mineoでSIMカードを変更する時に注意したい事まとめ

mineo(マイネオ)

ひとつのMVNOキャリアでドコモとauの回線2つを自由に選んで利用する事ができると人気のmineoですが、そんな選択肢の豊富さから利用している期間が長ければ長いほどSIMカードを変更する機会も多くなってくるでしょう。

今回はそんな場面でも困らないようにmineoでSIMカードを変更する時の基礎知識や、具体的な注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

mineoでSIMカードを変更するのはどんな時?

mineoを利用していてSIMカードを変更しなければいけないタイミングは大きく分けて5種類に分けられます。

1つ目はSIMカードのサイズを変更したい時で、SIMカードを変更するタイミングとしては基本中の基本です。

格安SIMやSIMフリースマートフォンに不慣れな方にとってはあまり馴染みがないかもしれませんがSIMカードのサイズの違いは、現在主流になっているものの中で大きく2つに分けてnanoSIMとmicroSIMがありサイズが違うと端末に挿すことが出来ません。

2つ目のタイミングはauの回線とドコモの回線を切り替えたい時です。

実はmineoのau回線とドコモの回線を比較しても結構細かい部分に違いがあり、利用しているエリアや端末によってプランの変更をする以外にも通信の微妙な仕様の違いなどによってSIMカードを変更する方がいます。

例えばauの回線にだけ3日で6GBまでの通信という短期制限が付いていて、一日当たりで通信するデータ量が非常に多い方にとってはドコモプランに変更した方が良いケースなどがあります。

3つ目はシングルタイプ(データ通信用SIM)とデュアルタイプ(通話機能付きSIM)の切り替えがしたい時で、これは単純に通話をするかどうかの違いです。

スマートフォン利用者の中でも段々と通話機能そのものが無かったとしても困らないユーザーが増えており、SMS機能だけを付けてシングルタイプのデータSIMに変更する方や完全に割り切ってデータ通信のみにする使い方も一部で人気です。

4つ目はドコモのシングルタイプ(データ通信用SIM)にSMS機能を付けたい時で、少し特殊なケースになります。

実はauプランで契約したデータSIMの場合はSMSを利用するにあたって追加料金もかからずマイページで申し込みをするだけでSMSの利用を始められるのですが、ドコモプランは後々変更すると少し手間がかかります。

mineoのドコモプランではシングルタイプにSMSを付ける場合、月額120円の追加料金が発生するのでデータSIMを契約する時になんとなく付けずに契約する方がいますが、実はドコモプランの場合はSIMカードを変更しないとSMSの機能を付けられません。

月額120円を節約するつもりがSIMカード変更手数料で2000円かかってしまう悲しい例です。

5つ目はauの回線でVoLTE対応と非対応を切り替えたい時です、auのSIMカードはVoLTE対応と非対応で種類が分かれていて機種によってはサイズが同じでもSIMカードを変更しないといけない場合はあります。

mineoでSIMカードを変更する手順は?

mineoのSIMカード変更に関する手続きはマイページにログインして申込みをし、郵送で届けてもらうようになります。

先ほど紹介したSIMカードを変更する状況によって選択する手続きが違ってくるので個別に手順を確認していきましょう。

mineoのSIMカードの変更にかかる事務手数料について

mineoのSIM交換手数料は一律2000円(税抜)です。

基本的にSIMカードの交換手数料はmineo以外のMVNO系通信事業者のほとんどが3000円(税抜)に設定しているので比較的良心的な価格設定になっています。

SIMカードのサイズ変更、auプランのVoLTE切り替えをする場合の手順

SIMカードのサイズ変更や、auプランでVoLTEの切り替えをする場合は特に契約の内容が変わるものではないのでマイページ下部の「登録情報の変更/サポート」から「SIMカード変更・再発行」を選択して手続きを進めます。

変更したいSIMカードを選ぶだけで手続きが完了します(auのVoLTE対応SIMについてはmicroSIMとnanoSIMどちらにもなるSIMなので選ぶだけで大丈夫です)。

auとドコモの回線変更やシングルタイプとデュアルタイプを変更する場合

こちらの2つに関してはマイページにログインし、ページ下部の「ご契約サービスの変更」から手続きをします。

auからドコモ、ドコモからauなどキャリアの回線を変更する場合は「プラン変更」で手続きを行い、キャリアは変えずにシングルタイプとデュアルタイプを切り替える場合は「タイプ変更」での手続きです。

最初に紹介したドコモプランのシングルタイプで後からSMSの機能を付ける場合だけ少々特殊で、「タイプ変更」の手続きから、改めてシングルタイプを選択しSMS機能を付けるオプションにチェックを入れた上で再度SIMカードの申込みを行います。

mineoのSIM変更にかかる日数は?通信できなくなる期間はどれくらい?

mineoのSIMカード変更手続きは郵送で新しいSIMカードを届けてもらい、回線切り替えの手続きを行うため申込みをしてから数日間のタイムラグがあります。

mineoの新しいSIMカードが自宅に届くまでの期間については、mineo受付センターの混雑状況にもよりますが早くて3日ほど、混雑が酷く遅れてしまった場合で7日ほどと想定しておきましょう。

SIMカードの変更が影響して通信できなくなる期間がある

SIMカードの変更手続きをすると手続きの内容によっても期間が変わりますがmineoでの通信ができなくなってしまうタイミングがあります。

例えばドコモの回線からauの回線へ番号を引き継いで切り替えを行った場合は、インターネット上で行われる回線切り替えの手続き中30分だけが不通になります。

ただ、その逆にauの回線からドコモの回線へ電話番号を引き継いでプランの切り替えを行った場合は変更手続きの審査完了後からデータ通信ができなくなり、これがSIMカードが自宅に届き回線切り替えの手続きが完了するまで続きます。

それ以外のケースでも共通して、変更にあたっての審査が終わってから自宅で回線切り替えの手続きが終わるまでは通話も通信もできない状態となってしまうため、複数回線を使い分けている方でもないと非常に不便な状態になってしまいます。

SIMカードの変更には解約料無料を利用して解約新規を活用しよう

SIMカードの交換手続きは様々なパターンがあり、そのほとんどの手続きで通信する事ができない期間が生まれてしまうので仕事などの都合上簡単にSIMカードの変更ができない方も多いでしょう。

この問題を解消するためにmineoユーザーが一般的に利用している解決策が「解約新規」という手続きの取り方です。

mineoはMNP転出以外の解約手続きがシングルタイプ、デュアルタイプに関わらず無料で行えます。

なので、契約の内容や電話番号を維持するつもりがなければ新しいSIMカードを申し込んで届いた後に古いSIMカードを解約するという流れでSIMカードの変更をする事が出来るのです。

「繰り越したデータ量がもったいない」などパケットに関する問題は新しく届いたSIMカードに対して古いSIMカードからパケットギフトをすれば貯まっているパケットも無駄にせず使えます。

SIMカードの変更手続きは不通期間を意識して慎重に行おう

mineoのSIMカード変更手続きは他社の格安SIMと比べても特に複雑ですが、その分提供しているサービスのバリエーションが多くユーザー目線で多くのサービスに対応しようとしている結果だと思います。

長い間mineoを利用し続けていると自然とSIMカードの変更をする機会も多くなると思いますが、解約新規も含め慎重に判断した上で、SIMカードの変更を行ってみて下さい。