mineo(マイネオ)端末のおすすめは?

格安SIM

mineo(マイネオ)では、auやdocomoの回線で通信可能なスマートフォンが多数取り揃えられています。

今使っている端末が壊れかけている、あるいはmineo(マイネオ)で通信可能な端末が手元にない場合は、SIMカードの契約時に合わせて端末を購入しましょう。

この記事では、mineo(マイネオ)で販売中のおすすめ端末を紹介します。契約の際に端末のセット購入を希望する方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

mineo(マイネオ)では様々なSIMフリー端末が販売されている!端末購入時の注意点を確認しよう

mineo(マイネオ)では、たくさんのSIMフリースマートフォンが販売されています。

いずれもSIMフリーで、mineo(マイネオ)のSIMカードで使われているdocomo回線のDプランやau回線のAプランで通信可能です。

SIMカードの契約時やmineo(マイネオ)契約後に使っている端末が壊れてしまった時は、mineo(マイネオ)からSIMフリー端末を購入しましょう。

なおSIMフリー端末購入の際は、いくつか注意したいことがあります。先にこれらをチェックしてから、おすすめ端末を確認しましょう。

注目 ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

mineo(マイネオ)での端末購入時は対応するプランに注意!

端末ごとに利用できる周波数が異なるため、端末によってはdocomo回線のみに対応などどちらか一方のプラン(回線)だけに対応しているケースがあります。

契約の際は、自分が利用予定のプラン(docomo回線、au回線)で使える端末を選びましょう。

例えばHUAWEI製のSIMフリースマートフォン「nova lite2」はau回線のAプランでの利用に対応しておらず、docomo回線のDプランにのみ対応しています。

mineo(マイネオ)でau回線を契約する際はSIMカードに注意!

mineo(マイネオ)で提供されているau回線のSIMカードには、auの高音質な通話規格VoLTEに対応した「マルチSIM」とVoLTEの展開以前に販売された端末向けの「標準SIM」があります。

au回線のAプランを契約する際、今回紹介している端末を購入するなら「マルチSIM」でなければ通信ができません。

新規契約時に端末をセット購入するなら普通に契約すればマルチSIMを契約できますが、最初に標準SIMで契約してから端末を追加購入する際は合わせてSIMカードの種類を変更しなければいけないので注意しましょう。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

mineo(マイネオ)で購入するべきおすすめ端末

mineo(マイネオ)で取り扱われている端末の種類はとても多いため、どれを選べば良いのかわからず困ってしまうでしょう。

目的別にmineo(マイネオ)で取り扱われているおすすめのSIMフリースマートフォンを紹介するので、端末選択の参考にしてください。

特別に記載がなければ、au回線のAプランとdocomo回線のDプランどちらでも通信可能です。

2つのアプリの同時起動を使いこなしたいならnova lite 2

出典 http://mineo.jp/device/huawei-novalite2/

 

nova lite 2は、mineo(マイネオ)で販売されている中でも最新のSIMフリースマートフォンです。

nova lite 2は18:9の縦長画面が搭載されているのが特徴で、アプリの2画面分割表示(YouTubeとブラウザなど)をしても画面を広く使えます。

縦長画面で2画面分割表示がしやすいため、

  • 商品を紹介する動画を見ながら動画内で紹介されている商品の値段をブラウザで調べる
  • ゲームをしながらその攻略方法をブラウザで調査する
  • 動画を見ながらSNSで友達とやりとりする

こういった便利な使い方ができることが、nova lite 2の魅力です。

アプリの2画面分割表示自体はAndroid 7.0以降が搭載されている端末なら基本的にどれでも利用できますが、この機能を活かしやすさでは縦長画面のnova lite 2が特に有利でしょう。

そしてもう一つの大きな特徴が、デュアルレンズカメラの搭載です。

nova lite 2の背面にはカメラのレンズが2つ搭載されていて、背景ボケのある綺麗な写真を撮影できます。

デュアルレンズカメラは本来、5〜10万円程度の高額な端末を中心に搭載されていました。

しかし22,800円(税抜)のnova lite 2は、低価格ながらデュアルレンズの搭載を実現しているのです。

他には、背面に指紋認証センサーが搭載されているため、画面ロックの解除をスムーズに行えることが印象的です。

本体を持つと同時に指を指紋認証センサーに当てれば、あっという間に画面が点きます。パスコードの入力などでイライラさせられる場面はありません。

縦長画面でアプリの同時利用を活用したい方や、購入費用を抑えつつカメラ性能も重視したい方はnova lite 2を検討してみてはどうでしょうか。

なおnova lite 2はau回線のAプランに対応していません。自宅でauの電波が入りやすいなどの理由でAプランを契約予定の方は、他の端末を選びましょう。

docomo回線のDプランで利用予定なら、問題なく利用できます。

mineo(マイネオ)への乗り換え後もおサイフケータイを使いたいならAQUOS sense lite

出典 http://mineo.jp/device/aquos-sh-m05/

 

