Androidの頂点|XPERIA XZ2にしかできないことをシンプルに解説!

Android

「Androidのハイエンドで一番おすすめは?」

この候補に必ず上がるのが“Xperiaシリーズ”です。

今回はそのXperiaシリーズからリリースされた『Xperia XZ2』について解説、紹介していきます。

使ったことがある方はご存知でしょうが、Xperiaシリーズについて「何ができる?」という質問は無粋です。なぜなら他のスマートフォンにできることはすべてXperiaにできるからです。

大切なのは、“できる”のクオリティーで『Xperia XZ2』はそのトップクラスに君臨ということを、今回は紹介していきます!

スポンサーリンク

XPERIA XZ2の基本スペックはこちら

まずはXPERIA XZ2の基本スペックを確認しましょう。

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 845 SDM845

メモリ(ROM)

64GB

メモリ(RAM)

4GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(400GB)

バッテリー容量

3060mAh

画面サイズ

5.7インチ

横×縦×厚み

72×153×11.1(mm)

画面解像度

2160×1080

重量

198g

充電/インターフェース

Type-C

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 5.0

認証機能

指紋

防水・防塵

IPX5/IPX8

カラーバリエーション

リキッドシルバー

リキッドブラック

ディープグリーン

アッシュピンク(docomo/auのみ)

ハイエンドスマートフォンとして“素晴らしい”とはっきり言えるスペックです。Xperia XZ2でけでなく、SONYのスマートフォンは完璧さを求めているんだな、とつくづく感じます。

カラーバリエーションはdocomoとauがリキッドシルバー、リキッドブラック、ディープグリーン、アッシュピンクの4色展開。SoftBankのみアッシュピンクを除く3色展開です。

では、ここからはXperia XZ2のどこに魅力が詰まっているのか、その5つのポイントをしっかりと紹介していきます。個人的な感想だけでなく、有名サイトの評価・レビューもチェックしていますので、購入を検討している方はぜひ参考になさってください。

【ポイント1】“ホールド感”を極めるとこの形になる

Xperia XZ2の大きな進化のひとつが「ホールド感」です。Xperia XZ1のフラットタイプからアーチタイプへ変更したことにより、持ちやすいく、見た目に美しい端末に仕上がっています。また、ボディの素材にはデザインと強度を両立したGorilla Glass5を採用しいています。

好みもあるかもしれませんが、実際に持った感想としては“アーチ状のボディ”の方が手に馴染み、ディスプレイをタップしやすく、好印象でした。ガラスの手触りも良く、強度もかなりあるので安心して扱えます。

口コミやレビューでも、

「背中が丸まっていて持ちやす」

「吸い付くように収まる」

「XZ1より持ちやすい!」

など、“ホールド感”への高評価が見られました。

特に、ディスプレイサイズが5.5インチ以上の機種は“ホールド感”がかなり大切です。ですので、アーチ形状を描くXperia XZ2の持ちやすさ、操作のしやすさは、あなたがスマートフォンを持つとき無意識に感じている、落下へのストレスを限りなくゼロに近くします。

さらに“持ちやすい”からこそできる、スマホでの細かい仕事、スピーディーな文字入力、または操作力を求められるゲームなど、Xperia XZ2のホールド感が活躍できるシチュエーションは多いでしょう。

今のスマートフォンはスペック上の「厚み」を小さくしてアピールしていますが、あまりユーザーの持ちやすさは考慮されていません。たとえば、テニスのラケットは細いから持ちやすい、ということはありませんよね。これはスマートフォンも一緒です。

【ポイント2】“利便性”をすべて詰め込んだディスプレイ

Xperia XZ2のディスプレイは5.7インチのちょうど良いサイズ感なだけでなく、見やすく作られています。Xperia初の画面比率18:9がもたらす、Webサイトやアプリの視認性アップは、1画面あたりの情報をより多くし、あなたの使い勝手を格段に向上させます。

今までは広告が付いている分見づらかったページも、もう少し広ければ…と思っていたゲームも、Xperia XZ2ならすべてを解決します。GoogleMAPでの検索、お気に入りのブログ、SNSの閲覧もすべてが見やすく、改善されます。

また、Xperia XZ2には嬉しい機能として「片手モード」が搭載されました。スクリーンの最下部を端から端にスワイプすれば、まるで画面インチが小さくなったかのように縮小されるのです。

この機能を使うことによって、ディスプレイの右上を無理にタップして落とした……などの不運を防ぐことができ、快適で安全な操作ができるようになります。片手モードは一度使うと、ありがたみが身に染みてわかりますので、Xperia XZ2を手にしたらぜひお試しください。

さらに、Xperia XZ2のディスプレイは「2つのウィンドウを同時表示できる機能」も搭載してます。カンタンに言うと、パソコンでは当たり前の複数ウィンドウでの同時作業ができます。

たとえば、YouTubeをみながらSNSで友達とトークしたり、電卓を出しながら表計算ソフトで仕事をしたり、などなど使い方は無限に考えられます。今までいちいちアプリを切り替えていた手間はなくなり、すべてをスムーズに、効率よく、スピーディーに進められます。

個人的な感想としては、YouTubeを見ながら何かプラスアルファの作業ができるのが高評価ポイントでした。最近では、YouTubeでエンタメだけでなくハウツー系の動画が充実しているので、メモを取りながらの動画視聴なんかも勉強がはかどっていいですね。

【ポイント3】スクリーンのキレイさは“さすがSONY製”

Xperia XZ2のディスプレイを見て気づくのがその“色彩の良さ”です。「トリルミナスディスプレイ」という、SONYがブラビアで培ったノウハウによって、色鮮やかな描写力、リアルな色合い、繊細な色の違いを表現しています。

あなたが見るWebサイト、写真、動画のすべてが、今より鮮明に色鮮やかに映ることで、あなたの目はキレイさだけでなく優しさも同時に受けとります。

またXperia XZ2のディスプレイには「X-Reality® for mobile」という、低解像度の映像をよりクリアにする技術が埋め込まれています。たとえば、低画質のYouTubeの映像、ガラケーで撮った昔の写真、Googleで見つけた画像。これらをしっかりと鮮やかに再現します。

さらには「広視野角ディスプレイ」の機能も見逃せません。机にポンっと置いてYouTubeやブログを見ることって多いですよね?ディスプレイは正面からと、斜めからではが見やすさが変わります。

Xperia XZ2の「広視野角ディスプレイ」機能は、今まで少し見づらかった斜めからの視認性を高め、あなたがどの角度でスマートフォンを置いても、ハッキリと視聴できるよう工夫されています。

実際にXperia XZ2を机に置いてみて、かなりの角度をつけると、たしかに見やすいという感想を持ちました。劇的な機能ではありませんが、スマートフォンを机に置いて、動画を見ることが多い、という人にはぴったりの機能かもしれません。

【ポイント4】世界トップシェアのSONYが本気を出したカメラ

[カメラ性能]

メインレンズ(背面)

約1600万画素

サブレンズ

約800万画素

メインレンズ(前面)

約500万画素

フラッシュ

あり

なぜSONYのスマートフォンのカメラはこんなにもキレイなのでしょうか。実は、SONYはスマートフォンだけでなく、カメラの技術において世界的な評価を受けています

カメラは「光」を「情報(信号)」に変え、人が見える“画像”にするためのデバイスです。そのため「光→信号」への変換技術の良さが、そのまま画質に直結するのです。この変換技術(部品)のことを「イメージセンサー 」と言います。

実は、SONYは「イメージセンサー」の世界シェアの三分の一を占めています。もちろん、あなたが今日街で見たスマートフォンのカメラ。背面にも前面にもある、そのレンズの内、3つに1つはSONYのものが使われている、ということです。

そのSONYが、総力をかけて作ったXperia XZ2のカメラ。キレイに撮れないわけがありません

「Motion Eye™」と呼ばれるSONYのイメージセンサーは、「Exmor RS® for mobile」「BIONZ® for mobile」「Gレンズ™」という3つの機能に支えられており、スマホカメラで一二を争うクオリティーをあなたに贈ります。

約1920万の画素数最大級のノイズ低減卓越した描写力をもつレンズ。スマホカメラを極めたSONYだから作れたカメラを、ぜひ体感してください。実際に使った感想としても、比べる対象がハイエンドスマホではなく、高級カメラとの比較が適切ではないか、と思えるほどのクオリティーでした。

もし、あなたがSONYのカメラを使ったことがなければ、日本が誇るこの技術をぜひ体感して、写真撮影を少しでも好きになってほしいです。Xperia XZ2ならそれができると確信しています。

【ポイント5】その他スペック

Xperia XZ2には他にも便利な3つのスペックがあります。

①防水(IPX5/8)

②録画した番組をXperiaで楽しむ。

③PS4®リモートプレイ

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

①防水性能(IPX5/8)

Xperia XZ2にはお風呂でも使えるレベルの防水機能が付いています。今までは連れて行けなかった水辺でもXperia XZ2なら、一緒に楽しむことができます。

②自宅で録画した番組をXperiaで楽しむ

Xperiaシリーズでは、SONY製ブルーレイディスクレコーダーで録りためたテレビ番組を好きなときに、好きな場所で見れます。録りだめしたドラマ、番組をカフェでゆっくりと、楽しむ。Xperia XZ2だからこそできる、最高の贅沢でしょう。

③PS4がリモートでプレイできる

なんとXperia XZ2とSONY製ゲーム機「PS4」がリンクして、Xperia XZ2の画面でゲームを楽しめます。寝る前にゲームをやるとき、ベッドの中にモニターは持って行けませんが、Xperia XZ2なら可能です。スマホ単体での操作もできますが、コントローラー(DUALSHOCK®4)と接続できる別売りパーツ(GCM10)もあり、とても快適にリモートプレイを楽しめます。

XPERIA XZ2の評価・感想まとめ

ここまでXPERIA XZ2のオススメポイントを、

・持ちやすさ

・ディスプレイの多機能さ

・スクリーンのキレイさ

・SONY製カメラの素晴らしさ

・その他スペック

の5つに分けて紹介しました。

他のスマートフォンにはできない、Xperia XZ2だけの機能、またはXperia XZ2だからこそできるクオリティをぜひ体感してください。

Android
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書