mineoのパケットを有効活用!フリータンクとは?

mineo(マイネオ)

パケットが余ってしまったり、反対にまだ月末まで時間があるのに足りなくなってしまったりした経験がありませんか?

mineoユーザーなら、「マイネ王」のフリータンクを利用していつでも余ったパケットを入れることができます。パケットが足りない時も、タイミングが限られますが引き出せます。

この記事では、フリータンクの使い方と注意点を解説します。mineoの契約を検討している方は、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

mineoで余ったパケットは、フリータンクに入れられる

出典:mineo
mineoユーザーは月々500MB~最大30GBを契約できます。パケットが余ってしまい、使いみちもなく、どうするべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

余ったパケットは、いつでも全ユーザーが共有する「フリータンク」に入れられます。

困っている誰かの助けや、将来的に自分が困った時の保険として、フリータンクを活用しましょう。

mineoユーザー向けコミュニティサイト「マイネ王」への登録が必須

フリータンクを使うには、mineoが提供しているユーザー向けのコミュニティサイト・マイネ王への登録とeoIDの連携が必要です。

マイネ王トップページ上部の「登録」をクリックし、ニックネームやメールアドレスなどの必要事項を入力し、登録を終え、mineoのeoIDを連携させましましょう。

マイネ王ではスタッフが情報を発信したり、わからないことをユーザー同士で相談できたりと様々なサービスが提供されています。フリータンクを使う方は、合わせてその他のページも有効活用しましょう。

余ったパケットは、いくらでもフリータンクに入れられる

マイネ王の「フリータンク」から、余っているパケットを自由に入れられます。回数や入れられるパケットの量には、制限がありません。

余ったパケットを入れるおすすめのタイミングは、翌月繰り越しになったパケットが月末時点で余っていた時です。

mineoで契約しているパケットは、反映された翌月の末日まで利用できます。翌々月となったタイミングで消滅してしまうので、そのままだと無駄になってしまうのです。

しかしフリータンクに入れればパケットは無駄になりません。そしてもう一つ、次項で解説するメリットも得られます。

フリータンクにパケットを入れるメリット

フリータンクに余ったパケットを入れておくメリットは、「必要な時に気軽に引き出せること」です。

まずmineoのフリータンクには、「今まで引き出したパケットが入れたパケットよりも多い場合は、残容量が1,000MB以下にならなければ引き出せない」という制限があります。

普段から余ったパケットを入れておけば累計の入れたパケット数の方が多くなる場合もあるでしょう。

フリータンクに入れたパケットのほうが多ければ、まだ容量は残っているけれど何らかの理由で引き出したい時にも問題なく引き出せます。

またフリータンクは全ユーザーの共有資産なので、出してばかりいると申し訳なく思ってしまうでしょう。

余ったパケットを積極的に入れていれば、いざ必要になって引き出す時に後ろめたさを感じずに済みます。

通信量が足りない時は、フリータンクから引き出せる

出典:mineo
フリータンクは、どうしてもパケットが足りない時に毎月最大1,000MBまで引き出せます。

つまりmineoユーザーは、フリータンクを使えば事実上契約している通信量+1,000MBを毎月使えるのです。

ただし容量を引き出す際は様々な注意点があるので、むやみに引き出すことはおすすめできません。

まずはフリータンクからパケットを引き出すために知っておきたい基礎情報を紹介するので、参考にしてください。

フリータンクのパケットは、21~末前日にのみ引き出せる

フリータンクにパケットを入れるのはいつでもOKですが、引き出しは毎月21日から末前日(例えば31日まである1月なら30日まで)に制限されています。

いつでも引き出せる自由な状態だと、あっという間に容量がなくなってしまう可能性もあるので、やむを得ない制限でしょう。

つまり15日など、フリータンクからパケットを引き出せないタイミングでパケットが無くなってしまっても、フリータンクは使えません。

mineoでは100MB150円(税抜)でパケットチャージを行えるので、利用できない時はパケットチャージを利用しましょう。

フリータンクからパケットを引き出す手順

出典::mineo

mineoのフリータンクからパケットを引き出す手順は、以下のとおりです。

マイネ王公式サイトの「フリータンク」をクリック
「引き出す」をクリック
引き出すパケット数を入力、一言コメントを入力して「引き出す」

手順はとてもシンプルで、迷うことはないでしょう。

ちなみにmineoアプリからも、パケットを引き出せます。「フリータンクから引き出す」をタップし、引き出すパケット数とコメントを入力すればOKです。

フリータンクから1ヶ月に1,000MB以上は引き出せない

パケットを引き出す機能は、あくまで非常時のためのものです。1ヶ月に1,000MB以上引き出すことはできません。

1,000MBでも足りない時は、100MB150円(税抜)のパケットチャージを利用しましょう。

フリータンクからパケットを引き出す時は、コメントが必須

パケットを入れる時のコメントは不要ですが、引き出す際は絶対にコメントを入力しなければいけません。

コメントは誰でも閲覧できます。内容によってはトラブルになってしまう可能性もあるので、適切なコメントを行いましょう。

mineoのフリータンクを使う時の注意点

最後に、mineoでフリータンクを使う時に気をつけたいことを解説します。

フリータンクは自分ひとりのものではなく、ユーザー全員で共有するシステムなので、適切な利用が必要です。

誤った使い方をするユーザーが増えてしまうと、最終的にはサービスの提供自体が無くなってしまうかもしれません。注意点を理解し、正しく使いましょう。

よほどパケットが余るor足りないなら、mineoで契約しているデータ容量を変更する

毎月たくさんパケットを入れていたり、反対に足りずに毎月1,000MB引き出してしまっていたりする方は、契約するデータ容量を変更しましょう。

mineoでは毎月データ容量を変更できます。例えば3GBで足りないなら6GBに変更、1GBでも余らせてしまうなら500MBへ変更するなど、微調整を行いましょう。

フリータンクのパケットは共有資産、むやみに引き出さない

フリータンクは以前、入れる量に対して引き出す量が多すぎたために、枯渇しかけたことがありました。

2018年4月3日時点では86,650,700MB程度のパケットがありますが、乱用するユーザーが多いとまた枯渇してしまうかもしれません。

便利に使えるサービスだからこそ、むやみに引き出して使いすぎないように心がけましょう。使いすぎて困るのは、最終的には自分なのです。

フリータンクから引き出した量は他のユーザーが参照できる

自分が引き出したパケットは、他のユーザーも確認できます。

マイネ王のプロフィール画面に利用履歴が記載されているので、利用中の方は確認してみましょう。

誰からも情報を参照できる関係上、もしも引き出したパケットが多いと、快く思わないユーザーとのトラブルなどが起こってしまうかもしれません。

パケットを引き出す際は適切な容量を引き出し、使いすぎには細心の注意をはらいましょう。

mineoを契約したら、フリータンクを活用しよう!

フリータンクは余ったパケットを有効活用したり、パケットが足りない緊急時に引き出せる助け舟になったりする便利なサービスです。

パケットは有限なので使いすぎないように注意しつつ、必要に応じてサービスを活用し快適なmineoライフを満喫しましょう。

注目 ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

 

mineo(マイネオ)
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書