iPhoneを充電できる!おすすめモバイルバッテリー3選

iPhone

iPhoneを持ち歩いていて、バッテリーが無くなってしまい困った経験がありませんか?

モバイルバッテリーを持ち歩けば、バッテリーが足りない時もすぐに給電できるので安心です。

この記事では、iPhoneの充電に役立つおすすめのモバイルバッテリーを3つ紹介します。残量不足の非常時に備えて持ち歩きましょう。

スポンサーリンク

コンセントからiPhoneに給電できるPowerCore Fusion5000

Amazonで見る

ほとんどのモバイルバッテリーには、「本体容量を満タンにするにはACアダプターが必要」というデメリットがあります。

外出先でモバイルバッテリー自体のバッテリーが無くなってしまった時は、ACアダプターとUSBケーブルがなければなにもできず困ってしまうのです。

しかしAnkerの「PowerCore Fusion 5000」はACアダプター機能を搭載しているため、弱点が見事に解消されています。詳細をチェックしましょう。

機器単体でモバイルバッテリーにチャージできる!

PowerCore Fusion 5000のおすすめポイントは、本体にACアダプター機能が搭載されていることです。

モバイルバッテリーの容量を外出先でチャージしたい場合は、通常ACアダプターを別に持ち歩かなければいけません。

しかしPowerCore Fusion 5000なら直接本体をコンセントに接続できるので、単体でモバイルバッテリーそのものへの給電までできてしまうのです。

持ち物を一つ減らせるのは、荷物を最小限に抑えるうえで大助かりでしょう。

「PowerIQ」「VoltageBoost」対応のモバイルバッテリー

PowerCore Fusion 5000は5,000mAhのバッテリーを搭載しているモバイル製品で、iPhone 8を約2回容量満タンにできます。iPhoneユーザーなら必要十分でしょう。

他のスマートフォンも、1回以上フル充電できると謳われています。iPhoneユーザー以外にも、十分おすすめできますね。

PowerCore Fusion 5000はAnker独自の技術「PowerIQ」で機器に適した急速充電ができ、さらに電圧を上げる「VoltageBoost」対応のためより急速で補給可能です。

最大3Aで出力できるので、iPhoneだけでなくiPadへのチャージも可能です。外出先で様々な機器へチャージしたい時、役立つモバイルバッテリーですね。

コンセントに接続したままiPhoneへチャージ可能

PowerCore Fusion 5000のACアダプター機能は本体へのチャージだけでなく、コンセント接続中にUSB端子にケーブルで接続した機器のバッテリーをチャージする「USB充電器」としても活用できます。

例えば新幹線や高速バスでの移動中にコンセントがあるなら、コンセントにPowerCore Fusion 5000を接続してからUSB端子にUSBケーブルでiPhoneを接続しても、そのままバッテリーをチャージできるのです。

ただしコンセントからiPhoneなどへ電力を補給する際は出力が本体利用時の「最大3A」から「最大2.1A」に下がってしまうため、機器によってはスピードが遅くなる可能性もあるので注意しましょう。

弱点は本体の大きさに対してバッテリー容量が少ないこと

PowerCore Fusion 5000の弱点は、モバイルバッテリーとしては本体サイズが大きめで重量も189gと重いのに対して、容量が5,000mAhと少々少なめなことです。

ACアダプター等としても使える多機能さを考えれば十分満足度が高いですが、iPhoneを何回も容量満タンにしたい方や、複数機器へ連続で給電したい方は注意しましょう。

機能性で劣ってもより軽い機器が欲しい方には、次項で紹介するAstro E1がおすすめです。

超小型でiPhoneを2回満タンチャージ!Astro E1

Amazonで見る

Astro E1はシンプルなモバイルバッテリーですが、iPhoneと較べてもサイズが小さく、なおかつiPhoneをしっかり2回は充電できる容量を備えているのがおすすめポイントです。

持ち運びの時に邪魔にならないiPhone用モバイルバッテリーを求める方は、Astro E1を検討しましょう。

本体サイズが小さく、持ち運びに優れたモバイルバッテリー

Astro E1は、縦9.6cm、横4.3cm、厚さ2.2cmのコンパクトサイズです。カバンの隙間などにも入れやすく、携帯性は抜群。邪魔になることはないでしょう。

トラベルポーチも付属するので、他の機器にぶつかって傷つけてしまうトラブルも防げます。

安くて小さいながらもiPhone 8を2回充電できる

Astro E1はAmazonでの販売価格が通常1,699円と激安ですが、大手モバイルバッテリーメーカーのAnker製で、品質面は安心です。

さらに小型ながら容量は大きく、iPhone 8のバッテリーは2回満タンにできます。バッテリー容量が大きいiPhone 8Plusでも、1回以上はOKです。

最大2A出力対応で、充電スピードも高速。小さいからといって使いづらくないのが、Astro E1の魅力なのです。

安くて便利に使える機器が欲しい方には、Astro E1がおすすめですね。

弱点はmicroUSB接続で、iPhoneと別のケーブルが必要なこと

Astro E1には、1つデメリットがあります。

microUSB接続なので、モバイルバッテリーそのものの充電にはiPhoneのLightningケーブルと異なるケーブルを用意しなければいけないのです。

microUSBケーブルを別途持ち歩くのが不便に感じる方は、コンセントからすぐ充電できるPowerCore Fusion 5000を検討しましょう。

iPhone対応のケーブル内蔵!MOXNICEのコンパクトスマホ充電器

Amazonで見る

MOXNICEのコンパクトスマホ充電器は、PowerCore Fusionに並ぶ頼れる多機能モバイルバッテリーです。

特徴的なのは、本体から伸びるケーブルでしょう。このケーブルが便利さの秘密です。

Lightningコネクタ付属で、iPhoneユーザーはケーブル不要!

MOXNICEのコンパクトスマホ充電器には機器に接続するためのケーブルが付属するので、別途長くて邪魔なケーブルを持ち運ぶ必要は一切ありません。

さらにMOXNICEのコンパクトスマホ充電器にはApple製品独自の端子である「Lightning」に対応するコネクタが付属し、コネクタは本体に内蔵までできます。

ちなみにLightningコネクタだけでなくUSB Type-C用のコネクタも付属するので、Galaxy S8などAndroidスマートフォン等の機器を使う時も余計なケーブルは不要です。

大容量で本体が薄く、モバイル性の高さはバツグン

MOXNICEのコンパクトスマホ充電器は10,000mAhの大容量で、Astro E1の約2倍と考えると単純計算でiPhone 8を4回程度充電できます。

大容量でありながら本体はiPhone 8などより二回り程度コンパクトで、持ち運びやすいのがおすすめポイントです。

使い方に合ったモバイルバッテリーを選ぼう

今回は何らかの機能に特化していて、使いやすいモバイルバッテリーを3つ紹介しました。

携帯性重視ならAstro E1、ホテルや新幹線などで活用したいならACアダプター内臓のPowerCore Fusion 5000、ケーブルを持ち運びたくないならMOXNICE製のコンパクトスマホ充電器がおすすめです。

iPhoneアクセサリ
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書