DSDSのコスパ機種ならこれ!|FLEAZ BEATのポイントを具体的に解説

Android

FLEAZ BEATは、

・5.0インチのコンパクトSIMフリーを探している方

・スペックを確保しつつ費用を抑えたい方

・DSDS(トリプルスロット)のスマホを検討している方

におすすめの、ハイコストパフォーマンス端末です。

特に、

「月間の通信費用を今よりも抑えたい!」

「microSDを入れつつSIMを2つ使いたい!」

という方は、積極的に候補に入れたいところです。

では、FLEAZ BEATのおすすめポイントを5つ、しっかりと見ていきましょう。

スポンサーリンク

FLEAZ BEATの基本スペックはこちら

まずはFLEAZ BEATの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 8.0

CPU

MT6750

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(128GB)

バッテリー容量

2300mAh

背面カメラレンズ

約800万画素

前面カメラレンズ

約200万画素

画面サイズ

5.0インチ

横×縦×厚み

71.8x146x8.9(mm)

画面解像度

1280×720

重量

161g

充電/インターフェース

microUSB

SIMサイズ

microSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n

Bluetooth

Bluetooth 4.0

認証機能

指紋

カラーバリエーション

ブラック

では、ここからは『FLEAZ BEAT』のおすすめポイントを紹介していきます!購入を検討されている方はぜひとも参考になさってください。

【ポイント1】値段以上のパフォーマンスを搭載

まずはFLEAZ BEATのパフォーマンス(動作)について紹介します。

FLEAZ BEATのCPUはMT6750(オクタコアCPU 最大1.5GHz)となっており、少し前から主流になっている8コアを搭載しています。8コアとはスマートフォンの処理をしている頭脳の数のことで、多ければ多いほど性能がよくなります。

8コアのイメージは、8人で協力して同じ問題を解いていると思ってください。少し前までコストパフォーマンスが良いスマホは、デュアルコア、クアッドコアが主流でした。ですが、最近ではその2〜4倍の性能を持つFLEAZ BEATのようなスマホが多くなってきました。

さらにFLEAZ BEATのメモリ(RAM)は「3GB」で、普通のコスパ機種なら1〜2GBしか積まれないのですが、比較的大きめのメモリが採用されています。ハイエンドスマホが4GBということを考えると十分すぎるスペックと言えます。ちなみに記憶容量のメモリ(ROM)は32GBです。

実際のレビュー、口コミでも「この3GBのおかげでサクサク動いている」といった、ポジティブな意見が多く、メモリ(RAM)を1〜2GBにせず、しっかりとこだわって3GBにしてきた点は高評価ポイントでしょう。パソコンでもそうですが、メモリ(RAM)の大きさは1GBで劇的に改善されますので。

ちなみにRAMのイメージは作業机の広さで、1GBなら机1つ分、3GBなら机3つ分で、作業ができると理解してください。広々していた方が効率が良いですよね!

これら「8つ分の頭脳をもつCPU」と「3GBのメモリ(RAM)」があることにより、FLEAZ BEATは今まで処理に時間がかかっていたことでも、スッとこなせるのです。

たとえば、

・処理が重めのアプリ

・動画のストリーミング

・アプリの複数展開

などで、ストレスを感じていませんか?

スマートフォンの処理が遅い原因はほぼ100%、CPUとメモリ(RAM)にあります。ですので、この2つを同時に改善できるFLEAZ BEATは、あなたの日常からストレスをなくします。

1回につき10秒はかかっていた読み込みも、今より数倍速くなるため、実質的にあなたの時間が増えるのです。

スマートフォンのスペックはこだわるとキリがありませんが、「8コア」で「3GB」のFLEAZ BEATは、必要十分なスペックで、あなたの生活を快適にしてくれることだけは確かです。

【ポイント2】使いやすい5.0インチディスプレイがGOOD

FLEAZ BEATがおすすめできるポイントは「パフォーマンス」だけではありません。シンプルで洗練された「見た目」と、ちょうど良い「サイズ感」もFLEAZ BEATのセールスポイントです。

FLEAZ BEATはあえて個性的なデザインにせず、“誰でも使える”を目指して作られています。ですので、あなたが女性でも男性でも、子供でも大人でも、誰でもシックリとくるモノになっているのです。

また、ディスプレイを含む「サイズ感」も“誰からも好かれる”を意識して作られました。5.0インチのちょうど良いディスプレイは、HD(1280×720ピクセル)と高画質。また、端末のエッジはまるみを帯びていてとても持ちやすく設計されています。

さらに背面には指紋認証が、バッチリ良い場所についていて、パッと持つとちょうど指が当たってくれて解除します。もちろんパスコードと比べ、セキュリティーの良さは抜群に良いでしょう。

【ポイント3】実際にかかるコストを見てみよう!

またFLEAZ BEATのセールスポイントとして、見逃せないのが価格の安さでしょう。1万円代のフレンドリーな価格と、それでいて十分に使える性能ギャップが、FLEAZ BEAの特徴です。

そのため、SIMフリースマホを“できるだけ安く”検討している方には、とってもお得な月額料金についても知ってほしいのです。今回は本体価格がFLEAZ BEATの4倍ほどのZenFone 5Zと比較してみましょう。

《シミュレート条件》

・FLEAZ BEAT:機種代19,000円の24回分割払い

・ZenFone 5Z:機種代70,000円の24回分割払い

・通信費はmineo「3GB+通話」プラン(1,600円)を利用

・すべて税込、小数点以下は切り捨て

FLEAZ BEAT

ZenFone 5Z

1ヶ月

2,391

4,516

1年(12ヶ月)

28,692

54,192

2年(24ヶ月)

57,384

108,384

(単位は円)

1ヶ月あたりの差は約2,100円です。これが1年(12ヶ月)だと約25,000円になり、2年(24ヶ月)だと約51,000円になります。

通信費はこの先ずっと支払うので、1ヶ月あたり約2,100円の差は、5年で126,000円、10年で252,000円と、想像以上の開きをみせます。

また、あなたがご家族分の端末も一緒に購入するなら、単純にこの数値が倍々で膨れていきます。

もし3人家族なら、

・1ヶ月間で「6,300円」

・5年間だと「378,000円」

・10年間だと「756,000円」

というように、目を背けたくなる差が出てしまいます

日本は世界的に通信費が高いため、コスパのいいSIMフリースマホを使うだけで、ここまで節約できるのです。ちょっとした保険の見直しレベルですよね。

【ポイント4】25ヶ月目からのコストを“キャリア”と比較してみた

さらにSIMフリースマホの良いところは、2年後から機種代が実質タダになる点です。機種代を払い終わると、あとは「通信費のみで運用できる」ということですね。これ、驚くほど安くなります。

反対に通常のキャリア運用だと、2年後(25ヶ月目)からでも大きくは料金が落ちません。これはキャリア特有のカラクリですね。詳細は割愛しますが、少しガッカリするレベルに安くなりません。

では、具体的にどれくらい差が出るかを以下にまとめてたので、見ていきましょう!

《シミュレート条件》

・FLEAZ BEAT(格安SIM運用):機種代19,000円は全て支払い完了後

・ZenFone 5Z(キャリア運用):機種代70,000円は全て支払い完了後

・格安SIM運用はmineo「3GB+通話」プラン(1,600円)

・キャリア運用はdocomo「3GB+通話」プラン(5,700円)

・すべて税込、小数点以下は切り捨て

FLEAZ BEAT(mineo)

ZenFone 5Z(docomo)

1ヶ月あたりのコスト

1,600

5,700

1年間の総コスト

19,200

68,400

2年間の総コスト

38,400

136,800

(単位は円)

同じ機種を使える現実的な限界、3〜4年間を想定してみました。上記の表は、機種代を分割で払い続けた24ヶ月後、つまり25ヶ月目の話です。

1年間の総コストの差は「68,400-19,200=49,200円」です。先ほどの3人家族分ではなく1人分です。少し言葉を失うほどの差ですよね。

続いて、2年間の総コストの差は「136,800-38,400=98,400円」です。2年間で10万円になってしまってます……。

一応確認しておくと、mineoとdocomoのプラン内容はまったく同じです。どちらも「3GBのデータ容量+無料分なし通話プランで計算しています。

もちろんdocomoの方が電波は良いのは否めません。しかし、それに対して年間で約5万円、2年間で約10万円のコストをかけるのは割に合うでしょうか?

私ならコスパがいいFLEAZ BEATのようなスマートフォンを選び、年間5万円の節約分をゲットします。月間だと「5,700-1,600=4,100円」の差が出るので、FLEAZ BEATを使えば月のお小遣いが4千円アップするとも考えられます。

4千円あれば、豪華なランチが数回いただけますし、2ヶ月に1回ならけっこう良い焼肉にだって行けます。この先が、まったく同じプランで叶うのですから、FLEAZ BEATのようなコスパが良いSIMフリースマホの人気が出ているわけですね。

【ポイント5】その他スペック

FLEAZ BEATには他にも3つの嬉しいスペックがあります。

①指紋認証

②着脱式の2,300mAhバッテリー

③DSDS対応

ひとつずつ見ていきましょう。

①指紋認証

上記にもありますが、FLEAZ BEATは指紋認証に対応しています。スッと端末を持つだけでロックが解除されるため、無駄な時間がなくなります。

②着脱式の2,300mAhバッテリー

SIMフリースマートフォンの唯一困るのが、長く使うときのバッテリー劣化。FLEAZ BEATはバッテリーの着脱をカンタンにすることで、あなたがバッテリー劣化を感じたらすぐに交換できます。

③DSDS対応(トリプルスロット)

FLEAZ BEATはDSDS対応(トリプルスロット)です。私用と会社用で2つ以上のスマホを持っている忙しい方なら、とても役立つ機能ですのでぜひ検討してみてください。

FLEAZ BEATの評価・感想まとめ

ここまでFLEAZ BEATの、

・パフォーマンス

・デザイン、ディスプレイ

・コストパフォーマンスについて

・その他スペック

を紹介してきました。

FLEAZ BEATは必要なスペックを確保しつつ、コストが抑えられる理想のスマートフォンです。また、サブ用のスマートフォンがほしいという方にも重宝するでしょう。

コストパフォーマンスが良いAndroidスマートフォンを検討されている方は、ぜひFLEAZ BEATを購入の候補にしてみてください!

FLEAZ BEATを買うならどこ?

 

Android
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書