今こそ知りたいIIJmio徹底解説〜2017年〜

格安SIM

格安SIM・IIJmioをご存知でしょうか?

あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は初期の頃から格安SIMサービスを提供していた老舗なんですよね。

私も数年前に大手キャリアから格安SIMへ乗り換えてましたが、そのときに選んだのが「IIJmio」でした。

ここでは「IIJmio」の特徴やおすすめポイント、料金プランなどについてまとめます。

スポンサーリンク

1.IIJmioの特徴は?

IIJmioは、2008年からモバイル通信サービスを提供している老舗の格安SIMキャリアです。

(参照:IIJmioが選ばれている理由|https://www.iijmio.jp/hdd/award/)

テレビCMなどで広告を打つこともなく、淡々とサービス提供しているので、とても堅実なイメージがあります。

シンプルでわかりやすい料金体系や、手堅いサービスを提供している点が大きな特徴です。

基本的なサービスが充実している点はとても嬉しいポイントです。

  • 公式アプリ
  • データ残量の翌月繰り越し
  • 高速通信のON/OFF
  • バースト転送
  • 通話定額(オプション)
  • 大容量データプラン(オプション)

 

また、1契約でSIMを複数枚持つことができる点はIIJmioならではのサービスです。

  • ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン → 最大2枚まで
  • ファミリーシェアプラン → 最大10枚まで

 

最近では、たくさんデータ通信する人向けの「大容量オプション」が登場しました。

少ない通信容量が主流になっている多くの格安SIMとは違い、大手3キャリアのように多くの選択肢の中から柔軟なプランを組むことができます。

 

2.IIJmioと大手3キャリアとの【最安】月額料金比較!

格安SIM・IIJmioは、大手3キャリアから比べると月額料金が安くなります。

実際にどんなプランがあって、どれくらい違うのか、その点についてまとめます。

月額料金 プラン内容
ドコモ 4,000円~ カケホーダイライト+データSパック2GB+SPモード+docomo with
au 4,900円~ スーパーカケホ+データ定額1GB+LTE NET
ソフトバンク 4,900円~ 通話定額ライト+データ定額ミニ1GB+ウェブ使用料
IIJmio 1,600円~ 3GB(ミニマムスタートプラン)

大手3キャリアが4,000円以上するのに対して、IIJmioの音声通話対応プラン「みおふぉん」では月たったの1,600円です。

大手3キャリアの半額以下になるので、大変お得であることがわかりますよね。

仮に通話定額が必要な場合、何度でもかけ放題プラン(600円または830円)に加入してもまだ安いです。

かけ放題プランに入らなくても、月1時間通話して基本料1,600円+2,400円(20円/30秒×60分)=4,000円ですので、ようやく大手3キャリアに追いつきます。

ほとんど電話しないのであれば、IIJmioはとても安く維持することができます。

 

3.IIJmioのおすすめポイントは?

IIJmioには3つのおすすめポイントがあります。

  • SIMを複数枚持てる
  • 通話料が50%OFFになる「みおふぉんダイヤル」
  • 公式アプリからデータ通信量・高速通信ON/OFFができる

 

SIMを複数枚持てる

大手3キャリア・他社格安SIMの場合、1契約につき1枚のSIMが割り当てられます。

それに対して、IIJmioでは1契約につき複数枚のSIMを持つことができます。

  • ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン → 最大2枚まで
  • ファミリーシェアプラン → 最大10枚まで

普通であればそれぞれが契約を行い、それぞれの名義でスマホを所有します。

しかし、IIJmioのファミリーシェアプランならば、ひとりが契約を行い、必要な枚数分のSIMを契約します。

つまり、名義は1人分ということになりますね。

家族全員が契約するのではなく、代表者がひとりで契約すれば済むのはIIJmioならではです。

 

通話料が50%OFFになる「みおふぉんダイヤル」

音声通話SIMを契約している人が電話をかけるとき、専用アプリ「みおふぉんダイヤル」を使うことで通話料を50%OFFにすることができます。

(参照:みおふぉんダイヤル|https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/dial.jsp)

ごく普通に電話をかけた場合、20円/30秒の通話料がかかります。

しかし、みおふぉんダイヤルから電話をかけた場合、10円30秒の通話料になります。

さらに、ファミリーシェアプランで同一名義になっている電話番号同士であれば、最大60%OFFになります。

初期費用・月額基本料0円で使えるので、これは安いですね!

また、電話をよく掛ける方は、2つの追加オプション「何度でもかけ放題プラン」もチェックしておきましょう。

通話スタイル 料金(税抜) 通話時間
1回の通話が長い方 830円 家族と30分以内/誰とでも10分以内
1回の通話が短い方 600円 家族と10分以内/誰とでも3分以内

 

公式アプリからデータ通信量・高速通信ON/OFFができる

IIJmioにはiPhone・Androidスマホ向け公式アプリがあります。

アプリを開くと、データ通信量や残量、高速通信のON/OFFができます。

公式サイト・マイページにアクセスすることなくデータ残量を確認できるので、とてもかんたんで便利です。

また、高速通信データ容量を節約したいときや、速度が必要無いときなど、高速通信をOFFにして使うことができます。

OFFにすると、200Kbpsという低速での通信になります。

普段、高速通信に慣れているととても遅く感じますが、低速でもLINEトークやSNSなどは十分使うことができます。

もしデータ通信量を使いすぎていたり、高速通信が必要ないときは、アプリから高速通信をOFFにしてしばらく様子を見ることもできますね。

 

4.IIJmio利用時の注意点は?

IIJmioを選ぶ場合は、以下3点には注意しましょう。

  • データ残量の繰り越しは翌月末まで
  • 高速通信OFFのまま使い続けることはできない
  • 音声通話SIMを12ヶ月以内に解約すると解約金がかかる

 

データ残量の繰り越しは翌月末まで

当月使って余ったデータ通信量があった場合、それを翌月に持ち越すことができます。

(参照:クーポンについて|https://www.iijmio.jp/hdd/coupon/)

無駄なく使えるのでとても嬉しいサービスなのですが、持ち越し期限は翌月末までとなっています。

そこまでに使い切れなかった場合は自動的に消滅することになります。

もし毎月たくさん余っているようでしたら、プランをひとつ下げるなどして、対策しましょう。

 

高速通信OFFのまま使い続けることはできない

IIJmioでは、高速通信データ容量を節約するためだったり速度が必要無いときなどに、高速通信をOFFにして使うことができます。

しかし、ずっとOFFのまま使い続けることはできません。

3日間で366MBを超えて使った場合、規制が入ると案内されています。

具体的にどれくらいの速度まで制限されるのかは公表されていませんが、節約のためだからと言ってずっと低速のままで使い続けていると、この制限に引っかかるかもしれません。

特に注意しなければいけないのはアプリのアップデートで、低速のまま容量の大きいアプリをアップデートするとすぐに引っかかる可能性があります。

快適に使うためには、高速・低速通信をうまく使い分ける習慣をぜひ身に付けましょう。

 

音声通話SIMを12ヶ月以内に解約すると「音声通話機能解除調定金」がかかる

音声通話SIMを選ぶ方限定になりますが、12ヶ月以内に解約すると「音声通話機能解除調定金」がかかります。

音声通話SIMを解約・MNP転出・音声通話SIMを削除した人が対象で、プラン変更の場合は特にかかりません。

音声通話機能解除調定金」は、以下のように算出されます。

 

(12ヶ月 − 利用開始月を0ヶ月目とした利用月数)×1,000円

 

これをわかりやすい表にすると、以下のようになります。

2017年4月に利用を開始した場合の音声通話機能解除調定金額(税抜)
2017年4月解除 12,000円(残り12ヵ月 x 1,000円)
2017年5月解除 11,000円(残り11ヵ月 x 1,000円)
2017年6月解除 10,000円(残り10ヵ月 x 1,000円)
2017年7月解除 9,000円(残り9ヵ月 x 1,000円)
2017年8月解除 8,000円(残り8ヵ月 x 1,000円)
2017年9月解除 7,000円(残り7ヵ月 x 1,000円)
2017年10月解除 6,000円(残り6ヵ月 x 1,000円)
2017年11月解除 5,000円(残り5ヵ月 x 1,000円)
2017年12月解除 4,000円(残り4ヵ月 x 1,000円)
2018年1月解除 3,000円(残り3ヵ月 x 1,000円)
2018年2月解除 2,000円(残り2ヵ月 x 1,000円)
2018年3月解除 1,000円(残り1ヵ月 x 1,000円)
2018年4月解除 0円

