クールな見た目とシャープな頭脳|Moto G6の“5つのポイント”をレビューします!

「2〜3万円台で、カメラとデザインが良いのないかな?」

Moto G6はこのニーズだけでなく、スマホに必要なモノをギュッと詰め込んだ、万能スマホです。

見た目の良さはもちろんのこと、ダブルレンズを採用した高品質カメラ。さらには、ハイエンドに届くような頭脳も魅力でしょう。

ではさっそく、Moto G6の良いところを5つのポイントで紹介していきます!

スポンサーリンク

Moto G6の基本スペックはこちら

まずはMoto G6の基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 450 SDM450

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(128GB)

バッテリー容量

3000mAh

画面サイズ

5.7インチ

横×縦×厚み

72.3×153.8×8.3(mm)

画面解像度

2160×1080

背面カメラレンズ

約1200万画素

背面サブレンズ

約500万画素

前面カメラレンズ

約1600万画素

重量

162.5g

充電/インターフェース

Type-C

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 4.2

認証機能

指紋

カラーバリエーション

ディープインディゴ

では、ここからは『Moto G6』の5つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、また有名サイトの口コミ、レビューを含めた内容ですので、購入を検討されている方は参考になさってください。

【ポイント1】美しいデザインにこだわるモトローラのスマホ

motorolaのスマートフォンは“デザイン”で、他社とは一線を画しています。

Moto G6の背面カメラのデザインと、Mマーク、そのほかには何も加えない潔さ。このシンプルさこそがmotorolaのデザインの本質でしょう。

携帯電話の黎明期からずっとあるmotorola社は、スペックだけでなく、どのデザインが受け入れられるかを知っています。

こだわりが強いのはシンメトリーさ。背面のカメラをダブルレンズにし、フラッシュを付けてもこだわりは崩しません。

なぜなら、シンメトリーにはモノとしての“美しさ”があるからです。motorolaのMロゴも左右対称のシンメトリーですね。

また、前作までは金属だった背面素材を、Moto G6はガラスに変えられています。パッと見ではわかりづらいかもしれませんが、実際に“質感”がちがいます。

ガラッと変わったは言い過ぎですが、高級感が増したのは間違いありません。ガラス素材はとても高価なため、ミドルレンジ以上のスマホにしか搭載されません。

Moto G6の2〜3万円台という価格帯を考えると、値段以上の質感があります。口コミやレビューでも、ハイエンドっぽい雰囲気があると高評価を受けていました。

カラーはディープインディゴの1色展開ですが、デザインにこだわったからこそ“美しい黒”だけをリリースしたのでしょう。見た目にも非常に美しいですし、私はMoto G6の雰囲気がとても好きです。

【ポイント2】映画も動画もこれだけでOKなディスプレイ

Moto G6のディスプレイは「5.7インチ」アスペクト比は「18:9」画質は「2160×1080」のフルHDで、あなたがスマホで見るすべてのものを、グッと引き立てます。

たとえば、映画やYouTubeを見るとき、画質がもう少しだけよかったら……と思うことはあるでしょう。さらにもっと大きければ……と思う方もいるかもしれません。

Moto G6ならどちらの悩みも解決します。

ミドルレンジ以上のスマホでしか搭載されない、フルHDはそれほどまでに美しく、やさしい色合いを表現します。

今までは映画をテレビでしか見なかった人も、Moto G6さえあればベッドでも、台所でも、移動中だって好きなときに鑑賞できます。

目の前にあるとってもキレイな画面に、あなたはテレビで映画を見なくなるかもしれません。

テレビでもネットに繋いで映画やYouTubeは見れますが、イマイチ操作感が良くなかったりしますよね?ですが、使い慣れているスマホなら、見たい動画の検索もOK。気が変わった違うことをすぐにできます。

ベッドに持ち運べないテレビではできなかった、寝そべりながらの鑑賞や、家事をしながら、仕事の準備をしながらなどなど。使い方は多岐にわたります。

また、スマホゲーム(アプリ)が好きな人も画面のキレイさは大切でしょう。

もしあなたが今のスマートフォンに少しでも不満があるなら、Moto G6を検討してください。生活の一部が変わります。

1日数時間も目にするディスプレイは、それほど重要だと考えます。

【ポイント3】ミドルレンジとは思えないハイパフォーマンス

Moto G6の特徴のひとつが、“優秀な頭脳”と“サクサクの操作感”です。

CPUは「Snapdragon 450 SDM450」メモリ(RAM)は「3GB」。ハイエンド機種ですら3〜4GBなので、Moto G6のパフォーマンスにかかわるスペックは大変優秀です。

作業効率のすべてを決めるCPUは、信頼度がとっても高い「Snapdragon」です。多くのハイエンド機種でも搭載されており、今となってはその性能を疑う人は誰もいません。

実際にMoto G6をさわってみると、“スピード感”も“安定感”もケタ違いです。ひと昔前の2〜3万円台のスマホだと、この“サクサク感”が物足りないイメージがありました。

そのせいで、渋々とハイエンド機種にした方もいるかもしれません。

ですが、Moto G6をさわったとき、最近のミドルレンジスマホの凄さを思い知りました。

まずはホーム画面での操作感から、ヌルヌル感というか、サクサク感がちがいますね。Moto G6だからでしょうが、アプリの立ち上げや複数タスクの安定感も良好です。

実際に口コミやレビューでも、

「十分なサクサク感に満足している。」

「ゲームもやりたかったので、軽くて嬉しい。」

「使用していて困ったことはない。」

といった、高評価が多く見られます。

また、スマホの頭脳は動画閲覧にも大きくかかわってきます。頭が良いと、すべての動作が軽くなると理解してください。ですので、“グラフィック能力”が必要な動画やゲームも、Moto G6なら安心です。

【ポイント4】この価格なのに“ダブルカメラ”を採用!

[カメラ性能]

背面カメラレンズ(F値)

約1200万画素(2.0)

背面サブレンズ(F値)

約500万画素(2.2)

前面カメラレンズ(F値)

約1600万画素(2.2)

Moto G6の背面カメラは「ダブルレンズ」を採用しています。

1200万画素のメインカメラに、500万画素のサブカメラ。ハイエンドの多くが、こぞって採用するこのダブルレンズは、良い写真を撮るベストな解決法です。

どちらのカメラレンズも得手、不得手があり、良いところだけを組み合わせます。その結果、グッと質をアップさせた写真を提供するのです。

ですので、あなたは何も考えず、Moto G6でパシャっと写真を撮ってください。面倒なモード選択や背景のぼかし調整も必要ありません。

パッと撮った写真がとてもキレイになりますし、後から「motorola独自の画像編集」だってできます。

たとえば、セレクティブ・フォーカス機能なら、写った人だけにピントを合わし、背景だけをぼかすことが可能。面倒はひとつもなく、フォトジェニックなものを見つけたら、サッと撮るだけでOK。

また「F値が2.0」と、暗いスポットに強いのも見逃せません。外での撮影は、常にライトが確保されていませんので、このF値はありがたいです。

実際に使ってみても、人と背景がとっても明るく撮れ、レビューでの高評価に納得しました。

ミドルレンジを探していて、カメラ性能に強いこだわりがある人にもおすすめできます。ぜひMoto G6を手に入れたら、いろんなシーンでそのカメラ性能を発揮してください!

【ポイント5】その他の特徴

Moto G6には他にも4つの嬉しい特徴があります。

①DSDS対応

②Motoエクスペリエンス

③終日駆動可能なバッテリー

④国内3キャリアに対応

ひとつずつ見ていきましょう。

①DSDS対応

Moto G6はDSDSに対応しています。SIMスロット2つとSDスロットが1つ、計3つのスロットがあるので安心ですね。現状、DSDSに対応していて、スロットが3つあるスマホは少ないので、Moto G6は貴重な選択肢のひとつでしょう。

②Motoエクスペリエンス

Moto G6には“Motoエクスペリエンス”という、サッと振ったらライトが点くような機能があります。設定でオンオフができるので、ぜひあなたの使い勝手が良いように変更してください。

③終日駆動可能なバッテリー

Moto G6の特徴のひとつが、強力なバッテリーと充電速度です。同梱されているターボパワー充電器を使えば、数分のチャージでOK。ちょっとゲームしたいけど電池が……などのケースで活躍します。

④国内3キャリアに対応

Moto G6のとても嬉しい点が、「docomo」「au」「 SoftBank」の3キャリアに完全対応しているところです。特にSIMフリースマホでも、au回線に対応していない物が多くあります。Moto G6ならその心配がありません。国内であればすべての回線にバッチリと対応します。

Moto G6の評価・感想まとめ

ここまでMoto G6の、

・デザイン

・ディスプレイ

・パフォーマンス

・カメラ

・その他の特徴

という5つのおすすめポイントを紹介してきました。

Moto G6は2〜3万円台で買えるスマホでは、かなり良い性能を持っています。加えて、見た目がホントにクールですし、カメラ性能もミドルレンジとしては優秀です。

2〜3万円で、できるだけ良質なモノ、カッコいいモノを探しているなら、Moto G6をおすすめします!

Moto G6はどこで買う?

 

Android
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書