今こそ知りたいDTI SIM徹底解説~2017年~

格安SIM



DTI SIMは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが手掛ける格安SIMです。月額料金の安さが売りの格安SIMで、とにかく携帯代金を安くしたい人におすすめです。

 

今回はDTI SIMについて、おすすめポイントや注意点、キャンペーン情報などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

DTI SIMの特徴は?

DTI SIMは月額料金が安いのが特徴です。全てのプランが比較的安い価格設定になっており、一部のプランでは業界最安値となっています。

 

また、はじめてDTI SIMを利用する人向けに、最大半年間はほぼ無料で利用できるお試しプランも用意されています。格安SIMの使い勝手を、リスクをかけずに気軽に体験できます。

DTI SIMと大手3キャリアとの【最安】月額料金比較!

月額料金が安いと言われているDTI SIMですが、大手キャリアと比べると具体的にどれくらい安くなるのでしょうか。

 

大手キャリアの最安プランとDTI SIMの最安プランを比べると以下の通りです。

月額料金 プラン内容
ドコモ 4,000円~ カケホーダイライト+データ2GB+SPモード+docomo with
au 4,900円~ スーパーカケホ+データ1GB+LTE NET
ソフトバンク 4,900円~ 通話定額ライト+データ1GB+ウェブ使用料
DTI SIM 1,200円~ 1GB音声プラン

大手キャリアでは最も安いドコモでも4,000円の月額料金がかかります。それに対してDTI SIMは1GBのデータ容量+音声通話でも1,200円で利用できます。大手キャリアの3分の1~4分の1ほどです。

 

大手キャリアは5分間の通話定額がついていますが、DTI SIMに同様のオプションを付けても1,980円です。通話定額付きにもかかわらず2,000円以下で利用できます。

DTI SIMのおすすめポイントは?

 

月額料金が安い

 

一言で「格安SIM」といってもそれぞれで料金が異なりますが、その中でもDTI SIMは比較的月額料金が安い部類に入ります。

とくに、3GBのデータプランとデータSMSプラン、10GBの全プランは業界最安値で、かなりお得に利用できます。

 

例えば、10GBの音声プランを主要な格安SIMと比べると以下の通りです。

 

DTI SIM OCN モバイル ONE DMMモバイル 楽天モバイル mineo(Dプラン)
2,800円 3,000円 2,890円 2,960円 3,220円

 

他の格安SIMと比べて、DTI SIMの10GBは月額で100~200円前後安いです。たった数百円と思うかもしれませんが、何ヶ月も利用していると大きな差になります。

 

月額料金の安さはDTI SIMの大きなメリットと言えます。

半年間無料で試せるお試しプランがある

(参照:DTI SIMお試しプラン | http://dream.jp/mb/sim/beginner/)

 

DTI SIMにははじめて申し込む人限定のお試しプランがあります。お試しプランの内容は以下の通りです。

 

プラン 月額料金(税抜)
1ヶ月目~6ヶ月目 7ヶ月目以降
でんわ定額プラン3GB 1,480円 2,270円
データ半年お試しプラン3GB 0円 840円
データSMS半年お試しプラン3GB 0円 990円

 

3つあるお試しプランのうち、3GBのデータ通信プランとSMS付きデータ通信プランはなんと半年間無料で利用できます。ユニバーサルサービス料はかかりますが、それでも毎月3円で格安SIMが利用できます。

 

格安SIMを利用してみたいけど、大手キャリアから乗り換えるのは速度やサービス内容的に不安がある、という人が多いと思います。そういった人に、DTI SIMのお試しプランは最適です。

 

DTI SIMのお試しプランなら初期費用の3,394円がかかりますが、それ以降はほぼ無料で半年間も利用できますし、データ通信プランならいつ解約しても違約金がかかりません。そのため最低限のリスクで格安SIMを試せます。

 

なお、でんわ定額プランは3GBのデータ通信に音声通話と5分かけ放題オプションがセットになって割安で利用できるプランですが、この場合は1年間の最低利用期間が発生します。

 

電話については大手キャリアも格安SIMも差はないため、試すのであればほぼ無料でいつでも解約できるデータ半年お試しプランかデータSMS半年お試しプランを選びましょう。

DTI光とセットで利用するとお得になる

(参考:DTI SIMとは | http://dream.jp/mb/sim/about.html)

 

DTI SIMは同社が手掛ける光回線サービス「DTI光」とセットにすると「DTI光×SIMセット割」が適用され、DTI光の月額料金が毎月150円割引されます。

 

自宅のインターネット回線がDTI光なら、DTI SIMを選ぶことでネット+スマホの料金が他社を選ぶよりも安くなります。

DTI SIM利用時の注意点は?

解約後はSIMカードを返却しないと手数料がかかる

(参考:ぱくたそ |  https://www.pakutaso.com/20141020301sim.html)

 

DTI SIMは解約後にSIMカードを返却する必要があります。

 

ドコモ回線を利用する格安SIMでは解約後にSIMカードを返却しないといけないのは珍しくありません。しかし、多くの場合は仮に返却しなくても問題ないです。

 

ところがDTI SIMは解約後2ヶ月以内にSIMカードを返却しないと、SIM紛失手数料3,000円が請求されます。無駄な出費を抑えるためにも、解約後は速やかにSIMカードを返却しましょう。

専用アプリがない

DTI SIMには専用アプリが用意されていません。

 

データ容量を確認したり、プラン変更をしたりするためにはそのたびにマイページにログインする必要があります。

 

今ではアプリからワンタッチでデータ容量の確認やプラン変更、通信速度の切り替えなどが出来る格安SIMも多いので、それらと比べると利便性は劣ります。

MNP転出手数料が高い

現在使っている電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」を利用して他社に乗り換える際は、どの格安SIMでもMNP転出手数料がかかります。

 

ほとんどの格安SIMのMNP転出手数料は3,000円ですが、DTI SIMのMNP転出手数料は5,000円です。

 

一般的なMNP転出手数料よりも割高なのでご注意ください。

 

DTI SIMのプラン一覧

DTI SIMの料金プランは以下の通りです。

 

プラン データ容量 月額料金(税抜)
データプラン データSMSプラン 音声プラン
1GB 1GB 600円 750円 1,200円
3GB 3GB 840円 990円 1,490円
5GB 5GB 1,220円 1,370円 1,920円
10GB 10GB 2,100円 2,250円 2,800円
15GB 15GB 3,600円 3,750円 4,300円
20GB 20GB 4,850円 5,100円 5,550円
ネットつかい放題 無制限 2,200円 2,350円 2,900円
DTI見放題SIM 7GB 2,430円 なし なし
DTI見放題SIM・

ルーターセット

7GB 3,696円 なし なし

 

ライトユーザー向けのプランからヘビーユーザー向けの大容量プランまで幅広く用意されています。とくにデータ通信が無制限に利用できるネットつかい放題プランは、動画視聴やゲームなどを頻繁に行うユーザーにとってはありがたいですね。

 

2017年5月からは、YouTubeとTwitterがデータ容量を消費せず使い放題になる「DTI見放題SIM」もスタートしました。データ容量は7GBですが、YouTubeとTwitterは無制限に利用できるので、この2つのサービスをメインに利用する人であればお得に利用できます。

DTI SIMで購入できるスマートフォンとは?

 

DTI SIMではスマートフォンをセットで購入することはできません。DTI SIMを使う際は、別途SIMフリー端末やキャリアの中古端末などを用意する必要があります。

DTI SIMはドコモ回線を利用している格安SIMなので、SIMフリー端末であればほとんどの機種が利用できます。

 

DTI SIMで利用できる主な端末には以下のようなものがあります。

 

・iPhone SE

・iPhone 7

・ZenFone 3

・HUAWEI P10

・HUAWEI P10 lite

・arrows M03

・Xperia XZ

・FREETEL SAMURAI「極」

 

この中でもとくにおすすめなのがZenFone 3です。価格が35,000円前後とお手頃ながら性能が高く、メールやSNS、LINEなどはもちろんゲームや動画視聴も快適なので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い人におすすめできるSIMフリースマホです。

格安SIM
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書