mineoはデビットカードで支払いができる?その実態を調べてみた!

格安SIMはMVNO(仮想移動体通信事業者)という扱いの会社がほとんどで、自社で通信設備を持たず通信設備を持っている会社から回線を借り受けて通信サービスを提供しています。

その特性上なのか、MVNO系の通信事業者はほぼすべてのキャリアが支払先設定をクレジットカードのみにしており「スマホの料金を安くしたいのにクレジットカードが無いから手続きができない」という状態に陥る方も非常に多いです。

そんな中、格安SIMの中でもmineoの場合はデビットカードでも支払いができた事例があるという事なのでその実情を調べてみました。

スポンサーリンク

mineoの公式サイトでのデビットカードに対する案内について

まず、デビットカードをお支払先に設定したmineoの申込みについては裏ワザのようなものではなく単純に選択肢の一つとして利用できる申込み方法です。

mineoの公式サイトもデビットカードやプリペイドカードに対する注意事項がありますが、「利用できない」という表現ではなく「利用できない場合がある」という表現で案内されています。

mineoを申し込む時に登録したデビットカードが支払先として問題なく利用する事ができるかどうかはmineoを運営している会社側の判断ではなく、「申し込みにあたってクレジットカード会社からの承認が貰えるかどうか?」が判断の基準になります。

なのでmineo側では利用できる場合があるが、推奨はせず「クレジットカードを使うのが確実です」という案内にとどまっているのが現状です。

支払先として登録できるかどうかはデビットカードの種類以外に、口座残高の状態や、そのデビットカードを利用した支払い実績によっても判断に違いが出てくるようなので、もしどうしてもデビットカードを利用して登録したい場合は「とりあえず申し込んでみる」事でしか最終的な判断ができないようです。

そもそもデビットカードってなに?

デビットカードの説明も念のためしておきましょう。

デビットカードは銀行から発行される「銀行の預金口座からクレジットカードの支払い機能を使って直接、即時引き落としをするカード」です。

クレジットカードの場合は基本的に1ヶ月ごとの締め日があり、そのタイミングに合わせて支払いで利用した分のお金をまとめて後払いしますが、デビットカードの場合は即時引き落としがかかるのと預金口座の残高分しか買い物ができないのが特徴です。

クレジットカードの申込みについては利用限度額や分割・リボ払いなどもあり、支払い能力が十分にあるかを厳しく審査されますが、デビットカードの場合は汎用性の高いプリペイドカードのようなものなので特に審査もなく利用できるというメリットがあります。

ただ、もちろんデビットカードを毎月の支払いに設定しても預金残高のない状態で登録されてしまうとmineoのような格安SIMの通信料は決済ができず支払督促の対応コストが増えるので毎月の支払いにデビットカードが使えるケースは全体的に非常に稀です。

mineoでデビットカードを利用するために「マイネ王」を活用しよう!

mineoにはmineoを契約しているユーザー同士で情報共有を行い、利用するにあたって発生した問題解決のために助け合える「マイネ王」というコミュニティサイトがあります。

出典:king.mineo.jp

mineoの公式スタッフ以外にmineoユーザー同士でも掲示板でコミュニケーションを取り合う事ができるものでデビットカードでの支払い設定について情報を調べる場合は「マイネ王」の「Q&A 王国教室」での情報収集が非常にオススメです。

最初にデビットカードでの支払いについて解説した通りで、mineo側での判断ではなくデビットカードを扱うクレジットカード会社から承認されるかどうかが問題になるため、実際に登録した方の報告を見るのが申込み前の検討材料としては一番有効になります。

「マイネ王」でmineoのデビットカード支払いについて情報収集をする手順

念のため、調べる手順も解説しておきます。

まずはマイネ王のトップページから「Q&A 王国教室」のアイコンを選択して新着の質問が閲覧できるページへ進みましょう。

出典:king.mineo.jp

質問の内容がずらっと並んでいると思いますが、今回重要なのは画面上部にある「検索窓」です。

「Q&A 王国教室」の画面を開いた上で検索窓を利用すると「Q&A 王国教室」の中にある情報だけを調べる設定で検索する事ができるので、新着の質問一覧が表示されている状態で「デビットカード」と検索します。

出典:マイネオ

この状態で検索を行えば今までにマイネ王の中でユーザーが質問していたデビットカードについての内容を過去にさかのぼって確認していけるます。

「デビットカードが使えるかどうか?」というより「これからmineoをデビットカードで契約したい、どのデビットカードを申し込めば良いんだろう?」とカードの申込みから検討されている方にとっては非常に参考になるはずです。

mineo側で将来的にデビットカードでの支払いを拒否される可能性もある

前提として現在もデビットカードでの支払いは「できなくはない」程度で公式に推奨されるような支払い方法ではありません。

実際に他社のMVNOの例で言えばDMMモバイルは過去、デビットカードでの支払いに対応していたことがありますが突然一切デビットカードでの支払いができなくなりました。

元々あらゆるMVNO系の格安SIMで原則クレジットカードのみでの支払いと決められているのは大手キャリアと比べて様々な面においてコストを削減する事で月額料金の安さと通信品質のバランスを取るためです。

引き落とし不可になったユーザーに対して料金の督促などをするコストが増えるとどうしても運営そのものに影響が出てしまうため、クレジットカードでの支払いは月額料金のリーズナブルさを取るなら仕方のないことなのでしょう。

現状mineoを含めたその他一部MVNO系キャリアでも自然とデビットカードでの支払い設定が出来てしまうようですが長い間契約を続ける事を考えると、やはりクレジットカードを後でも良いので用意しておいた方が利用していて安心できると思います。

mineo以外にデビットカードでの支払いができる格安SIMはある?

最後に、公式にデビットカードでの支払いができると案内している格安SIMを1社紹介しましょう。

実は、楽天モバイルなら「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」での月額料金の支払いができます。

2018年の4月から楽天がMVNOとしてではなくMNO(通信設備を持つ携帯キャリア)として事業に参入するという発表がありました。

そういった事情からか楽天モバイルの場合は現時点でも支払先として口座振替も利用する事ができるため、どうしても「クレジットカードが持ちたくない、持てない」という場合は割り切って口座振替が使える格安SIMを検討してしまっても良いと思います。

注目 楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます

mineoでデビットカードを利用する時は良く調べてから契約しよう!

最後にmineo以外のキャリアも紹介しましたが、この記事を読んでいるのであればもちろんmineoの契約を希望されているはずです。

デビットカードでの契約については最初に紹介した通りで「公式でもはっきりとは分からない」という状況ですがmineoはMNPをしなければ解約料金はいつでも無料ですし、お試しのつもりでデータ通信用のSIMカードをお手持ちのデビットカードで契約し、様子を見ながら利用するのも良いと思います。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする