楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする方法と注意点まとめ

楽天モバイルではSIMカードを契約して現在利用しているユーザーのサポートが出来る「メンバーズステーション」という会員サイトがあります。

ここでは料金プランの変更や契約内容の確認など楽天モバイルを利用していくうえで必要になるアフターサポートをほぼすべて使えるようになっていますが、逆に言うとこの「メンバーズステーション」の使い方が分からない場合かなり不便な状態になってしまいます。

ここではそんな楽天モバイルのメンバーズステーションの使い方をログイン方法などの基本的な部分から注意するべきところをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする方法

まずは楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする方法から確認していきましょう。

楽天モバイルのメンバーズステーションのURLはこちらです。

https://ms.fusioncom.co.jp/members/rmb/login?language=J&campaign=web-rakuten

メンバーズステーションへのログイン方法は2種類あり「楽天会員」でのログインか「SIM電話番号」でのログインのどちらかでログインする事が出来ます。

こちらは契約時状況の確認や各種手続きを行うためのログイン欄でメールアカウントについての手続きや確認以外はすべてこちらのログインページを使います。

ログインして実際に利用する事の出来る手続きの内容一覧がこちらです。

ログインにあたって元々楽天市場や楽天銀行などの楽天が提供しているサービスを利用していて、その流れで楽天モバイルに加入したという人の場合は楽天会員でログインすると一番スムーズにログインできます。

実際にメンバーズステーションのトップページから「楽天会員でのログイン」を選択すると元々楽天のサービスを良く利用している方なら見覚えのあるページに移ります。

出典:楽天

そのままログインするだけで楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする事ができるのでほとんど困ることは無いはずです。

楽天モバイル以外の楽天が提供しているサービスを利用したことが無い方でも特にこだわりがなければ後々自然にキャンペーンなどの関係で楽天会員として楽天のサービスを利用する可能性が非常に高いので楽天会員としてアカウントを持ち、楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする事をおすすめします。

SIM電話番号でメンバーズステーションにログインする場合

基本的には楽天会員のアカウント情報で楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする事をおすすめしましたが念のためにSIM電話番号でログインする方法も解説します。

とはいってももちろんこちらも手順は簡単で「SIMの電話番号」と「パスワード」の入力をすればそのままメンバーズステーションにログインする事が出来ます。

楽天モバイルを契約してすぐにパスワードを忘れてしまう事はそうそうないと思いますが、万が一忘れてしまった場合もパスワードリセットを行いログインする事が出来るようになっています。

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする時の注意点

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインする際に少しだけ注意点があります。

まずはログイン出来るようになるタイミングですが、メンバーズステーションへのログインは原則、SIMを受け取った翌日からか自宅でMNPの開通手続きをした翌日からでないとログインができないので注意してください。

簡単な確認手続きは楽天モバイルの「SIMアプリ」を使おう

楽天モバイルのメンバーズステーションではWEBページを開いてログインし、そこから操作して手続きを行う流れになりますが少し手間に感じる方もいます。

楽天モバイルのSIMカードを利用していて「今月の料金を確認したい」「データ通信量を節約するために低速モードにしたい」「通信容量の追加を急いで申し込みたい」といった簡単な手続きを行う場合は楽天モバイルのSIMアプリがおすすめです。

Androidなら「Google Play」から、iPhoneなら「App Store」から「楽天モバイルSIM」と検索すると無料でインストールできます。

ログイン方法も楽天モバイルのメンバーズステーションと変わらずで、インストールした後にアプリを開き「楽天モバイルの電話番号とパスワード」を入力するか「楽天ID」を入力するだけですぐに利用できます。

アプリは一度ログインして開くとトップ画面だけで日常的に知りたい契約内容や利用状況は一目で確認する事が出来るようになっています。

通信容量の内訳を細かく知りたい場合は「4番」の当月のデータ通信量の利用状況を確認できる部分をタップすると直近3日間の使用状況や、データシェアと先月からの繰り越し容量も含めた詳細を確認する事ができます。

データ通信量の部分に関してはWEBからメンバーズステーションへログインするよりも手軽で見やすいので「楽天モバイルSIMアプリ」を優先的に使った方が良いでしょう。

それ以外にも、左上の各種メニューを開くと楽天モバイルに関するほとんどの手続きが出来るようになっています。

データチャージや通信容量の確認以外にも、楽天モバイルで利用できるオプションサービスの申込みや、AndroidのSIMフリースマートフォンを利用する場合のAPN設定もこのアプリだけで行う事が出来ます。

機種変更やSIMの交換手続き、契約プランの変更以外は楽天モバイルSIMアプリでも手続きを行う事が出来るので簡単な手続きの場合は積極的に楽天モバイルSIMアプリを使いましょう。

旧FREETELのマイページで会員サポートを受けるには

元々FREETELという名前でサービスを提供していた格安SIMは2018年1月15日から楽天モバイルへブランドを統合してサービスを維持しています。

ただFREETELのSIMに関しては現在、楽天モバイルで提供されていますが楽天モバイルのメンバーズステーションや楽天モバイルSIMアプリでは契約内容の確認や変更手続きができません。

旧FREETELの契約に関しては楽天モバイルへブランド統合された後も変わらずFREETELのサイトで契約内容の確認やプラン変更の手続きが出来るようになっています。

予め楽天モバイルのメンバーズステーションにログインして、いつでも利用できるようにしておこう

楽天モバイルに限らず、新しいスマートフォンを契約した時にメンバーズステーションのようなサポートページにログインせずそのまましばらくしてプラン変更などの手続きをしなければいけない状況が起こり慌てる事態になる方が多くいます。

大手3キャリアのような各地にキャリアショップが点々とあり、専門のスタッフにお願いする事で契約内容を見直したりすることが出来ればまだ問題ありませんが格安SIMのような基本的にはWEBで手続きを済ませるサービスの場合は自己責任になってしまいます。

楽天モバイルを契約し、まだメンバーズステーションへのログインやアプリの設定をしていないのであればこの記事をぜひ参考にしてログインしてみて下さい。

注目 楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする