楽天モバイルの一押しプラン「スーパーホーダイ」を徹底解説!

楽天モバイル
出典:楽天モバイル

楽天モバイルでは従来の格安SIMで提供されていた組み合わせプランとは別に「スーパーホーダイ」というを提供しています。

今回は、月額料金もリーズナブルで楽天会員になるだけで1万円程度の割引まで適用される至れり尽くせりな「スーパーホーダイ」の魅力を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

楽天モバイルのスーパーホーダイプランの基本情報

楽天モバイルのスーパーホーダイは基本的なサービスは同じですが利用するデータ通信量によって3種類の選択肢があります。

 

基本的なスーパーホーダイのサービス内容としてはデータ定額に加えて、楽天でんわを使った5分以内回数無制限のかけ放題サービスが付いています。

データ通信量はプランが「S・M・L」の3種類に分かれていてそれぞれ「2GB・6GB・14GB」の3種類から選べます。

ただデータ通信のサービスの中でも特に特徴的なのは毎月のデータ通信量を使い切っても「通信速度最大1Mbpsのデータ通信が使い放題」になっている点です。

この1Mbpsのデータ通信サービスが非常に使い勝手が良く非常に注目を集めています。

通信速度最大1Mbpsの使い放題を最大限に活用する方法

一般的に通信容量を上限まで使い切ってしまった時の通信速度は128kbpsまで遅くなります。

この速度はメールの送受信やインターネットの閲覧ですらストレスに感じるレベルの通信速度で一度体験した方であればほぼ使い物にならない状態になってしまう事がよくわかると思います。

楽天モバイルのスーパーホーダイはこの低速化した通信速度の下限を1Mbpsに設定する事で通信容量が上限にぶつかってしまった場合でも最低限の基本的な用途で通信するのであれば問題なく使えるように設定されています。

通信容量が上限にぶつかったとしてもストレスなく来月まで通信できるのはスマートフォンを利用していて非常に安心できるサービスで「月額料金は安く済ませたいが毎月データ通信をついしてしまい低速化するスマートフォンに悩まされている」という方にとってスーパーホーダイは最高のプランです。

実際に低速通信の使い放題が真価を発揮するのはモバイルデータ通信だけで長時間動画サービスを利用したいという人が使った時です。

現在良く利用されているYouTubeやNetflix、AbemaTVなどの動画配信サービスは128kbpsでの通信では全く利用できませんが1Mbpsの低速通信の場合は動画が止まらずに再生できるギリギリの通信速度です。

楽天モバイルのスーパーホーダイは画質を少し調節するだけで実質どれだけ動画を視聴しても問題なく使い続ける事の出来るSIMカードとして非常に重宝されています。

楽天モバイルのスーパーホーダイなどのSIMサービスはスマートフォンアプリの「楽天モバイルSIMアプリ」を使う事で「低速モード」と「高速モード」の切り替えを自由にできるようになっているので動画を長時間見る時だけ低速モードに切り替えて動画を流し続けるような使い方もできます。

通勤の電車内でいつも動画を見ている方や、休みになると一日中Netflixを見ていてWi-Fiが無いと一瞬でデータ通信量が上限にぶつかるような方にとってはこれ以上ないプランです。

ただ、注意点としてスーパーホーダイの低速モードでも時間帯によって通信速度が変わる時間帯があり、その時間帯では通信速度が1Mbpsではなく300kbpsまで落ちるので注意してください。

300kbpsに遅くなる時間帯は1日のうち合計2時間で、お昼の「12時~13時まで」とゴールデンタイムの「18時~19時まで」は低速モードの速度が300kbpsまで下がります。

5分以内回数無制限のかけ放題サービス「楽天でんわ」

楽天モバイルのスーパーホーダイには5分以内なら回数無制限で通話する事が出来るかけ放題サービスの「楽天でんわ」がついています。

楽天でんわのアプリを自分のスマートフォンからダウンロードして、アプリから通話をかけると無料で通話ができるサービスです。

見落としがちな注意点は「アプリを使って電話をかけないと無料通話の対象にならない」点です。

楽天モバイルの基本的な音声通話の料金は他社と変わらず共通して30秒につき20円の通話料が発生します。

このアプリを経由して通話をしているかどうかによって通話料金は大きく変わるので、楽天モバイルのスーパーホーダイで通話をする場合は特に注意して使いましょう。

楽天のヘビーユーザーならスーパーホーダイの月額料金が更にお得!

