必読|iPhoneを中古で買うときの3つの注意点

格安SIM

iPhoneを使ってみたいけど、ちょっと高くて・・・と思っている方もいますよね?

安くiPhoneを入手したい!という方には中古を購入する、という選択肢もあります。中古iPhoneはインターネットのオークションや「白ロム」販売店なんかで購入できますし、リサイクルショップで売っていることも。

でも、中古のiPhoneってきちんと使えるのか心配ですよね?今回は中古のiPhoneを買うときの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

1.中古でiPhoneを買う時の注意点。

新品のiPhoneは高額ですが、
中古で手に入れることで、格安でiPhoneを利用することができます。

でも中古だと傷やバッテリーの持ち具合など、iPhoneの1点1点に特徴があるため、
購入する時に確認するポイントが、新品のiPhoneを購入する時に比べて多いのは事実です。

しかし、チェックするポイントさえおさえれば、
新品を買うよりもお得にiPhoneを利用することができます。

チェック1.
「赤ロム」と呼ばれる通信制限がかかった端末ではないか。

いきなり耳慣れない単語が出てきましたが、この「赤ロム」というのは、
通信ができないようにロックがかけられている端末のことです。

なぜそのような通信制限がかけられているかですが、
元の所有者が端末の料金を完全に支払いしていない場合、
携帯のキャリア側で通信ができない端末にするというペナルティを課しているからです。

チェック2.
中古iPhoneの販売店に「赤ロム保証」があるかどうか。

iPhoneが「赤ロム」になるケースについては「チェック1」で説明した通りですが、
もし購入したiPhoneが「赤ロム」だった場合に同等の端末と交換などを保証している「赤ロム保証」をしている販売店を選べば購入リスクを減らすことができます。

チェック3.
そのiPhoneはSIMフリー?それともSIMロック解除したもの?

iPhoneには

  • SIMフリー版・・・apple storeで販売されているもの
  • SIMロック版・・・各携帯キャリアが販売しているもの

の2種類があります。

SIMロック版は、インターネット通信を行うICチップの種類に制限があります。
どんな制限かというと、各キャリアのインターネット通信しか使えないような制限です。

これは、各携帯キャリアが自社のサービスを利用してもらうために
端末に制限をかけて囲い込みをしているためです。

インターネットを利用するためには、データ通信ができるSIMが必要になりますが、
各キャリアのSIMロック版のiPhoneの場合、そのキャリアに対応したSIMを使う必要があります。

今流行りの格安SIMを利用する場合には、各キャリアに対応したSIMかどうかの確認が必要になります。

SIMフリー版のiPhoneの場合は、各キャリアからの制限がないため、選択できる格安SIM範囲がぐっと広がります。

 

キャリア別・SIMロックiPhoneで使える格安SIM一覧

購入する中古のiPhoneがどのキャリアから出されたものかを確認したら、
そのiPhoneで使えるSIMを購入します。

キャリアごとに、使える格安SIMをまとめました。

iPhoneがdocomo版の場合

iPhoneがdocomoの場合に使える格安SIMはこちらです。

  • LINE mobile(LINEモバイル)
  • IIJみおふぉん(BIC SIM)
  • OCNモバイル
  • 楽天モバイル
  • mineo(マイネオ)
  • DMM mobile(DMMモバイル)
  • exite mobile(エキサイトモバイル)
  • Nifmo(ニフモ)
  • nuro mobile(nuro モバイル)
  • jcom mobile(ジェイコムモバイル)

iPhoneがau版の場合

iPhoneがauの場合に使える格安SIMはこちらです。

  • UQ mobile(UQモバイル)
  • mineo(マイネオ)

iPhoneがsoftbank版の場合

iPhoneがsoftbankの場合に使える格安SIMはこちらです。

  • U-mobile(Uモバイル)
  • b-mobile(bモバイル)

いかがでしたか?今回ご紹介した注意点を頭に入れておけばお得にiPhoneを使えるようになりますね!

格安SIMiPhone
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書