カラーはどれにしよう|Qua phone QZのコスパ以外にもある5つの優秀ポイント

Android

「コスパが良くて、使いやすい、カラーも良い感じの“スマホ”ってあるかな?」

もしあなたが、このようなスマホをお探しなら、ぜひ『Qua phone QZ』の良いところを知っていただきたいです。

特に他のスマホにはない、

・パフォーマンスの良さ

・カラーバリエの良さ

・コスト面の良さ

をたっぷりと見ていってください!

では、さっそくQua phone QZのここだけは知ってほしい「5つの厳選ポイント」を解説していきます。

スポンサーリンク

Qua phone QZの基本スペックはこちら

まずはQua phone QZの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

au

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 430 MSM8937

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(256GB)

バッテリー容量

2600mAh

画面サイズ

5.0インチ

横×縦×厚み

72x145x8.7(mm)

画面解像度

1920×1080

背面カメラレンズ(F値)

約1,300万画素

前面カメラレンズ(F値)

約500万画素

重量

136g

充電/インターフェース

Type-C

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth

Bluetooth 4.2

防水・防塵

IPX5/IPX8

カラーバリエーション

チョコミント

カシスピンク

シトラスレモン

インディゴ

では、ここからは『Qua phone QZ』の5つのおすすめポイントを解説していきます!有名サイトの口コミ、レビューや、実際の使用感を含めた内容ですので、購入を検討されている方はぜひ参考になさってください。

【ポイント1】サクサクのパフォーマンスが嬉しい!

Qua phone QZの良いところのひとつが“操作性の良さ”です。

スマホの頭脳CPUは「Snapdragon 430」という、ハイエンドでも使われているシリーズを採用。とても高く評価できるポイントでしょう。

最近では気軽に買えるスマートフォンの頭が、とっても良くなっています。より安く、より良いものをユーザーが使えるいい時代になりました。

逆に、ハイエンドスマホの頭脳は少し前から、平行線をたどっているようにも感じられます。ですので、相対的に見て“コスパスマホ”は今が一番お買い得感があるかもしれません。

また、Qua phone QZのメモリ(RAM)には「3GB」と、他のコスパスマホよりも少しだけ優秀なものが入っています。この結果、さまざまなアプリの操作や動画再生など、操作感にかかわるすべてが向上しています。

具体的には、

・ゲームアプリのサクサク感

・YouTubeのスムーズな再生

・多くのアプリを同時使用できる

などのメリットが生まれ、あなたの生活がより良く改善されます。

最近、スマホの操作感がダラダラとしていて、ストレスがたまる……という方には、Qua phone QZの3GBメモリのパワーをぜひ体感してほしいですね。

“劇的”とまでは言いませんが、ストレスの大半はスッと無くなるはずです。

【ポイント2】カラーバリエはハイセンスな4色展開

Qua phone QZのおすすめポイントとして外せないのが“カラーバリエ”です

とってもポップな色合いのQua phone QZ。どれを選ぶか迷ってしまいます。シンプルさなら“インディゴ”ですが、少し華やかさを求めるなら“カシスピンク”もありでしょう。

他のスマートフォンでは「ホワイト」と「ブラック」など、質素な色展開が多いですよね?一方、Qua phone QZはあなたにファッションとしてもスマホを使ってほしい、という想いからQua phone QZに4つのカラーを用意しました。

実際に口コミやレビューでも、このキレイなカラーバリエについて、高評価が多くあります。

また、Qua phone QZはカラーに合わせて「Rollbahn(ロルバーン)」とのコラボカバーも用意しています。ちょっと良いところの文具屋さんで、必ずあるおしゃれな手帳で有名ですよね。

カバーは別売りですが、どれもカラーとの親和性が抜群で、けっこう良い感じです。中でも“チョコミント”のカバーとQua phone QZの組み合わせは、「そのキレイなスマホ何?カバーどこの?」と聴きたくなるような、ハイセンスさを感じさせます。

スマホにファッション性を求めている方は、ぜひRollbahn(ロルバーン)とのコラボカバーも一緒に使ってみてください。

【ポイント3】落としてもOK!濡らしてもOK!

スマホを使っていると、どうしても水場や落下にストレスを感じます。

たとえば、

・洗面所でもっと気軽に使えればなぁ

・落としても平気なスマホが良いなぁ

ってことはよく感じますよね?

実は、Qua phone QZにはこの2点をスッキリ解決してくれる「防水性」と「耐衝撃性」が備わっています。ハイコスパのスマートフォンだと、この2点はよく犠牲になるので、とても評価できるポイントでしょう。

具体的には、防水性だと「IPX5/IPX8」という最高クラスが搭載されています。Androidだと“Xperiaシリーズ”なんかと同じ性能です。かなりハイスペックですね。

もちろん、海水につけたり、勢いよく叩きつけたりはいけませんが、日常生活で使う分には問題ありません。

ですので、今までは気軽に使えなかった“台所”や“洗面所”でも、何もストレスを感じることなく使えるワケです。

たとえば、洗い物ならシンクの端にQua phone QZをポンとおいてみてください。YouTubeで趣味の動画、好きな音楽をライブ映像、本日のニュースなどなど……使い方はあなた次第です。

【ポイント4】実際のau料金プランを見てみよう!

Qua phone QZの大きなメリットとしてあげられるのが“価格の優秀さ”でしょう。

とはいえ、結局いくらで使えるの?がイチバン気になるはずので、実際にイメージできるようにauのプランを見ていきましょう

今回は、「通話はauピタットプラン(いつでも1回5分以内がかけ放題)」を基本にして、データ容量別に“いくらになるか”を紹介します。その結果が上画像です。

たとえば「1GBまでご利用の場合」なら、

A:機種代金(24回払い)1,065円(税込)/月

B:通話、通信料金2,138円(税込)/月

C:オプション0円(税込)/月

となっています。

基本的には、データ容量の増加分だけ月額が上がると思ってください。

やはり機種代金が月に約1,000円はとても助かりますね。高いことで有名なiPhoneなら、ここだけで5,000円(税込)/月もかかってしまいます。

2つの差は“4,000円”もあるので、年間でいうと「約50,000円」の節約になるというワケです。これが4人家族なら20万円ですから、もう見ぬ振りできる金額ではありませんよね。

このように、Qua phone QZはそのコスパの良さから、年単位、家族単位での節約に大きく貢献してくれます。年間20万円ということは、5年間で100万円の節約です。だいたいのモノがパッと買えてしまいますね。

ぜひ、Qua phone QZには「大きな節約力」があることを知っておいてください。

【ポイント5】その他スペック

Qua phone QZには他にも3つの嬉しいスペックがあります。

①ストラップホールあり

②充電口がUSB Type-C

③手袋OKのグローブタッチ

ストラップホールは、最近のスマホではめずらしく、使う方にとっては大変便利でしょう。では、ひとつずつ見ていきます!

①ストラップホールあり

Qua phone QZは端末そのものにストラップホールが空いています。スマホを持ちやすくするため、デザインとして、など使い方はさまざまです。

②充電口がUSB Type-C

Qua phone QZの充電口にはUSB Type-Cという最新規格が採用されています。コスパスマホだと、この部分にmicroUSBが多く、充電や転送スピードの不満がありました。ですが、Qua phone QZだとその心配は一切無用です。

③手袋OKのグローブタッチ

Qua phone QZには手袋をしたままタップができる技術を採用しています。特に寒い日にはいちいち手袋をはずす手間が省け、大変便利でしょう。

Qua phone QZの評価・感想まとめ

ここまでQua phone QZの、

・パフォーマンス

・カラーバリエ

・防水性、耐衝撃性

・料金プラン

・その他スペック

という5つのポイントを解説しました。

Qua phone QZはその価格にいい意味で見合わない、パフォーマンスや使用感、さらには素敵な4色が揃っているおすすめのスマートフォンです。

もしあなたが、「コスパ良し、スペック良し、カラー良し」の条件で探しているなら、ぜひQua phone QZを購入候補に入れてください。

Android
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書