docomoやauで販売されているキャリア製スマートフォンはモバイルSuicaなどのおサイフケータイに対応している機種が豊富です。

しかしSIMフリースマートフォンでは、おサイフケータイに非対応な機種も多くなっています。

つまりmineo(マイネオ)へ乗り換える際に新しい端末を購入し機種変更をしたい場合、おサイフケータイ対応の端末をしっかり選ばなければいけません。

今回紹介しているmineo(マイネオ)端末の中で唯一おサイフケータイに対応しているのが、AQUOS sense liteです。

今まで通勤の際にモバイルSuicaでスマートフォンを改札にかざして電車やバスに乗っていた方は、AQUOS sense liteを購入すれば引き続きモバイルSuicaを利用できます。

AQUOS sense liteでは他にも、楽天Edyやnanaco、QUICPayなどのおサイフケータイ機能による決済を利用可能です。

また防水に対応しているので、台所やお風呂などの水場でスマートフォンを使う機会が多い方もAQUOS sense liteを選びましょう。

mineo(マイネオ)へ乗り換え後も新しく購入した端末でおサイフケータイを使ってスマートフォンで各種支払いを行いたい人には、AQUOS sense liteがおすすめです。

ゲームを快適に遊びたいならZenFone 4

出典 http://mineo.jp/device/zenfone-4/

 

mineo(マイネオ)で販売されている中で最もハイスペックなスマートフォンが欲しい方には、ZenFone 4がおすすめです。

ZenFone 4はオクタコアという処理能力が高い仕様のCPUや、6GBの大容量メモリが搭載されています。

スペックが高いメリットは、例えばゲームアプリで遊ぶ際に動作が重くなったり、アプリが強制終了してしまったりしないことです。

動画の編集など、データの処理能力が必要なアプリを利用する際にもZenFone 4の性能は役立つでしょう。

ただしスペックが高い分価格は56,400円(税抜)と高額なので、注意しなければいけません。

価格よりも性能を重視し、ゲームアプリなどを快適に利用したい方はmineo(マイネオ)契約時にZenFone 4のセット購入を検討してみてはどうでしょうか。

最も価格が安い端末を求めるなら、ZenFone Live

出典 http://mineo.jp/device/zenfone-live/

 

例えば子供に連絡用で持たせる予定であったり、電話やネットサーフィンなどの軽い作業が中心だったりするなら、スペックはそれほど関係ありません。

スペックが低めで問題ない用途でしか使わないなら、性能が低い代わりに安い端末が欲しいものでしょう。

mineo(マイネオ)で販売されている中でも最も安価なスマートフォンは、18,000円(税抜)のZenFone Liveです。

ZenFone Liveは使われているCPUの性能が低めで、メモリも2GBと小容量です。

そのため例えば最新のゲームアプリで遊んだり、アプリを何本か同時に起動したりすると動作が重くなってしまうことに注意しなければいけません。

しかしスペックが抑えられている分、価格も税抜きで2万円以下にまで抑えられています。

あまりスマートフォンを活用する予定がない人が使う端末には、ZenFone Liveを検討してみてはどうでしょうか。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

まとめ:普段の用途を考え、自分に合った端末を選ぼう

mineo(マイネオ)では様々なSIMフリースマートフォンが販売されていて、使い方・目的によって選ぶべき端末は変わります。

今回紹介した端末がそれぞれどんな人におすすめかをまとめると、

縦長画面でアプリを2つ同時に活用したいならnova lite 2(docomo回線のみ対応)
おサイフケータイ機能を重視するならAQUOS sense lite
ハイスペックな端末でゲームアプリなどを楽しみたいならZenFone 4
連絡用など軽い用途がメインで費用を抑えたいならZenFone Live

以上の通りです。

端末の購入前に自分が普段スマートフォンで行なっていることを見直して、目的に合った機種を選びましょう。

注目 今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo