ワイモバイルのおすすめ新機種ベスト3

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでは、定期的に新機種が発売されています。ワイモバイルでしか手に入らないAndroid One端末がたくさんあり、どれを選ぶべきかで迷ってしまう方も多いでしょう。

この記事では、2018年に販売されているワイモバイルのおすすめな新機種を3つ紹介します。ワイモバイルへ乗り換える際に合わせて端末の購入を考えている方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ワイモバイル専売の「Android One」とは?

ワイモバイルでは、Android Oneという他社では販売されていないタイプの、おすすめできるAndroidスマートフォンが販売されています。

ワイモバイルのAndroid One系新機種は、

  • OSが最新、3年間のセキュリティアップデートや24ヶ月に1回以上のOSアップグレードが保証されている
  • キャリア独自のアプリがほとんど入っていない

以上の2点がおすすめポイントです。

ワイモバイル以外で販売されているAndroidスマートフォンの中にはアップデートがあまり行われない新機種もあります。アップデートが行われないと、不安を感じるでしょう。

ワイモバイルのAndroid One端末ならアップデートが保証されているのでセキュリティ対策が万全、3年程度は安心して利用できます。

今までAndroidスマートフォンを使っていてアップデートが全然行われずに苛立っていた人には、アップデートが多いAndroid Oneの新機種がおすすめです。

そしてキャリアのアプリがたくさん入っていると、使わない人にとってはそれだけ無駄に使える容量が減ってしまうため不便です。

しかしAndroid Oneなら必要最低限なので、無駄な容量消費はありません。

以上2点のメリットがあるため長い間快適に使えるのが、ワイモバイルでAndroid Oneの新機種を利用するおすすめポイントです。

第1位:ハイスペックな新機種が欲しい人に最適!Android One X2

ワイモバイル専売のAndroid One X2は、多機能に加えてスペックも高いことがおすすめポイントです。

Android One X2なら、キャリアでiPhoneやGalaxyなどのハイスペックな新機種を購入して使っていた人でもスムーズに移行しやすいでしょう。

どの機種を購入するかで迷ったら、性能が高い関係上、使っていて不自由を感じる場面も生じないAndroid One X2を選ぶことをおすすめします。

各種スペックが充実!快適に動作する新機種

Android One X2は、CPUに「ミドルハイ(中の上)」クラスの「Snapdragon 630」を搭載しています。さらにメモリは、大容量の4GBです。

Android One端末の中でも最大級の性能で、ゲームや動画などの様々なアプリが一通り快適に動作し、使っていて動作が重くなることもありません。

さらにストレージ容量は64GBで、別途microSDカードを購入しなくても十分たくさんの動画や音楽、アプリを本体に保存できます。

スペック重視の人には、Android One X2がおすすめです。

新機種で唯一!高音質な音楽を楽しめるハイレゾイヤホン付属

Android One X2は、ハイレゾ音源の再生に対応しています。

再生用に専用のハイレゾ対応イヤホンが付属するので、別途ヘッドホンなどを購入しなくてもすぐにハイレゾ音源を楽しめます。

ハイレゾ音源は1曲50~100MBなど容量が大きいのが難点ですが、Android One X2ならストレージ容量が64GBもあるので、たくさんの曲を入れても容量不足に悩まされることはありません。

音楽をより楽しみたい人には、Android One X2がおすすめです。

ワイモバイル端末で最も多機能!おサイフケータイ・防水対応

ワイモバイルの新機種・Android One X2は、おサイフケータイに対応しているのもおすすめポイントです。

バスや電車に乗る時、おサイフケータイ対応のAndroid One X2があればモバイルSuicaを使ってスマホをかざすだけで乗車できます。運賃を支払う手間は、もうかかりません。

他にもイオン系列のお店に対応するWAONやセブンイレブン・イトーヨーカドー等で使えるnanacoなど、様々なおサイフケータイ向けアプリがあります。合わせて活用しましょう。

そしてAndroid One X2は防水対応なのもおすすめポイントで、例えば台所で料理アプリを使っていて水道の水がかかってしまうなどしても安心です。

高性能に加えて多機能なのが、Android One X2のおすすめポイントです。ワイモバイルで最も多機能な新機種を購入したい人も、Android One X2を選びましょう。

ただしAndroid One X2は、ワンセグには対応していません。ワンセグ機能を求める人には、記事の後半で紹介するAndroid One X3がおすすめです。

第2位:安さ重視の人におすすめ・Android One S3

 

Android One S3は他の新機種と同様ワイモバイル専売で、端末価格が30,000円(税抜)と安価なのが魅力です。

安いながらも一通りの性能は確保されていて、防水性能も備えています。

安いながらも十分なスペックを備えている新機種

ワイモバイルのAndroid One S3で採用されているCPUは「Snapdragon 430」で、高性能を要求する一部のゲームアプリなどは快適に動作しない場合もあります。

しかし言い換えれば、あまりゲームをしない人であればそれほど支障はありません。

Android One S3のストレージ容量はAndroid One X2の半分となる32GBですが、アプリのみをインストールする分には十分な容量です。

ただし動画や音楽、画像を保存することが多い方は容量が足りなくなる恐れがあるので、別途microSDを用意しましょう。

Android One S3のスペックはAndroid One X2と比べてしまうと劣りますが、3万円という価格設定を考えると十分な性能を備えています。

Android One S3は、スペック最重視の人にはおすすめできません。しかし性能は必要十分程度でOK、価格の安さを重視する人にはおすすめの端末です。

ブラウザや動画再生、音楽再生など、日常的に使うアプリは問題なく動作するので心配ありません。

できる限り費用を抑えたい人は、自分のスマホにおける用途を振り返りつつAndroid One S3を検討しましょう。

ワイモバイルのAndroid One S3は防水対応

ワイモバイルの新機種・Android One S3は、防水に対応しています。

公式に「お風呂でも使える」と説明されているので、お風呂に入っている時間が退屈な方はAndroid One S3を持ち込んで動画を見たり、ブラウザでネットサーフィンをしたりしてみてはどうでしょうか。

ちなみにおサイフケータイには対応していないので、モバイルSuica等を利用予定の方は他の新機種を選びましょう。

第3位:ワイモバイルで頑丈な新機種を求める人はAndroid One X3

2018年登場の新機種・Android One X3は日本の京セラ製で、頑丈さを再重視して作られているのが特徴です。

日本製の頑丈な端末が欲しい人には、Android One X3が特におすすめです。

過去にスマートフォンを落としてしまうなどして壊した経験がある方は、安心して使えるAndroid One X3を検討してみてはどうでしょうか。

Android One X3のおすすめポイントは頑丈さ

新機種のAndroid One X3は、本体を厚さ8.2mmと薄く設計していながらも防水や防塵、さらに耐衝撃に対応しています。

スマートフォンは毎日持ち歩くものなので、落としたり水に濡らしたりして壊してしまうのは心配でしょう。

ワイモバイルのAndroid One X3なら頑丈さを重視して作られているので、壊してしまう心配を大幅に減らせます。頑丈さ重視の人には、Android One X3がおすすめです。

ワンセグが見たい人にはAndroid One X3がおすすめ!

Android One X3は、今回紹介したワイモバイルの新機種の中で唯一ワンセグに対応しています。

同梱されているアンテナケーブルさえ取り付ければ、ワンセグで地上波のTV番組をどこでも楽しめます。

  • 外出中にどうしても見たいTV番組がある
  • 災害等が発生して最新情報をテレビから手に入れたい

以上のような時も、Android One X3ならワンセグが見られるので安心でしょう。ワンセグを見たい人には、Android One X3がおすすめです。

ただしAndroid One X3のスペックは、メモリやCPU性能がAndroid One X2に劣ります。ワンセグよりも性能を重視する人には、Android One X2がおすすめなので注意しましょう。

ワイモバイルでは希望に合う性能・機能の新機種を選ぼう

ワイモバイルでは様々な新機種が定期的に発売されますが、今回紹介した3つの新機種はいずれも独自の魅力があるおすすめ端末です。

ワイモバイルで購入する端末に高性能・多機能を求める人はAndroid One X2、購入費用を安く抑えたい人はAndroid One S3、頑丈さとワンセグを求めるならAndroid One X3がおすすめです。

▼▼ワイモバイルのおすすめ機種が気になった方は公式サイトでチェック!