格安SIMのmineo徹底解説!2017年

格安SIM
スポンサーリンク

1.mineoの特徴は?

mineoは多くの方に選ばれています! 第1位 出典元:MMD研究所「2017年3月 格安SIMサービスの利用動向調査」 出典元:MMD研究所「2017年3月 格安SIMサービスの満足調査」

mineoはMMD研究所調べの「格安SIM満足度調査」にて堂々の第1位を獲得した格安SIMユーザーから支持されているキャリアです。

mineoは格安SIMキャリアの中でも貴重なauとdocomoのマルチキャリアmvnoとなっています。そのためdocomoもしくはauでもともと使っていた端末であればsimロックを解除することなく利用することが出来ます。通常、SIMロックの解除は有料となっており、その料金は約3000円ほどです。また、

SIMロックを解除するためにはショップにて手続きを行うため手間がかかる作業でもあります。mineoではau,docomoユーザーであればこれらの手間なく簡単に今使っている端末をmineoで使うことが出来ます。

通常の格安SIMキャリアはdocomo系、au系など一つのキャリアにしか対応してないことがほとんどのため、マルチキャリアのmineoはより多くの人が手軽に乗り換えることの出来る格安SIMキャリアであると言えるでしょう。

また、mineoには独自の様々なサービスがあり、mineoユーザーがより安く、便利にスマホを使えるための仕組みが盛り沢山です。

mineoの気になる料金や、豊富なサービスがどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

注目 ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

2.mineoと大手3キャリアとの【最安】月額料金比較!

まずは気になるmineoの料金を見ていきましょう。大手3キャリアと比べどの位コスト的に優れているのでしょうか。

それぞれ最安のデータ+通話プランを比較していきましょう。

○mineoと大手3キャリアとの【最安】月額料金比較表

キャリア名

  最安通話プラン

(税抜金額)

 最安データプラン

(税抜金額)

その他必須オプション 合計金額 mineoとの金額差
mineo

通話+データ通信(500MB)プラン(1,310円)※1

無し 1,310円
docomo カケホーダイ

ライトプラン

(1,700円)

データS(2GB)

パック

(3,500円)

ネット接続料(300円) 5,500円 +4,190円
au スーパーカケホ (1,700円) データ定額1GB  (2,900円) ネット接続料(300円) 4,900円 +3,590円
softbank 通話定額ライト (1,700円) データ定額ミニ 1GB (2,900円) ネット接続料(300円) 4,900円

+3,590円

※1 au系端末向けの料金にて試算。通話料20円/30秒発生

 

上記の表を見て一目で分かるようにmineoは大手3キャリアと比べ、非常に安価にスマホを運用することが出来ます。どのキャリアと比べても3,500円以上お得にスマホを使えます。

docomo,auでスマホをお使いの方はMNP(ナンバーポータビリティ)でmineoに乗り換えるだけで現在お使いのスマホをそのまま活用しながら月々のスマホにかかる料金を大幅に節約することが出来るため是非乗り換えを検討してみてください。

SoftBankをお使いの場合はmineoに乗り換える際にSimロック解除手数料(約3,000円)が発生してしまいますがSimロック解除手続きをしても乗り換えるメリットのある豊富なサービスが揃っていますし、現在お使いの端末でなくともmineoでは高性能な端末を取り揃えていますので、月々のスマホ料金を下げたい場合はmineoに乗り換え検討をしましょう。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

3.mineoのおすすめポイントは?

mineoのおすすめすべきポイントはその料金のやすさだけではありません。mineo独自のサービスがユーザーに対してよりお得にスマホを利用できる環境をもたらします。特にmineoは通信制限に悩むユーザーにとって画期的なサービスを提供しています。

 

○パケットシェアで家族でパケットを分け合える

パケットシェア 繰り越したパケットを分け合える! 翌月に繰り越したデータ容量をグループでシェア!家族や友達、恋人とパケットシェアグループを登録して、パケットを無駄なく活用しましょう♪

パケットシェアは無料で5回線までパケットが分け合えるサービスです。前月の余ったパケットを家族で共有することが出来ます。

mineoは家族でお得に使うことも出来ます。

 

○フリータンク

フリータンク GOOD DESIGN AWARD 2016年度受賞 みんなでパケットを貯めて使えて助け合える! フリータンクはいわば、みんなのパケット貯蔵庫。mineoユーザー同士でパケットをシェアしあえる。仲間と助け合う。そんなスマホ共同生活を、はじめてみましょう♪

mineoでは家族でパケットを共有できるだけではありません。なんと、無料でユーザー同士でパケットを共有することが出来るのです。

フリータンク機能はパケットの貯蔵庫のようなもので余ったパケットを預けたり、逆にパケットが足りないときは月々最大1GBまでパケットを引き出すことが出来ます。

mineoではこれまで有料でしか対応することが出来なかった通信制限を無料で解決することが出来ます。

 

○パケットギフト

パケットギフト 友達にパケットをプレゼント! ちょっとした感謝の気持ちや、挨拶代りに、パケットを送ったり、誰かから貰ったり。そんなちょっと素敵なコミュニケーションをはじめてみましょう♪

パケットギフトはその名の通り、パケットを誰かにプレゼントすることの出来るサービスです。パケットギフトを使えば例えば通信制限に悩んでいる友達にギフトを贈ることで制限を解消させることが出来ます。mineoは友達同士でも便利に使えるサービスです。

 

○通信バーストモード

タップするだけで節約ON/OFF切替が可能!

mineoでは通信速度を「高速モード」、「バーストモード(低速モード)」に切り替えて使うことが出来ます。バーストモード使用時はパケットを消費することなく通信を行うことが出来ます。ただしバーストモード時は通信速度は落ちてしまいますので、ネットサーフィン等限られた用途でしかスムーズに通信が出来ないため注意しましょう。
4.mineo利用時の注意点は?

大手3大キャリアよりも格安でスマホの運用を出来るmineoですが、注意しなければならない点もあります。以下に注意点を記載しますので下記の事柄を注意しながらスマホの運用をしましょう。

 

○通常プランのみ加入時の通話料金に注意

まずmineo利用時の注意点は通常プランでは通話料金がかかるということです。現在、大手3キャリアでは通話し放題プランが当たり前になっており、通話料金が定額となっていますが、mineoでは別途有料オプションに加入しない限り通話料が発生します。大手キャリアから乗り換え後今まで同様に通話をしていると予想外の料金を請求されてしまうということがありますので注意しましょう。

 

○Aプラン(auプラン)には3日間3GBのパケット利用制限があり

Dプラン(docomoプラン)には制限がありませんが、Aプランの場合、3日間で3GB以上パケットを利用すると一時的に通信制限になってしまいます。Aプランを利用する方は3日間の利用制限に注意して運用していきましょう。

 

○mineo独自のメールはPCメール扱いとなる

mineoでは@mineo.jpというドメインのメールアドレスを取得することが出来ますが、このアドレスはPCメールと同じ扱いを受けてしまいます。PCメールと同じ扱いを受けるとキャリアメール限定のサービスなどが受けられなくなってしまうため以前よりそういったサービスを受けている方は注意が必要です。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

5.mineoのプラン一覧

あなたにピッタリ♪ mineoのおすすめはコレ!

○mineoの基本プラン

基本データ容量 データのみプラン(税抜) データ+通話プラン(税抜)
Aプラン Dプラン Aプラン Dプラン
500MB 700円 700円 1,310円 1,400円
1GB 800円 800円 1,410円 1,500円
3GB 900円 900円 1,510円 1,600円
6GB 1,580円 1,580円 2,190円 2,280円
10GB 2,520円 2,520円 3,130円 3,220円
20GB 3,980円 3,980円 4,590円 4,680円
30GB 5,900円 5,900円 6,510円 6,600円

 

大手3大キャリアの基本プランに比べ、非常に格安な料金となっています。また、データ容量も500MB~30GBまで幅広い容量が用意されており、様々な用途に合わせてプランを選択することが出来ます。

最適なプランを選択肢、mineoを利用するようにしましょう。

 

○mineoの通話定額プラン

通常音声通話 20円/30秒
5分かけ放題サービス 850円
通話定額30 840円/30秒
通話定額60 1,680円/60分

 

mineoでは基本プランに追加の料金を払うことで各種通話定額プランに入ることが出来ます。

かけ放題サービスは5分までなら追加料金無しで利用できるサービスです。その他の通話定額は30分、60分の無料通話時間が付与され、その時間内であれば追加料金無しで通話ができます。

比較的通話を多くする方であれば確実にお得になるサービスです。

自分の通話スタイルに合わせてプランを選択するようにしましょう。

 

○mineoの割引サービス

家族割 -50円/回線
複数回線割 -50円/回線

 

mineoでは大手キャリア同様、割引サービスがあります。ただし、元々の料金が格安のためその割引額は少額ではあります。

家族で契約をすれば1回線毎に50円の割引、個人で複数台mineoを契約している場合は1台につき50円の割引があります。

家族、もしくは複数台でmineoへ乗り換える場合は通常より安い料金でスマホを運用できます。

6.mineoで購入できるスマートフォンとは?

ZenFone Live HUAWEI P10 lite arrows M04 続々と人気機種登場!

mineoでは独自の端末を販売しています。端末はアンドロイドのスマホで安価なエントリーモデルからハイスペックな機種まで揃っています。

端末は一括購入だけではなく分割で購入することも出来ます。大手キャリアのように実質0円になるようなサービスは実施していませんが、キャンペーンによっては特定の機種を購入するとアマゾンギフト券などがもらえる場合があるため、機種にこだわりがない場合はそういったキャンペーンも念頭に置くと良いでしょう。

また、mineoではiPhoneを取り扱っていないため、iPhoneを利用したい場合は別途、SIMフリーのiPhoneを購入する必要があるので注意しましょう。

注目 ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】


格安SIMmineo(マイネオ)
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書