iPhone8への乗り換え(MNP)に備えよう!バックアップとデータ移行方法の確認。



iPhoneの新機種発表会の日程が公式発表されました。
日時は現地時間2017年09月12日午前10時(日本時間では2017年09月13日午前2時)
「Apple Special Event」というイベントです。

会場は、2017年4月にオープンしたクパティーノ新本社Apple Park内のイベントホールである「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」です。
またApple社のWebサイトでは発表会のライブ中継も実施される予定です。

この日を心待ちにしていたiPhoneファンの方には、一週間後が待ち遠しいですね。
この日が新しいiPhoneはiPhone8なのかどうかは正式に公表されてはいませんが、
おそらく、新iPhoneの発表からそれほど日数もかからず販売日の告知、予約受付日時が公表されると考えられます。

新機種が出るタイミングには、話題の機種をいち早く利用するために乗り換えを行う方が多いです。
本記事ではMNPや携帯の乗り換え方法をおさらいをしていきます。iPhone8の発売に備えていきましょう。

スポンサーリンク

1.iPhone8乗り換え(MNP)の前に。〜しっかりやろう、データのバックアップ。〜

iPhone8への乗り換え(MNP)をする前に怠ってはならないのが、
現在使っているスマホ端末データのバックアップです。

これを疎かにすると、せっかくiPhone8に乗り換え(MNP)しても、
大切なデータがなくなってしまったときに、取り返しがつかなくなることがあります。

今のスマホに入っている連絡先、今までの思い出の写真や動画、ダウンロードしたファイルなど、
失われては困る!というものはきちんとバックアップをとるようにしましょう。

バックアップの方法は、Android端末、iOSとでそれぞれ特徴がありますので、
ご自身の利用端末に沿った方法でバックアップするようにしましょう。

広告  楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます

バックアップの方法:Androidの場合

バックアップ方法には2種類あります。

  • OS標準のバックアップ機能を用いる方法
  • バックアップアプリを用いる方法

特に、OS標準のバックアップ機能は、本体のみで設定できるためお手軽です。

ではさっそく、それぞれ解説していきましょう。

バックアップ機能を用いた方法について

事前準備として、Googleアカウントをあらかじめ設定しておきます。

手順は以下の通りです。

歯車マークの「設定」アプリを開く

「バックアップとリセット」をタップ


「データをバックアップ」という項目が表示されるのでこれをONにする。


自動バックアップが開始

標準のバックアップ設定は完了です。

ただし、この方法でバックアップされるデータは、

  • Wi-Fiパスワード
  • Googleカレンダー
  • Gmailの設定
  • Google Playでインストールしたアプリ等

主にGoogleアカウントと紐付けされているもののみが対象です。

バックアップアプリを用いた方法について

次にアプリを利用したバックアップの方法についてです。手順は以下の通りです。

バックアップアプリをインストール

アプリを開く

バックアップをスタート。

バックアップデータを作成とい手順です。

アプリはGooglePlayなどでバックアップソフトを検索し
バックアプリの例は下記ですが、たくさんあるのでお好みのアプリをインストールすると良いでしょう。

などがあります。

バックアップの方法:iPhoneの場合

続いてiPhoneののバックアップ方法についても簡単に説明します。

iPhone端末の機能を利用したバックアップ

iPhoneの場合は以下の通りです。

「設定」

「iCloud」

「ストレージとバックアップ」でバックアップを有効にする

自動的にバックアップが開始となります。

「ストレージとバックアップ」から「今すぐバックアップを作成」を選択すれば、手動バックアップも可能です。

ただ、iCloudは無料版だと5GBと容量制限がありますので、
なるべく容量の軽いデータ(アドレス帳など)や、
どうしても残して置きたい写真等、データを選びながらバックアップするのがベターでしょう。

残しておきたいデータの選択は、オン・オフで切り替え可能です。

iTunesを利用したバックアップ

または、iCloudを使用せず、iTunesを使用したバックアップも可能です

  1. iPhoneに接続
  2. iTunesを起動。
  3. 自動的にiPhoneが認識され、右上にマークが表示
  4. このiPhoneのマークをクリックする
  5. iPhoneの管理画面に移行
  6. ここでバックアップの作業開始!

まず、すべてのデータを残しておきたい場合は、
バックアップ先として「このコンピューター」を選びましょう。
「いますぐバックアップ」をクリックすると、データがiTunes上にコピーされます。

ちなみにGoogleのGoogle フォトというサービスでは、
無料で写真をバックアップできます。なんと容量は無料。
Googleの機械学習のたまものか、検索の精度も高いため、画像データはGoogleフォトに移行するというのもひとつの手です。

広告  楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

iPhone8乗り換え(MNP)に役立つ知識 データの移行

乗り換え(MNP)が完了したら、最後はバックアップしていたデータを移行しましょう。
ここではiPhoneからiPhone8へのデータ移行と各キャリアのAndroidからiPhoneへの移行を解説します。

iPhoneからiPhoneへの移行

連絡先、写真、音楽、動画等のデータをiPhoneからiPhoneへのデータ移行をしたい場合ですが、
パソコンを利用できる環境であれば、iTunesを活用することをオススメします。

iTunesは全てのデータをPCに保存し、簡単にiPhoneにデータを転送することができるので便利です。
但し、ミュージックライブラリの音楽はiTunesで復元できませんので注意が必要です。
この場合、再度ダウンロードを行うか、もしくはiTunes経由で転送をし直す必要があります。

iTunesでのデータ移行の手順はまず、旧iPhoneをPCに接続するところから始まります。
そして、iTunesを起動し画面右上にある「iPhone」をクリックすると、接続した旧iPhoneの設定画面に切り替わります。

続いて「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを選択します。
データ移行先のiPhoneをiTunesに接続したら、「新しいiPhoneへようこそ」画面が表示されますので、「バックアップから復元」を選択します。

そして、バックアップ元のデータを選択し「続ける」をクリックし、
バックアップにかけられた暗号を解除するパスワードを入力しOKをクリックします。これでOKです。

この作業をしている間は接続しているケーブルは抜かないよう注意してください。

パソコンを利用せずiCloudでiPhoneからiPhoneへ引継ぐには旧iPhoneのデータをWi-Fi経由でiCloudにアップロードし、新しいiPhoneに復元します。

バックアップしたデータを新しいiPhoneへ移行するには新しいiPhoneリセットします。「設定」→「一般」→「リセット」の手順でリセットができます。

リセット後に「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ、iPhoneのパスコードを入力、「iPhoneを消去」を2回タップしApple IDとパスワードを入力して「消去」をタップすると新iPhoneが初期化されます。

初期化が完了し設定アシスタントが表示されたらWi-Fiに接続します。
「iPhoneを設定」が表示後、「iCloudバックアップから復元」をタップして、Apple IDとパスワードを入力し「次へ」をタップします。

利用規約に同意後、バックアップを選択しバックアップデータをタップし復元を開始します。
復元完了後[続ける]をタップします。その後Apple IDのパスワードを入力すればOKです。

iCloudを利用の際はWi-Fiが安定した環境で作業をしましょう。
Wi-Fiが切れるとダウンロードが中断されてしまうので気をつけてください。

iCloudは無料で5GBまでは利用できます。
しかし、容量が不足するとバックアップができなくなります。
容量がオーバーした場合は容量を追加購入する必要が出てきますのでiCloudの容量にご注意ください。

AndroidスマホからiPhoneへのデータの移行

AndroidスマホからiPhoneへのデータの移行方法は、
キャリアによって若干方法が違うので、それぞれのキャリアでの移行方法をご案内します。

docomoのiPhoneへの乗り換え方法

docomoスマホ(Android)からiPhoneへのデータ移行には

  • 連絡先と画像、動画のすべてを移行する場合
  • 連絡先のみの移行の場合

の2通りがあります。
いずれも「dアカウント」と「Apple ID」を取得する事と、Wi-Fiに接続することが必要です。

参照:docomoスマホからiPhoneへの移行

連絡先と画像・動画を移行する場合

まずiPhoneで「データ保管BOX」の利用設定をします。
手順は以下の通りです。

  1. iPhoneアプリの中から「App Store」を選択
  2. 「データ保管BOX」を検索
  3. 「インストール」を選択。
  4. 「開く」を選択
  5. 利用許諾を確認し「同意する」を選択
  6. 「dアカウントでログイン」を選択
  7. dアカウントのIDとパスワードを入力し「ログイン」を選択
  8. ホームボタンを押しホームに戻る

これでデータ保管BOXの利用設定が完了です。

iPhoneでの作業完了後、docomoスマホに「JSバックアップアプリ」をインストールし、
JSバックインストールが完了したら「JSバックアップ」で「データ保管BOX」を使用し、データのバックアップをとります。

続いて「dアカウントのログイン画面へ」を選択して、
dアカウントのIDとパスワードを入力しログインします。
「JSバックアップ」との連携確認画面が表示された後、「許可する」を選択します。

そして「バックアップ先の選択」画面でクラウド、データ保管BOXが選択されている事を確認して
「設定」を選択したら、移行したいデータにチェックを入れ確定します。
スタートを選択しバックアップ後、データを復元させます。

データ復元方法は、新しいiPhoneに「JSバックアップ」をインストールし、
インストール後、使用許諾に同意したら「復元」を選択しバックアップ先の変更を選択します。

クラウドサーバー利用許諾に同意した後は
バックアップ先に「データ保管BOX」を選択し「データ保管BOX」のダウンロード案内を読み「開く」を選択します。

ホームボタンを押しホームへ戻りJSバックアップを選択し、
dアカウントIDとパスワードを入力しログインし「JSバックアップ」との連携
確認表示画面で「許可する」を選択します。

「データ保管BOX」が表示されていることを確認した後、
復元ファイルの変更を選択し復元したいファイルを選択するとdocomoスマホから
iPhoneへのデータの移行は完了です。

連絡先のみの移行したい場合は、JSバックアップでバックアップし復元するのではなく
「かんたんデータ移行」を選択します。「かんたんデータ移行」を選択後、データを取り出すを選択し、無料プランを選択します。

データ取りこみ時のパスワードを設定します。
「データ取りだしスタート」を選択するとQRコードが表示されますので、
このQRコードを読み取れば新しいiPhoneへ連絡先をデータ移行する事ができます。

auの場合

auスマホからiPhoneへのデータ移行は「Move to iOS」を使用します。
「Move to iOS」はAndroidスマホからiPhoneへのデータ移行と復元を簡単に実行できます。
(※「Move to iOS」はGoogle Playで入手可能です。)
参照:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.apple.movetoios&hl=ja

「Move to iOS」でAndroidからiPhoneへ移行・復元できるものは

  • 連絡先
  • カレンダー
  • メールアカウントメッセージの履歴
  • ブックマーク
  • カメラロールの写真
  • ビデオ
  • インストール済みの無料アプリ

などです。

移行方法の手順

まずはじめはAndroidからデータを送る準備です。

  1. Androidを安定したWi-Fiネットワークに接続して、「Move to iOS」をダウンロード
  2. ダウンロードしたらアプリを起動
  3. 下記の手順で操作
    1. 「iOSに移行」
    2. 続ける
    3. 利用規約に同意
  4. 「コードの検索」画面が表示されます。このあと説明するiOSの手順の中で、iOS側に表示される10桁のコードをここで入力します。
  5. なので、一旦Androidはこの状態で待機。

次にiPhone側でデータを受信する準備に移ります。

  1. 地域や使用言語、利用するキーボードを設定、Wi-Fiネットワークを選択し接続。※ちなみにau Wi-Fiスポットのエリア内では自動的に接続されます。
  2. その後、位置情報サービスのオン・オフを選択します。
    (※位置情報サービスは「iPhoneを探す」等を使用する場合に備えてオンにしておいた方がベターでしょう。)

「Touch ID」を今設定するか、後で設定するかの確認画面が表示されます。
もし「Touch ID」を設定する場合は
iPhone本体のホームボタンに指先をあて画面の指示に従って、ホームボタンに指を当てる→離すという動作を繰り返しiPhoneに指紋を認識させます。

「Touch ID」を設定しない場合は「Touch IDを後で設定」をタップします。

次にiPhoneの画面ロックを解除する暗証番号(パスコード)を6桁の数字で設定します。
「APPとデータ」画面まで進めて「Androidからデータ移行」をタップすると画面が切り替わりますので「続ける」をタップ。
すると10桁のコードが表示されます。

この数字を移行元のauスマホに入力すればiPhoneへの移行準備は完了します。

「Move to iOS」起動中のauスマホに10桁のコードを入力します。
「コードを検索」画面で、「次へ」をタップ、
「iOSに移行」画面で「続ける」をタップします。

auスマホとiPhoneが接続できたら
「データを転送」でiPhoneに移行したいデータを選択します。

「次へ」をタップすると、iOSへのデータ移行が開始されます。

データ移行が完了すると
「転送が完了しました。データが新しいiPhoneまたはiPadにコピーされました。」
というメッセージが表示されます。

iPhoneへ移行中は完了するまで他のAPPに切り替えたり、
デバイスをオフしないようにして下さい。
「転送が完了しました」と表示がされたら「iPhoneの設定を続ける」をタップします。

Siriなどの初期設定を完了させると、「ようこそiPhoneへ」という画面が表示されます。
「さあ、はじめよう」をタップすれば移行は完了です。

SoftBankの場合

SoftBankスマホからiPhoneへの移行の場合も、前述の「Move to iOS」での移行が可能です。
操作手順はauと同じです。SoftBankへ乗り換え(MNP)したら「安心バックアップ」を利用しましょう。
参照:あんしんバックアップ

「あんしんバックアップ」は、専用アプリから簡単にデータをSoftBankが管理するサーバーに保存することができ、
保存したデータをiPhone やスマホ、4G ケータイ等に戻すことも可能です。

SoftBankのiPhoneへ機種変更後に「あんしんバックアップ」を利用すると、
データのバックアップや次回の機種変更時のデータ移行がスムーズになります。

広告  楽天モバイルはドコモネットワークだから高品質

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする