UQモバイルで契約できるプランは4種類!それぞれの特徴は?

UQモバイルでは、4つのプランから好きなものを選んで契約できます。それぞれにメリット・デメリットがあるので、事前にしっかり比較して自分に合ったプランを選択しましょう。

この記事では、UQモバイルの各プランにおける特徴を解説します。UQモバイルの契約を検討している方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

UQモバイルは4種類のプランを選択できる

UQモバイルでは、以下4種類のプランから好きなものを選んで契約できます。

  • ぴったりプラン
  • おしゃべりプラン
  • データ高速プラン
  • データ無制限プラン

ぴったり/おしゃべりプランはそれぞれS・M・Lの3種類があり、通話定額サービスと端末の割引に対応しているのが特徴です。

データ高速プランは月々3GBの高速通信が可能です。他の通信量は選べません。

データ無制限プランは名前の通り月々の通信量に上限がありませんが、速度が500kbpsに制限されているので注意が必要です。

次項よりそれぞれの料金やメリット・デメリットを詳しく解説します。

ぴったり/おしゃべりプランは端末割引と通話定額対応

UQモバイルの中では公式サイトや実店舗などで最もイチオシされているのが、ぴったり/おしゃべりプランです。

料金設定において確認しておきたい大きな特徴は、以下の2点です。

  • 14か月目以降は月額料金が1,000円(税抜)上がる
  • 通信量は26か月目以降半減する

途中から通信量や月額料金が変化することに気をつけましょう。

各プラン、音声通話SIMのみで契約できる

他社の格安SIMの場合はデータ通信用のSIMカードで契約できるケースも多いですが、UQモバイルのぴったり/おしゃべりプランは音声通話対応SIMでのみ契約できます。

音声通話をしない方の場合は、意味のない音声通話機能が付帯されてしまうので注意しましょう。

ぴったりプランはS・M・Lで通話分数が異なる

UQモバイルのぴったりプランは2年契約の自動更新で、毎月一定分数の通話を料金の追加なしで利用できるのが特徴です。料金体系は、S・M・Lの3段階に分かれています。

通信量や月額料金だけでなく、S・M・Lで通話定額の分数が異なることに注意が必要です。それぞれの対応する通話分数を表にまとめました。

S M L
通話定額分数(最大) 60分(26か月目以降30分) 120分(26か月目以降60分) 180分(26か月目以降90分)

注意したいのは、26か月目以降通話できる分数が半減してしまうことです。

もちろん超過分は30秒20円の通常料金で通話できますが、2年目までと同じように通話すると利用料金が増えてしまうので気をつけましょう。

おしゃべりプランは5分かけ放題対応!

UQモバイルのおしゃべりプランは、5分かけ放題に対応しています。1回の通話が5分以内なら、通話料金が別途かかることはありません。

5分かけ放題は国内通話に適用されます。スマートフォンに最初から入っている通話アプリから電話をかければ自動で適用されるしくみなので、とくに設定などは必要ありません。

ちなみに5分以上通話した場合は、5分を超えてかかった時間だけ30秒20円の通話料金がかかります。例えば6分通話したなら、1分の通話料金40円だけが請求されます。

1回の通話が5分以内なら何回通話してもかけ放題なので、通話時間が5分をオーバーしそうな場合は一度切ってすぐにかけ直せば、余計な通話料金が発生してしまうことはありません。

S・M・Lでかけ放題の分数は変わらないので、どれを選んでも同じ5分かけ放題を利用できます。

ただしYmobileの同等サービスだと10分かけ放題なので、分数が短いのがデメリットです。同じ月額料金で長く通話したい方は、Ymobileも検討しましょう。

通話時間が5分以内に収まるケースが多い方はおしゃべりプラン、5分以上通話をする機会が多いものの月々の通話分数は一定時間に収まるならぴったりプランを検討しましょう。

UQモバイル契約時にマンスリー割引を適用できる

UQモバイルでおしゃべり/ぴったりプランを契約する場合は、SIMカードとセットで端末を購入すると月々の支払い時にマンスリー割引が適用され、購入費用を削減できます。

割引額は機種ごとに異なりますが例えばUQモバイルとau限定で販売されているSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova2」は通常一括購入ですと28,900円(税抜)です。

「HUAWEI nova2」購入と同時におしゃべり/ぴったりプランを契約するとマンスリー割引が適用され、月々の支払い額から700円(税抜)が2年間割引されます。つまり実質12,100円(税抜)で購入できたという計算になります。

今まで使っていた端末が壊れてしまったなどの理由でUQモバイルのSIMカードと合わせてスマートフォンを購入する必要があるなら、マンスリー割引が適用されるおしゃべり/ぴったりプランと合わせて端末購入をするとお得です。

データSIMでも契約できる2つのプラン

UQモバイルでは音声通話SIM限定のぴったり/おしゃべりプランが大々的にイチオシされていますが、音声通話機能がないSIMでも契約可能な2つのプランも展開されています。

それぞれSMS対応SIMなら最低利用期間なしでいつでも無料で解約可能、音声通話SIMでも12ヶ月と短い最低利用期間です。料金設定は、以下のとおりです。

どちらも万人向けではありませんが、用途によってはぴったり/おしゃべりプランよりもお得に利用できるのが特徴です。それぞれ、チェックしていきましょう。

データ高速プランは毎月3GB通信できる

UQモバイルのデータ高速プランは、月々3GBまで高速通信ができます。端末と同時購入で適用されるマンスリー割引の対象外のため、既にUQモバイルで使える端末を持っている人向けのプランです。

通信量は3GB以外選べないので、毎月5GB通信する、あるいは1GBあれば十分など他の容量を選びたい人には不向きなので注意しましょう。

しかし代わりに月額料金は980円(税抜)から、音声通話機能がない、SMSに対応したデータSIMでも契約できます。

UQモバイルにおいて高速通信可能かつデータSIMで契約できるのは、データ高速プランだけです。

なお音声通話SIMで契約する場合は、かけ放題などの通話料金割引がないので常に30秒20円の通話料金がかかることにも注意が必要です。

  • UQモバイル対応端末を持っている
  • 通信量は3GBあれば十分
  • 電話をかけることはほとんどない

以上3点に当てはまる方やUQモバイルをデータSIMで契約し、高速通信を行いたい方は、UQモバイルでデータ高速プランを検討してみましょう。

データ無制限プランは500kbpsで無制限通信対応!

UQモバイルのデータ無制限プランは、名前の通り通信量に上限がありません。

ただし、ただ上限がないだけだとあまりにユーザーにとってメリットがありすぎることから、通信速度が制限されています。

データ無制限プランの通信速度は上下最大500kbpsに設定されていて、仕様上は500kbps以上の速度が出せません。つまり低速です。

ネットサーフィンやSNS程度なら問題なくこなせますが、動画を見たりアプリをダウンロードしたりする場合は読み込み時間が長く、人によってはストレスを感じます。

「通信速度は遅くても我慢できるから、通信量の上限を無くして欲しい」と考えている方は、UQモバイルでデータ無制限プランを検討しましょう。

UQモバイルはプラン選びが重要!

UQモバイルを契約する時は、4つのプランから自分に合ったものを選びましょう。

通話の各種機能や通信量の容量などを細かくチェックして自分にピッタリのプランを選べば、乗り換え後に通信・通話をフル活用しつつお得にサービスを利用できます。

注目 auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQモバイル】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする