softbankユーザー必見|ソフトバンクで使える格安SIMはこれだ。

格安SIM

ソフトバンク回線で使える格安SIMは、他の格安SIMに比べて少なめですがいくつか使えるサービスが出てきました。

世の中にはたくさん格安SIMが溢れているのに、ソフトバンク回線で使える格安SIMってどうしてこんなに少ないのでしょうか?

今回は、どうしてソフトバンク回線で使える格安SIMが少ないのか、背景を考えてみます。

スポンサーリンク

ソフトバンク回線の格安SIMが少ない理由

理由は定かではありませんが、
「回線接続料が他のキャリに比べて高いから」と言われています。

格安SIMは、MVNOと呼ばれる事業者が、MNOとなる事業者から通信回線を借りて
一般ユーザーに独自のサービスとして提供しています。

この仕組みを使うために、MVNOからMNOへの回線利用料を払っています。
その回線利用料が、docomo,auに比べてsoftbankのものがとても高かったのです。

日本経済新聞に掲載されていた大手3キャリアのひと月あたりの回線利用料がこれです。

キャリア 2015年 2016年
docomo 94万5,059円 78万0,509円
au 116万6,191円 96万7,983円
softbank 351万7,286円 116万6,697円

(10Mbpsあたり)
参考:ソフトバンク:MVNO様向け卸標準プラン概要のご説明資料

他のキャリアに比べると、随分ソフトバンクの回線利用料が高い印象を受けますね。

ドコモがもっとも安くて、次にau、その次がソフトバンク。

2016年の値下げをしても3キャリアの中では1番高いけれど、この時MVNOの回線利用料をソフトバンクは月額200万円以上の値下げをしています。

もしsoftbankの回線を使った格安SIMを提供したくても、
回線利用料がネックになってMVNO事業者が参入できなかったとしたら?

2016年にあったソフトバンクの回線利用料の大幅な値下げが、
MVNO事業者参入の障壁を下げたとも考えられます。

ソフトバンク端末で使える格安SIMってどんなもの?

その1.
b-mobile S (ビーモバイル エス)

日本通信株式会社が提供している、格安SIMです。
ソフトバンクで販売されたiPhone,iPadで利用することができる格安SIMです。
ソフトバンクで販売された端末であっても、iPhone,iPad以外の端末の場合は利用することができません。購入する場合は注意してください。

容量 1G 3G 7G 30G
月額利用料 880円 1,580円 2,980円 4,980円
パッケージ料金 3,000円
初期手数料とSIMカードの料金
通信タイプ データ通信専用
SIMサイズ nano SIM, microSIM
ただしiPhone用とiPad用のSIMは
それぞれ違うため購入時は注意すること。
支払い方法 クレジットカード決済

チャットアプリを使うから音声通話はしない、という方には良いですね。

その2.
U-mobile(ユーモバイル)

SIM発行手数料384円

容量 1G 3G 7G 30G
月額利用料 880円 1,580円 2,980円 4,980円
登録事務手数料 3,000円
通信タイプ データ通信専用
SIMサイズ nano SIM, microSIM
ただしiPhone用とiPad用のSIMは
それぞれ違うため購入時は注意すること。
支払い方法 クレジットカード決済

こちらも音声通話機能は付いていませんが、手元に眠らせているiPhoneがあって、データ通信用の端末として2台持ちしたい時にはいいですね。

音声通話をどうしてもつけたいとすると、残念ながらソフトバンクの格安SIMにはその機能がまだ付いていません。

もしも手元の端末をSIMロック解除をすれば、他のキャリア回線を利用している格安SIMを利用することができます。
SIMロックをしたあとで、他の格安SIMにMNPすれば、お得にスマホを利用することができるようになりますね。

ソフトバンクの音声通話についてはこれからに期待しましょう!

では最後にソフトバンクのSIMロック解除の方法についても説明します。

ソフトバンクのスマホSIMロックを解除する方法

ソフトバンクのスマホは契約開始から180日経過後にSIMロックを解除することができるようになります。
まだ180日経っていないという場合には、期日がくるのをもう少し待っていてくださいね。

方法1.ソフトバンクのホームページから行う方法

ソフトバンクのホームページからSIMロックを解除をする場合は無料です。

この方法は手続きにwi-fiでインターネットに接続できる環境が必要です。

1.こちらのソフトバンクのページへのリンクをクリック。
2.「My SoftBank」にログイン。
3.iPhone本体の製造(IMEI)番号を入力しSIMロックを解除します。
4.iPhoneの電源を一度落としたあとで、格安SIMカードをセットします。
5.Wi-Fiに繋いだ状態で、APNプロファィルをインストールしてiPhoneを起動。

方法2.ソフトバンクショップでSIMロック解除をしてもらう方法

ソフトバンクの店頭でSIMロックを解除をする場合は有料です。
事務手続き料として3000円(税別)を支払えば、SIMロックを解除してもらうことができます。

SIMロックが解除できたら、自由に格安SIMを選ぶことができるようになります。
念願の格安SIMライフを堪能しましょう!

格安SIMiPhonesoftbank
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書