人気DJアプリ「djay2」の使い方を初心者向けに徹底解説!【iPhone/iPad】

アプリ

「djay2」のイコライザーを使ってみましょう

選曲用の音符ボタンのさらに左上にある、ミキサーの絵が描かれたボタンを押すとこのように、イコライザーが出てきます。

左からLOW(低音域)、MID(中域)、HIGH(高音域)、GAIN(音量)となっています。

左の3つで音の成分をコントロールして、右端のGAINで曲の音量をコントロールします。

djay2はオートゲインといって、曲のデータを読み込むと自動的に再生音量をコントロールしてくれます。最初はこれに頼って、あまりGAINをいじらないようにしましょう。音が大きすぎると耳によくないですしね。

再生しながら、左の3つをいじってみてください。

こうするともこもこ。

こうするとスカスカ

こんなセッティングにするとラジオボイス風に聴こえたりします

こうやって曲の所々で音を変えていきます。

やりすぎた!と思ったら、それぞれの音域をダブルタップすると真ん中に戻ります。

エフェクターを触ってみましょう

イコライザーを出したこの画面の”FX”という文字を押してください

こんな風に画面が変わります。

Echo(エコー)と書いてあるのが見えますか?

カラオケで声にかかってるやまびこみたいな効果です。再生中にこのパッド部分を触ってみてください。

触っている場所が青く光ります。この位置でエコーの掛かり方が変わります。色々といじってみてください。全然違う曲に聴こえたりしてきますよ!

次の曲へ繋ぎます!

この画面の下側のクロスフェーダーを、一番左に寄せておきましょう。そして右のターンテーブルの音符ボタンを押して次の曲を選びます。

このように選曲します。

そして右のターンテーブルにある”SYNC”というボタンを押すと、自動的にターンテーブルが同期して回り始めます。

回り始めたら、クロスフェーダーの右側、うっすらと見える黒い三角を押してください。徐々に右にクロスフェーダーが動いて、次の曲へ移ります。これで、ミックス完了です。これを左右繰り返して、好きな曲をどんどん繋いでみてください。

アプリ
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書