺されていると思う事もできますが想定していなかった選択に迫られてしまうので良い気持ちはしないでしょう。

【問題点4】すぐに使えると思って購入してしまう方が多い

これは最初の段階で解説をしましたが、LINEモバイルのエントリーパッケージはSIMカードが入っている訳ではなく購入後に改めてWEB申込みが必要になるので実際に利用できるまでには時間がかかります。

店舗で購入する場合は専門の販売スタッフに相談した上で購入する事ができるのでそこまでの問題ではありません。

ですが、ネットの場合は細かく調べないまま購入してしまいエントリーパッケージ自体の配送を待ったうえで、WEB申込み後にSIMが届くのを待つ状態になると二度手間になってしまい急いで手続きをしたい人からするとかえって時間のロスが増えてしまいます。

なるべく早く契約手続きを済ませたいのであればエントリーパッケージの購入は避けた方が良いでしょう。

エントリーパッケージを利用したLINEモバイルの申込みには細心の注意を払おう

LINEモバイルでエントリーパッケージを活用し申込みをする時の問題点は解説した通りで非常に多いです。

ただ、それでも差額2100円の割引は大きく、厳密に言うと1回失敗したとしても2回目までで申込みに成功すれば金銭的には得をします。

ギャンブル的な要素が強くなりますが、もしそれでも申込みをするという場合は問題点を把握した上で挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

注目 LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!
LINEモバイル
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書