有機ELだからスマホで一番キレイ|V30+ L-01Kを6つのポイントで徹底解説!

「すべてのスペックが素晴らしく、特に“ディスプレイ”が尖っている。」

『V30+ L-01K』を紹介するなら、こうなります。有機ELを積んだそのディスプレイは、見るヒトすべてに“感動”を与えなければいけない。このように作られました。

ですので、

・一番キレイなディスプレイを持つスマホ

・すべてのスペックが最高のdocomoスマホ

・一つの隙も弱点もない完璧なスマホ

を探している方は、『V30+ L-01K』がおすすめです。かなりおすすめです。

ではさっそく、『V30+ L-01K』の何がここまで言わせているのか?それについて、理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

V30+ L-01Kの基本スペックはこちら

まずはV30+ L-01Kの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

docomo

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 835 MSM8998

メモリ(ROM)

128GB

メモリ(RAM)

4GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(256GB)

バッテリー容量

3060mAh

画面サイズ

6.0インチ

横×縦×厚み

75x152x7.7(mm)

画面解像度

2880×1440

背面カメラレンズ

約1650万画素

背面サブレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約500万画素

重量

158g

充電/インターフェース

Type-C

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 5.0

認証機能

指紋/顔

防水・防塵

IPX5/IPX8/IP6X

カラーバリエーション

クラウドシルバー

オーロラブラック

では、ここからは『V30+ L-01K』の6つのおすすめポイントを解説していきます!実際に使った感想、また有名サイトの口コミ、レビューを含めた内容ですので、購入を検討されている方は参考になさってください。

【ポイント1】“有機ELディスプレイ”だとこんなにもキレイになる

V30+ L-01Kの「ディスプレイ」は他のスマホと格がちがいます。

「有機EL」を搭載したV30+ L-01Kは、今までのどのスマホより、もっと明るく、もっと正確な色をあなたに届けます。

なぜ、有機ELだと従来のスマホよりキレイかというと、

・自発光方式である

・発光する有機物を使っている

の2点が理由です。

カンタンに言うと、明るくする用のバックライトが必要がない。だから、無理なライティングがなくなり、“本来の色味”がそのまま表現できるのです。

逆に言うと、従来の液晶ディスプレイは「色味の表現部分」とは別に、バックライトが必要だっだんですね。そうしないと、暗くて何も見えないからです。

その結果、ライティングが色味を潰し、“キレイさ”に限界ができてしまうんですね。それを突破したのが、V30+ L-01Kの「有機EL」というワケです。

こうなると、「他のスマホもこの技術を採用すればいいのに!」と思ってしまいますが、有機ELを使うとコストがググッと上がってしまいます。しかも“かなり”です。

だから、ディスプレイをキレイにしたくても、有機ELを採用できないスマホが多く、“液晶”でごまかすんですね。

一方、V30+ L-01Kはしっかりと有機ELをのせてきました。これは、メーカーである『LG』が有機ELテレビでノウハウを持っていたからですね。

他のメーカーだと、独自のノウハウを持っていないので、もっと端末料金が高騰してしまうのです。iPhoneXSがいい例でしょう。

ディスプレイのキレイさは、“スマホ選び”の大切なポイントのひとつです。

だからこそ、こだわりの強い方は、ぜひV30+ L-01Kのディスプレイを見てから購入端末を決めてください。大げさでなく驚きますよ。

【ポイント2】ハイエンドらしい優秀頭脳ですべてをサクサクに!

ハイエンドスマホを選ぶ上で外せないのが「頭の良さ」でしょう。

結論から言うと、V30+ L-01Kのパフォーマンスは最高峰です。とはいえ、価格帯的にそうでないと困りますよね。

実際にさわった感想としても、

・どのアプリでも“スピード感”が素晴らしい

・複数のアプリの同時操作もサクサク

・記憶容量128GBが嬉しい

と高く評価できます。

V30+ L-01KのCPUは「Snapdragon 835」と、ハイエンドのみ使われる安心のモデルですね。絶対的な信頼のあるCPUですので、安心して使ってください。

メモリ(RAM)は4GBと、ハイエンドスマホの平均的な数値です。基本的にはこれ以上のスマホはないので、最高峰と言えますね。パソコンですら、これ以下のスペックは山ほどあります。

記憶容量は本体が128GB、microSDでの追加分が256GB。合わせて「約400GB」もの容量を確保できます。ただ、ほとんどの人は128GBで十分かもしれませんね。こちらも、まず困ることはなく“安心できるスペック”と断言できます。

また、最近ではスマホでゲームアプリをする方も多いでしょう。実は、CPUやメモリ(RAM)はゲームの映像描写にかなり深くかかわってきます。

そのため、ゲームにもっとヌルヌルな動きを求めるなら、V30+ L-01Kを使ってください。有機ELの美麗さに加え、超優秀な頭脳があなたをサポートします。

V30+ L-01Kを使って、ホンキで遊ぶのもアリかもしれませんよ!

【ポイント3】ハイエンドの中で“もっとも軽い”希少なスマホ

V30+ L-01Kはとっても薄く、とっても軽いデザインになっています。見た目もカッコいいですよね。

でも、色んな機能をもつ“ハイエンドスマホ”って、だいたい重くなっていませんか?

一方、V30+ L-01Kは「158gという軽さ」です。これにはちょっと驚きました。

実は158gの軽さは、“有機EL”の恩恵でもあるんですね。有機ELはバックライトを必要としないので“薄く”でき、余計なライトがないので“軽く”なりますよね。

結果として、V30+ L-01Kのような薄くて軽い、スリムな端末ができあがったワケです。

実際の口コミやレビューでも、

「軽くてかっこいい。」

「30g落ちるだけで、こんな軽いなんて」

「薄さと軽さに大満足!」

と、かなりの高評価が多くありました。

今までハイエンドスマホを使っていた方だと、なおさらV30+ L-01Kの“軽さ”と“薄さ”に驚くと思います。だってハイエンドってすごく重いですから。

重いスマホって、長く使っていると手首がダルくなりますよね。特に、長い文字を打つとき、アクションゲームをするときに、そう感じます。

でも、できるだけハイスペックのスマホを使いたい……という“ジレンマ”を解決するのが「V30+ L-01K」というワケですね。地味ですが、かなりの高評価ポイントだと思います。

最近では“スマホ腱鞘炎”とネーミングされるほど、スマホの利用は手の負担になっています。実際に私もいろんな機種をさわっているので、“軽さ”の大切さを痛感しています。

V30+ L-01Kは、こんな悩みをすべて解消し、さらに見た目もカッコいい、希少なスマホということですね。

【ポイント4】“一番明るい”本物ガラスのカメラレンズ

[カメラ性能]

背面カメラレンズ(F値)

約1650万画素(1.6)

背面サブレンズ

約1300万画素

前面カメラレンズ

約500万画素

V30+ L-01Kのカメラは、

・より明るく撮れるレンズ

・ひろびろと撮れる広角レンズ

の2点がセールスポイントです。

「より明るく撮れる……」とは、F値1.6のレンズのことで、世界中のスマホで一番明るく撮れます。これは、ガラスレンズを使用しているからで、実は他のスマホはプラスティックなんです。

「えっ、そうなんだ!?」と驚かれる方も多いと思いますが、スマホカメラって普通はそうなんです。カメラがキレイなiPhoneシリーズですら、プラスティックなんですよ。

また、V30+ L-01Kには広角レンズが搭載されています。背面にも、前面にもです。ですので、近いものでも、遠いものでも、あなたが撮りたい画角を忠実に再現できるんです。

たとえば、観光地のキレイな建物を撮るとき、ズンズンと後ろに下がっていく……なんてことありますよね?

V30+ L-01Kの広角レンズだと、その必要がありません。その場で、広角レンズモードをタップすれば建物すべてがキレイに収まるんです。

広角レンズが背面だけでなく、インカメラにも搭載されているので、友達との何気ない撮影や、パートナーとの記念写真も、思ったとおりの画角で撮れます。

この2点を、“圧倒的な画素数”と“素晴らしい処理能力”で行うため、V30+ L-01Kの写真はキレイで臨場感のあるものになるのです。

スマホカメラに高い質を求める方でも、十分納得できるレベルだと思います。ぜひV30+ L-01Kを手に入れたら、自慢のカメラを使ってください!

【ポイント5】B&Oがチューニングした超高音質

V30+ L-01Kの隠れたメリットは、「奏でる音質が素晴らしい点」でしょう。だから、音楽プレイヤーとしても、映画鑑賞用の端末としても最適なんです。

さらに嬉しいことに、V30+ L-01Kには「B&O PLAYオリジナルイヤホン」が同梱されています。

B&O(バング&オルフセン)というと、オーディオ好きなら欲しいモノばかりのブランドですね。決断に勇気がいる、かなり高いブランドです。

このイヤホンだけでも、とっても欲しい方は山ほどいるでしょうね。

また、V30+ L-01Kには「Quad DAC」という、音質にフルコミットしたパーツを搭載しています。

音質の評価ってかなり難しいのですが、たしかにV30+ L-01Kで聞くとノイズが少なく、クリアになっている気がします。

B&O PLAYオリジナルイヤホンの音質も含め、個人的にはけっこう好きなタイプでした。

とはいえ、音は好みもありますし、他の要素でも左右されるので、ぜひあなたの耳でも聞いてください。少なくとも“良音”には違いありません。

【ポイント6】その他の特徴

V30+ L-01Kには他にも3つの嬉しい特徴があります。

①防水、防塵性

②高耐久性

③Qレンズ

ひとつずつ見ていきましょう。

①防水、防塵性


V30+ L-01KにはIPX5/IPX8の防水性能に加え、IP6Xの防塵性能を搭載しています。キャップレスでの性能なので、気軽に水場に持ち込め、大変便利です。

②高耐久性

V30+ L-01Kはタフネススマホさながらの“耐久性”を持っています。ですので、他のハイエンドスマホよりも壊れづらく、長く使うことができます。

③Qレンズ

V30+ L-01Kには「Qレンズ」という、カメラで認識したモノをネット検索できる機能があります。たとえば、街中で見たキレイな鳥を調べたりなど、楽しさたっぷりの機能です。アプリなしでQRコードを読み取れる点もグッドですね。

V30+ L-01Kの評価・感想まとめ

ここまでV30+ L-01Kの、

・ディスプレイ

・パフォーマンス

・デザインと持ちやすさ

・カメラ

・音質

・その他の特徴

という6つのポイントを解説してきました。

V30+ L-01Kは、

「ハイエンドがいいけど、持ちやすさは妥協できない」

「カメラ、音質、サクサク感すべてに最高を求めたい」

という方が“買ってよかった”と思えるスペックを持ちます。

LGが全技術をそそいだV30+ L-01K。ぜひあなたの目でその「素晴らしさ、美しさ、力強さ」をたしかめてください!

Android
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書