(参照:解約時に違約金や手数料が発生することはありますか?|IIJmio公式サイト よくあるお問い合わせ

 

5.IIJmioのプラン一覧

ここでは、IIJmioのプランを表にまとめます。

プラン名 高速通信データ容量 データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話SIM
ミニマムスタートプラン  3GB 900円 1,040円 1,600円
ライトスタートプラン  6GB 1,520円 1,660円 2,220円
ファミリーシェアプラン  10GB 2,560円 2,700円 3,260円
IIJmioプリペイドパック  2GB 3,791円

基本となる3つのプラン(ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン・ファミリーシェアプラン)に加えて、プリペイドプランも用意されています。

プリペイドプランは、2GBを3ヶ月間使うことができます。海外に赴任していて、一時帰国している方は、こちらを選ぶと手間なく安く維持することができます。

とてもシンプルでわかりやすいですね!

 

6.IIJmioで購入できるスマートフォンとは?

IIJmioでは、大手3キャリアのようにスマホを購入することができます。

2017年7月20日現在、以下のようなラインアップになっています。

  • arrows M04(富士通)
  • ZenFone Live(ASUS)
  • Moto Z2 Play(Motorola)
  • ZenFone Zoom S(ASUS)
  • ZenFone AR(ASUS)
  • P10 Plus(HUAWEI)
  • P10(HUAWEI)
  • P10 lite(HUAWEI)
  • NuAns NEO [Reloaded](Trinity)
  • CAT S40(CAT)
  • Blade V8(ZTE)
  • GRANBEAT(ONKYO)
  • Moto G5 Plus(Motorola)
  • VAIO Phone A(VAIO)
  • nova(HUAWEI)
  • nova lite(HUAWEI)
  • ZenFone 3 MAX(ASUS)
  • AQUOS SH-M04-A(SHARP)
  • SHINE LITE(Alcatel)
  • Aterm M05LN(NEC)※モバイルルータ
  • SH-N01(SHARP)
  • IDOL4(Alcatel)
  • ZenFone 3 Laser(ASUS)
  • ZenFone 3(ASUS)
  • arrows M03(富士通)
  • ZenFone Go(ASUS)

1機種だけモバイルルータが入っていますが、実に26機種もの取扱があります。

ライカカメラを搭載した話題のスマホ・P10 Plus/P10もありますし、格安スマホの火付け役・ZenFoneシリーズの最新モデルが買える点はうれしいですね。

これだけあると、逆に迷ってしまいそうです!

 

7.IIJmioのキャンペーン最新情報

IIJmioひかり夏のプレゼントキャンペーン(〜8月31日まで)

(参照:IIJmioひかり夏のプレゼントキャンペーン|https://www.iijmio.jp/campaign/imh201706/)

キャンペーン期間中に光回線インターネットサービス「IIJmioひかり」を申し込むと、もれなく5,000円分のAmazonギフト券(Eメールタイプ)がプレゼントされます。

自宅のインターネット回線と格安SIMをIIJmioで揃えると600円引きになる「mio割」が使えて、契約・支払いも1本化できます。

これから契約される方は、合わせてチェックしてみてください。

 

Moto Z2 Play リリース記念キャンペーン(〜8月24日まで)

(参照:Moto Z2 Play リリース記念キャンペーン|https://www.iijmio.jp/campaign/device/2017motoz2.jsp)

Motorola社の最新スマホ・Moto Z2 Playの発売を記念して、プロジェクターやスピーカー等とのお得なセットを会員限定価格にて販売しています。

2週間ごとに商品が変わるようですので、気になった方は公式サイトをよく確認してみてください。

また、数量限定となっているので、なくなり次第終了となります。

 

IIJmioサプライサービス サマーセール(〜7月31日まで)

(参照:IIJmioサプライサービス サマーセール|https://www.iijmio.jp/campaign/device/2017summer.jsp)

「音声通話機能付きSIM」と同時にIIJmioサプライサービスから対象端末を申し込んだ場合、最大10,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

対象になるスマホは22台あって、最新機種も該当しています。

ただし、台数限定になっているので、すでにセールが終わっている機種もあります。

これからスマホを変える予定がある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

格安SIMIIJmio
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書