トリプルスロット搭載|Zen Fone 5Qの魅力を4つのポイントで解説!

Android

「とにかくスペックが良く、どこから見ても美しく、そして良コスパ。」

携帯屋の店員さんを困らせるような、こんなニーズを密かにもっていた方、お待たせしました。

生産が追いつかないほど人気な「Zen Fone シリーズ」のASUSから、

・SIMフリー

・3万円台

・DSDS対応

そして、見た目のデザインが抜群に良い『Zen Fone 5Q』がリリースされました。今回は『Zen Fone 5Q』の良いところを4つ、徹底的に解説してきます!

スポンサーリンク

Zen Fone 5Qの基本スペックはこちら

まずはZen Fone 5Qの基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 7.1.1

CPU

Snapdragon 630

メモリ(ROM)

64GB

メモリ(RAM)

4GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(2TB)

バッテリー容量

3300mAh

画面サイズ

6.0インチ

横×縦×厚み

76×160.5×7.7(mm)

画面解像度

2160×1080

重量

168g

充電/インターフェース

microUSB

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 4.2

認証機能

指紋/顔

カラーバリエーション

ルージュレッド

ムーンライトホワイト

ミッドナイトブラック

3万円台とは思えないほどのスペックを備えています。ではここからは、Zen Fone 5Qがなぜ良いのか?人気なのか?を4つのポイントで紹介していきます。

実際に使った感想、有名サイトの評価・レビュー・口コミも含みながら、徹底的にZen Fone 5Qのすべてを見ていきましょう!

【ポイント1】抜かりないスペックでやりたことを100%やる

まずはZen Fone 5Qの動作に関わるスペックを見ていきましょう。

Zen Fone 5Qのメモリ(ROM)は64GB、またmicroSDXCでの拡張が最大2TB(2000GB)もあるので、容量すべてを使い切るのはむずかしいでしょう。2TBとは、音楽なら400,000曲、高画質の写真なら500,000枚、動画(4k2k)なら6,000分の保存が可能です。

Zen Fone 5Qのメモリ(RAM)は4GBと、3万円台のスマートフォンにしてはハイスペックです。ちなみにRAMとは作業机の広さのイメージで、少し前までは1〜2GBがメインでした。最近はiPhoneをはじめ4GBの余裕あるRAMを積む機種が多くなってきています。

Zen Fone 5QのCPUは「Qualcomm® Snapdragon™ 630」。CPUとは人でいうところの脳に当たります。大容量の4GBメモリ(RAM)と合わせて、高速な処理速度と優れたグラフィックス性能を実現します。

これら3万円台とは思えないスペックによって、あなたがZen Fone 5Qで行うすべての動作はサクサクとしか動きません。マイクラなどのゲーム、重ためのオフィス系ソフト、その他MAPの処理など、今までならイライラしていたその動作も、もうサクサクとしか動きません。

【ポイント2】ハイエンド級のカメラレンズを搭載

[カメラ性能]

背面メインレンズ(F値)

約1600万画素(2.2)

背面サブレンズ(F値)

約800万画素(2.4)

前面メインレンズ(F値)

約2000万画素(2.0)

前面サブレンズ(F値)

約800万画素(2.4)

Zen Fone 5Qの特徴として見逃せないのが、背面にも全面にも2つずつ、計4つのクアッドカメラが搭載されていることでしょう。もちろんレンズの数だけでなく撮影の質もハイクオリティーです。

実際に使った感想、評価は、

・風景がとにかくキレイに撮れる

・自撮りの画角が広く、友達4人くらいなら楽に入る

・4K動画での撮影が3万円台のスマホとは思えない

とかなりの好印象でした。

どうやら4つのレンズの内、サブとして配置されているものが120度の広角レンズらしく、このおかげで奥行きがある、“味”のある写真になっていたようです。

さらにメインレンズには1,600万画素(背面)、2,000万画素(前面)とこれ以上ないスペックが備えられていて、10万円以下のデジカメだともうZen Fone 5Qで代用できると、確信しています。荷物がひとつ減りますし、何枚撮っても受け止めてくれる「大容量メモリ」もあります。

