1万円台でこの性能!DSDSにも対応する『Moto E5』のすごいところを6つレビュー

DSDSに対応し、クールでコスパが良いスマホ!それが『Moto E5』です。

もちろん、motorolaブランドを冠しているので、デザインにもスペックにも抜かりはありません。

1万円台というびっくりな価格にもかかわらず、“指紋認証”や“大容量バッテリー”といった付加価値も忘れません。きっとコスパスマホを探している方の、有力な選択肢になるでしょう。

ではさっそく、『Moto E5』のどこがすごいのか。わかりやすく“6つのポイント”で紹介していきます!

スポンサーリンク

Moto E5の基本スペックはこちら

まずはMoto E5の基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 425 MSM8917

メモリ(ROM)

16GB

メモリ(RAM)

2GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(128GB)

バッテリー容量

4000mAh

画面サイズ

5.7インチ

横×縦×厚み

72.2×154.4×8.9(mm)

画面解像度

1440×720

背面カメラレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約800万画素

重量

173g

充電/インターフェース

microUSB

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 b/g/n

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 4.2

認証機能

指紋

カラーバリエーション

フラッシュグレー

ファインゴールド

では、ここからは『Moto E5』の6つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、有名サイトの口コミやレビューを含めた内容です。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

【ポイント1】“4000mAh”の大容量バッテリー

Moto E5を語る上ではずせないのが「大容量バッテリー」です。

Moto E5は“4000mAh”のたっぷりなバッテリー。平均的なスマホが3000mAhですので、約30パーセント長く使える計算です。

今までのスマホが夕方にはピンチになっていても、Moto E5なら帰りの車内でもしっかり使えます

好きな動画を見たり、ゲームをやりたいのに電池切れ。そのためにわざわざモバイルバッテリーを用意するのは面倒ですし、充電しながらの操作はおぼつきません。

ですので、ストレスなくスマートフォンを使うにはバッテリー容量が大切なのです。

4000mAhものバッテリーを搭載しているスマホは少なく、選択肢は多くありません。その中で“コスパがいいもの”となると、一握りの端末しかないのです。

Moto E5はその選択肢のなかの貴重な1台で、スペックやデザインのバランスも良いのです。

何より端末価格が1万円台。とっても魅力的で、メインスマホとしてだけでなく、サブスマホとしても使っていただけるでしょう。

ですので、カバンの中に入れっぱなしにしてても、バッテリーを心配しなくても良いのは利点ですね。

実際に使ってみてわかりましたが、4000mAhはホントに1日中どころか、数日持つのです。サブスマホとしてなら、1週間使えるケースもあるので、利便性がとても高いと思います。

【ポイント2】パフォーマンスは価格以上!

Moto E5のスペックは、CPUが「Snapdragon 425」、メモリ(RAM)が「2GB」です。

ミドルレンジスマホで使われているCPUに、スマホを十分動かせる2GB。この組み合わせなら、重たい作業以外なら楽々こなしてくれます。

オフィス系などの重めのアプリでも、単一動作ならいけますし、ゲームだって十分動かせます。

もちろん価格が数倍離れるハイエンドには勝てませんが、スマホでやることが明確な方にはぴったりでしょう。

実際に口コミやレビューでは、

「普通にサクサク動きます!」

「特にストレスは感じません。」

「以前のスマホより格段に早くなった。」

などの肯定的な評価が多く見られました。

価格的に行きすぎた期待をすべきではありませんが、ミドルレンジ〜ローレンジスマホとして見れば、十分な性能を持っています

また、Moto E5の記憶容量は「16GB」。足りない方はmicroSDカードで128GBを追加できます。合わせると、そこそこの容量を確保できるので、この点は問題ないでしょう。

加えて、microSDのスロットは独立しています。DSDS対応機種にありがちな排他的スロットではありません。容量を増やしつつ、DSDSも実現したい方には嬉しいですね!

【ポイント3】シンプルイズベストな良いデザイン

Moto E5の大きな特徴のひとつがデザインです。

正直言って、この価格帯のスマホのデザインは魅力的ではありません。どことなく、デザインにお金がかかっていない雰囲気があるのです。

しかしMoto E5は違います。デザインが上位モデルを参考に作られているので、なかなかクールに仕上がっているのです。

前面はベゼルが狭い流行りのタイプ。片手で持てるサイズ感を損なわないまま、画面をより大きくしています。下部には“motorola”がそっとデザインされていますね。カッコいです。

そして注目してほしいのが背面のデザイン。motorolaスマホの特徴である、大きめのカメラとMマークがシンメトリーに配置されています

人は“対称性”に美しさを感じます。なかでも左右がピシッと揃っているデザインには、グッと惹き込まれるのです。

レビューのため、いろんなスマートフォンを見てきましたが、Moto E5の背面デザインは100点だと思います。

もちろん個人的な感想ですが、この“シンプルさ”にグッと来る方は多いかもしれません。価格帯との親和性もあり、潔さが感じられます。

また、丸みがあるおかげで手にフィットしやすい点も見逃せません。街中だけでなく、自宅でもスマホを手に持って楽しみたい人には、ちょうど良いデザインでしょう。

【ポイント4】小さすぎず大きすぎないディスプレイ

Moto E5のディスプレイは「5.7インチ」です。大きすぎず、小さすぎない、万人ウケするサイズですね。

アスペクト比は18:9で、一度に広い範囲を楽しめます。ゲームアプリやYouTube、ネットサーフィンだってより快適になるでしょう。

実際に使ってみたレビューとしても、1万円台のスマートフォンとは思えないクオリティーでした。

たしかに、ハイエンドのフルHDや有機ディスプレイと比べると、ワンランク下がります。それでもなお、一昔前はキレイと絶賛していたレベルですので、実用性は抜群です。

動画鑑賞でも、スマホでの作業でも、特に困ることはありませんし、なんなら十分キレイです。

実際の口コミやレビューでも、

「見やすいです!」

「おおむね不満はなく、十分な性能。」

「粗さも感じませんし、実用的だと思います。」

といった肯定的な意見が多く、安心感がありますね。

ディスプレイに強いこだわりがある方以外でしたら、Moto E5のディスプレイに満足できるでしょう。

【ポイント5】motorolaだから大丈夫という安心感!

ケータイ時代を過ごしてきた方ならご存知かもしれませんが、『motorola』は携帯電話開発のパイオニアです。

携帯電話の元になった「Walkie Talkie」だけでなく、月面着陸機アポロ11号に使われた無線機器の製造者は『motorola』です。

そんな伝統のある企業だからこそ、ひとつひとつの製品に“こだわり”が詰まっています。

デザインやスペックだけでなく、Mロゴ。細部にまでこだわり抜かれたスマートフォン。それが『motorola』の端末なのです。

日本だけでなく、海外でもたくさんの固定ファンがおり、だからこそ守ってきたモノは崩しません。

だからこそ、『motorola』なら大丈夫という安心感があり、それはMoto E5についても同じです。安心してMoto E5を選んでください。

【ポイント6】その他の特徴

Moto E5には他にも3つの嬉しい特徴があります。

①指紋認証

②motoエクスペリエンス

③DSDS対応

ひとつずつ見ていきましょう。

①指紋認証

Moto E5の背面には、スッとロック解除できる“指紋認証”が付いています。シンプルなデザインにマッチしており、その位置が適切な場所にあるため、使いやすいです。

②motoエクスペリエンス

Moto E5にはmotoエクスペリエンスという、動作に応じた“ショートカット”が搭載されています。クイックスクリーンショット、片手操作切換などの便利機能を、カンタンな動作と紐づけられます。

③DSDS対応

Moto E5の大きな特徴がこの“DSDS対応”です。SIMスロット2つとmicroSDスロット1つ、計3スロット設計なので、今までスマホを2台バラバラに使っていた方は1台にまとめられます。ポケットがスッキリするだけでなく、置き忘れのリスクがなくなるため、とても安心できます。

Moto E5の評価・感想まとめ

ここまでMoto E5の、

・バッテリー

・パフォーマンス

・デザイン

・ディスプレイ

・motorolaブランド

・その他の特徴

という6つのポイントを紹介してきました。

Moto E5はそのブランド名に恥じない、デザインもスペックも優秀なスマホです。

コスパが良いスマートフォンを探している方は、ぜひ購入の候補にしてください!

Moto E5はどこで買う?

 

Android
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書