元々、楽天会員になるだけでも楽天会員割が適用され月額1000円の割引が基本料金から12か月間続く楽天モバイルのスーパーホーダイですが、それ以外にも楽天のサービスを頻繁に利用している方には更に1年間追加で500円の割引を受ける事が出来ます。

楽天会員としてのランクをダイヤモンド会員というランクまで上げると楽天会員割の1000円の割引に合わせて合計1500円の割引が適用されます。

このキャンペーンの条件に当てはまるレベルで楽天のサービスを利用している方はそこまで多くないと思いますが、もし対象になった場合は非常にコスパの良い状態で楽天モバイルのスーパーホーダイを使う事ができます。

楽天のダイヤモンド会員になるには3つの条件があるので自分がどれだけ条件を達成する事が出来るか確認してみましょう。

楽天でダイヤモンド会員になる為のコツ

楽天でダイヤモンド会員になる為には3つの条件をクリアする必要があります。

まず一番簡単なところで言うと「楽天カードの保有」です、申込みにあたって審査がありますが審査さえ通ってしまえば問題なくクリアできる条件です。

後は「6ヶ月で30回のポイント獲得」と「ポイント獲得数6ヶ月で4000ポイント」の2つですが「6ヶ月で30回のポイント獲得」は比較的簡単です。

楽天カードの支払いや、スーパーホーダイの月額料金、楽天でんわの通話料支払いそれぞれで毎月1回分のポイント獲得としてカウントされます。

楽天でんわの通話料は人によって発生するか分かれますが、少なくともダイヤモンド会員を狙う場合は楽天カードの支払いと楽天モバイルの月々の支払いが毎月1回としてカウントされるので6ヶ月の12回~18回分は楽天モバイルのSIMカードを楽天カードで支払うだけで消化されます。

条件は6ヶ月で30回なので更に12回~18回は楽天のサービスを利用して買い物をする必要がありますが、通販の便利さを知っている方ならほぼ3つ目の条件を達成するだけでクリアできるはずです。

3つ目の「ポイント獲得数6ヶ月で4000ポイント」は、ただとにかく楽天市場を使って楽天カードで支払いながら買い物をする事が重要です。

楽天市場で楽天カードを使うとポイントが2倍貯まります、6ヶ月で4000ポイントを貯めるのであれば逆算して6ヶ月のうちに20万円分の買い物をする必要があるので私生活におけるあらゆる買い物で楽天市場を利用して、楽天カードで支払い続けていればギリギリ届く見込みのある金額です。

正直なところスーパーホーダイから毎月500円の割引のためにわざわざ買わなくてもいいものを買ってしまったら本末転倒です。

ただ、一人暮らしの方でも日々の買い物を合わせると消耗品や食品などを含めて6ヶ月で20万円程度の生活費は使っている方が多いと思います。

自分の普段支払っている生活費を整理してもし無理なくダイヤモンド会員割を狙えるのであればぜひ挑戦してみて下さい。

楽天モバイルのスーパーホーダイは非常にコスパの良い格安SIM

楽天モバイルのスーパーホーダイは非常に評判が良く、特にそこまで通信速度にこだわりは無いが長時間動画を見続けたいという方にはもってこいの格安SIMです。

この記事が楽天モバイルのスーパーホーダイを検討している方の参考になれば幸いです。

注目 楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!