『VIEW』を超えるコスパはない!?6つの良いポイントとレビュー口コミを紹介!

Android
出典:Wiko Mobile - VIEW - 32GB

「コストを抑えたいけど、“カメラ”も“スペック”も“デザイン”も妥協できない!」

今回は、こんなワガママな方向けのスマートフォン『VIEW』を紹介します。

フランスメーカーらしいクールなデザインを持つ『VIEW』。そのスペックの良さ、写真の画質、ディスプレイの大きさは、他のコスパスマホと一線を画しています。

これが2万円台なんだから、驚きですね。昔と比べ、良いスマホがホントに求めやすくなりました。

ではさっそく『VIEW』の良いところを6つ、ポイントを絞って解説していきますので、お付き合いください!

スポンサーリンク

VIEWの基本スペックはこちら

まずはVIEWの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 7.1

CPU

Snapdragon 425 MSM8917

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(128GB)

バッテリー容量

2900mAh

画面サイズ

5.7インチ

横×縦×厚み

73.1×151.5×8.7(mm)

画面解像度

1440×720

背面カメラレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約1600万画素

重量

160g

充電/インターフェース

microUSB

SIMサイズ

microSIM

無線LAN規格

802.11 b/g/n

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 4.2

認証機能

指紋

カラーバリエーション

ブラック

ディープ・ブリーン

チェリー・レッド

ゴールド

では、ここからは『VIEW』の6つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、また有名サイトの口コミ、レビューを含めた内容ですので、購入を検討されている方は参考になさってください。

【ポイント1】“シック”で“クール”なメタルデザイン

VIEWのデザインは“良い意味”で、価格を裏切っています。

シックな色合いに、ベゼル狭の最先端のカタチ。メタル調のスタイリッシュなデザインには、フランス企業らしさを感じました。

カラーリングはブラック、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド、ゴールドの4色展開で、個人的にはチェリー・レッド(上記画像)が深みがあってお気に入りです。

スマホ本体の外装は「メタル調」に仕上げられており、安っぽい印象はありません。むしろ、見てもらえればわかりますが、良いモノが放つオーラがあるんです。

おそらく“マットな仕上がり”が、そうしてるのでしょう。

実際のレビューや口コミでも、

「色合いとデザインが良い。」

「色味がとてもキレイ!」

「見た目がカッコいい」

といった、高評価が多くみられました。

背面の「wikoのロゴ」も良い味を出しています。シンメトリーなデザインに、“ロゴ”がそっとある雰囲気がクールです。

スマホのデザインって、全体のバランスがとても大事だと思います。VIEWはその点がとても洗練されています。シックなカラーリングも高評価ですね。

スマホにデザイン性、特に“クールさ”や“シックさ”を求めるなら、VIEWはぴったりでしょう。wikoというメーカーすら初耳だった方は、ぜひこの機会に購入の候補に入れてみてください!

【ポイント2】“5.7インチ”の大画面ディスプレイ!

VIEWのセールスポイントのひとつが「大きなディスプレイ」です。

5.7インチの大画面にもかかわらず、左右上下のベゼル(縁)が狭いおかげで、スッと持てるサイズに収まっています。

このサイズ感は、“ハイエンドスマホ”でよく採用されるカタチで、ユーザーにはメリットが大きいんですね。

“ルックスの良さ”はもちろん、“作業”も“遊び”もとっても捗るんです。

具体的には、

・オフィス系のアプリ

・ネットサーフィン

・ゲーム

・動画鑑賞

がとってもやりやすくなります。

さらにすごいのが、「画面を2分割」できる機能でしょう。iPadなどのタブレットで出来るあの機能ですね。

最近だとハイエンドスマホで取り入れられはじめましたが、それをコスパスマホに入れてくるあたり『wiko』のセンスを感じます。

ですので、VIEWのディスプレイには“コスパスマホ”にありがちな、「性能がイマイチ」といった心配がいりません。

飛び抜けた性能とまでは言いませんが、5万円以上するミドルレンジスマホと同レベルだと考えてください。

ディスプレイに強いこだわりがある人でなければ、おおむね満足できるスマホだと言えるでしょう。

【ポイント3】“この価格”で“このパフォーマンス”

VIEWのパフォーマンスは、2万円台とは思えない“サプライズ感”があります。

これはCPU「Snapdragon425」と、メモリ(RAM)3GBのおかげです。一昔前だと、メモリ(RAM)に3GBも使えるスマホって、ハイエンドかミドルレンジの一部でした。

それが今では、コスパ機種にも使われるケースが増え、VIEWがその一例です。加えて、VIEWには高評価なCPU「Snapdragon」まで搭載されているんですね。

パフォーマンスが良くないわけがありません。

パフォーマンスがスマホに影響を与えるポイントは、

・アプリのサクサク感

・カメラ性能の引き立て

・タップの反応速度

などなど、あげればキリがありません。

カメラ性能の引き立ては、「CPUが関わってくるんだ?」と疑問に思われるかもしれませんが、実はとっても関係しています。

それどころか、“電池持ち”や“ディスプレイ”などなど、スマホの「CPU」と「メモリ」は、多くのポイントに影響するのです。

ですので、コスパを重視するなら、“価格”の次に“パフォーマンス”を見てください。

そうすれば、VIEWのように「価格良し、パフォーマンス良し」のスマホが見つかるはずです。

【ポイント4】ハイエンド並のカメラスペック

[カメラ性能]

背面カメラレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約1600万画素

VIEWの「カメラ」はパフォーマンスと同じく、値段とはかけ離れた「高性能さ」を持ちます。

背面のメインカメラは約1300万画素インカメラにいたっては約1600万画素です。確認しますが、VIEWはコスパスマホです。

カメラはさまざまな要素で、画質が決まるので、「画素数」だけではなんとも言えません。しかし、大きい方が有利(キレイ)なことは確かですよね?

800万画素よりも1300万画素がキレイなのは、疑いの余地はありません。

また、インカメラのF値は2.0で、暗所での撮影にもバッチリ対応しています。多くの光が取り込めるレンズなので、夕日をバックにした撮影や、室内での撮影にもおすすめです。

実際の口コミやレビューでも、

「2万円台のスマホカメラとは思えない。」

「インカメがすごい!」

「背景のぼかしができて面白い。」

などの高い評価がありました。

インカメラの約1600万画素は本当に信じられないスペックです。コスパスマホなのに。セルフィー(自撮り)をよく撮る方は、ぜひインカメの“キレイさ”に驚いてください。

また、VIEWを手にしたら、静画だけでなく動画も撮ってみてくださいね。最新のハイエンドにも付いている「手ぶれ補正」があなたの動画撮影をフルサポートします。

【ポイント5】VIEWならコミコミ「月2700円」で使える!

VIEWなどのコスパスマホを使う上で、気になるのが総コストです。ここで一度、「料金シミュレート」について確認してみましょう!

今回の料金シミュレートの条件は以下の通りです。

《シミュレート条件》

VIEW本体価格:26000円(24回払い)

通信費:月1600円(mineoの3GBプラン)

格安SIMを利用した、ごく一般的な条件でしょう。本体の購入にはクレジットカードで、分割払いにすればより購入しやすいですね。

上記の条件だと、1ヶ月あたり「約2700円」で使える計算になります。かなり安いですね!

現在、3大キャリアを利用されている方なら、月に6000円、高いプランだと10000円は支払っているのではないでしょうか?

もしそうなら、VIEWと格安SIMを使えば「3000〜7000円/月」の節約になるワケです。

通信費って、高ければ高いほど“良いサービス”、とはなりません。だからこそ、この節約はホントに有意義なものだと思います。

年間だと6〜8万円ほどの差が出ますし、それが4人家族となると30万円弱ですよね。笑えない金額です……

日本は通信費がとても高い国ですので、ぜひVIEWのようなコスパが良い機種で、無理のない節約を目指してみてください!

これを機会に格安SIMに乗り換えるのも、とっても良いアイデアだと思います。

【ポイント6】メーカー(wiko)について

最後にVIEWのメーカー「wiko」について、ぜひ知っていただきたいポイントを解説します。

「wiko」はフランスのモバイル端末ベンチャー企業で、フランスのマルセイユに本社を構えています。読み方は「ウイコウ」ですね。

2011年にフランスで創業され、6年後の2017年に日本で第1弾スマートフォン“Tommy”が発売されましが。ですので、まだ日本での知名度は高くありません。

ですが、すでに世界33カ国以上で事業を展開し、フランスではシェア第2位、西ヨーロッパ各国ではトップ5に入るほどのブランド力を持っています。向こうだと「wiko」のスマホって、けっこうメジャーなんですね。

製品の傾向としては、VIEWのように価格を抑えつつ“高性能さ”を持つモノが多く、この点が圧倒的に支持されています。

VIEWは、「wiko」の中ではミドルレンジの商品にあたり、他に「TOMMY」という、もっと価格が抑えられたスマホも展開しています。

まとめると、「wiko」はヨーロッパメーカーらしいデザイン性に加え、世界的に通用するスペックを武器に戦っているというワケです。

比較的新しいメーカーということもあり、“攻めのスマホ”が多いイメージですね。

VIEWの評価・感想まとめ

ここまでVIEWの、

・カラーとデザイン

・ディスプレイ

・カメラ

・パフォーマンス

・料金シミュレート

・メーカー(wiko)について

という6つのポイントを紹介してきました。

「wiko」というメーカーを知っていた方も、そうでない方も、ぜひ魅力的なスマホ『VIEW』を使ってみてください!

サブ機としても活躍しやすいですし、スペック的にはメイン機種としても十分通用します。

wikoのVIEWはどこで買う?

Android
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書