またZen Fone 5Qには、ASUS独自のPixcelMasterテクノロジーが内蔵されており、撮影モードやホワイトバランス調整などのむずかしいことは、全部やってくれます。少し前のスマートフォンでは“手調整”するしかなかった、微妙なところもすべて「Zen Fone 5Q」に任せてください。

それだけで「SNSの写真キレイすぎない?」「これかなり良いやつんでしょ?」と聞かれるような写真が撮れます。実際に有名口コミサイト“価格ドットコム”でもカメラについての評価・レビューは高得点で、平均を大きく越える4.3/5をマークしています。

これ以上の点数を出しているのは、ほぼ7万オーバーのハイエンド端末しかないことを考えると、Zen Fone 5Qの4.3点は総合的に見て、ナンバー1とまではいかないにしても、3本の指に入るのでは?と個人的な感想として持っております。

【ポイント3】希少なトリプルスロット搭載(DSDS)

Zen Fone 5QのSIMスロットはトリプルスロットと呼ばれる、「SIM+SIM+microSD」の3つを併用できる機能を持っています。これは日本のスマートフォンではできるものがごく少数の“レア機能”です。

トリプルスロットがどう便利かというと、

・Zen Fone 5Qの中にTEL番号を2つ持つ

・データ通信用と通話用のSIMに分ける

・私用と会社用の2つのSIMをZen Fone 5Qに入れる

などの使い方が考えられます。

中でもTEL番号を2つ持てるメリットは大きく、Zen Fone 5Qひとつで「TEL番号その1」と「TEL番号その2」両方の着信をキャッチできるのです。たとえばスマホを2台管理しているビジネスマンは、それを1台にまとめられるため、便利さに納得していただけるでしょう。

ただ、ひとつだけ注意したいのが「DSDSに対応しているが、DSDVではない」ということです。これはほとんどの人にはデメリットになりませんが、4Gの高速データ通信と高音質なVoLTE通話を併用したい、マニアな方は気をつけてください。

マニアではなく「ただSIMを2つ併用したいんだ!」という方は、Zen Fone 5Qだと“その夢”が叶えられますので、安心して手に入れてください。明日から、夢のDSDS生活。こういうのってワクワクしますよね。

【ポイント4】Zen Fone がもつ“美しいデザイン”

スペックに対する高評価・レビューが多いZen Fone 5Qですが、実は“見た目”もかなりクールです。「機能性を求めれば、おのずとそれは良いデザインになる」という有名な言葉がありますが、Zen Fone 5Qはまさにこれが当てはまると思うのです。

「丸みのあるエッジ、目を奪われるカラー、深みのある光沢」

Zen Fone 5Qの外観にはスペックに感じる“力強さ”ではなく、どこか水面のような“静けさ”を感じます。どんなモノでもそうですが、おおむねデザインは価格と比例するため、3万円台のZen Fone 5Qが持つこのオーラはなんとも不思議です。

道ゆく人が手に持つスマホって「あ、カッコいいな」とか「あ、ちょっとゴツゴツしてるな」なんて感想を持つこと、ありませんか?スマートフォンは身につけている時間が長く、ひとつのファッション的要素があるはずなんです。

ですので、Zen Fone 5Qの“美しさ”や“上品なカラーリング”は、この機種をあなたが持つ大きな理由になるかもしれません。スペックとデザインのある意味でのアンバランス。Zen Foneシリーズが持つ独特のオーラに惹きつけられている人の気持ちが、ようやくわかりました。

ZenFone 5Qは本体カラーを3色から選択いただけます。

Zen Fone 5Qの評価・感想まとめ

今回は「Zen Fone 5Q」について、

・動作に関わるスペックの良さ

・カメラのずば抜けた性能

・トリプルスロットについて

・デザインの美しさ

の4つのオススメポイントを紹介しました。

Zen Fone 5Qは2018年登場の機種の中でも「機能」「デザイン」「価格」の総合評価が、ダントツで高いです。各所の高評価・レビューにも使ってみて、かなり納得できました。

SIMフリースマートフォンをお探しの方で、端末3万円台の条件ならぜひ「Zen Fone 5Q」を手にとってください。頭ひとつ抜けてオススメです。

Zen Fone 5Qはどこで買える?

 

Android
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書