楽天モバイルを海外で使う場合の基礎知識と注意点

格安SIM

大手3キャリアのスマートフォンは国際ローミングサービスなどの海外に持って行った場合も普段通り利用する事のできるサービスを提供していますが楽天モバイルのような格安SIMの通信事業者はどういったサービスを提供しているのでしょうか。

今回は海外へ頻繁に旅行するような方でなければ気にする事が無いので意識されない状態になりがちな楽天モバイルを海外で使う方法と注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

楽天モバイルには国外で使うための「海外SIM」がある

ただでさえ海外で使う場合は料金体系ががらっと変わってしまい混乱しがちな通信サービスですが、楽天モバイルでは海外で利用するためのSIMカードが「海外SIM」という名前で提供されています。

出典:楽天モバイル

月額料金も海外で使う通信サービスとしてはとても安く、SIMを挿し替えて転送設定をすると海外でも普段通りの電話番号で通話が出来るようになっています。

現地でレンタルするような通信サービスとも違って日本語でのサポートもあるので、楽天モバイルを海外で使う場合はこの「海外SIM」を使うと便利です。

楽天モバイル「海外SIM」の利用料金は?

楽天モバイルの海外SIMは一般的な国際ローミングサービスの通信料金とは別の料金体系になっていて、楽天モバイルは海外でも格安で利用する事ができます。

出典:楽天モバイル

海外SIMの料金は基本的に「SIMカードの代金3000円」と一定のデータ通信量や通話料を一つのパッケージとして購入する「地域別パック」または、地域別パックの対象になっていない地域での利用や、少しだけ通信できれば十分だという方向けの「クレジット」という料金体系が利用できます。

地域別パックの料金は「データ通信」と「通話+SMS」の2つに分かれて購入する事が出来ます。

出典:楽天モバイル

例えば1週間の海外旅行だと想定して、不便なく使える通信量と無料通話を購入したとしてもデータ通信料金が500MBの通信量でおよそ4~5000円、通話に関しては100分+SMS100通のパックを購入したとしておよそ3~4000円なので一回の旅行で10000円もあれば不便なく海外でスマートフォンを使ったコミュニケーションが取れるでしょう。

この地域別パックは対象になっている地域も広く、日本人渡航者が多い地域の90%以上をカバーしています。

出典:楽天モバイル

地域別パックとは別に少しだけ使えればそれで充分という方や、地域別パックの対象外になっている場所で通信するための料金プランが「クレジット」です。

出典:楽天モバイル

イメージとしてはプリペイドケータイを想像してもらうと分かりやすいかと思います。

基本的には従量課金制となっていて使ったら使った分の料金が予め購入していたクレジットの残高から課金されていく形式です。

基本的な料金設定もその地域によって様々で1MBあたりのデータ通信料金でも18円から743円まで開きがあります。

非常に高額な地域は地域別パックの対象にもなっていない場所なので渡航する方も限られると思いますが、クレジットの利用を前提として海外に行くのであれば必ず公式サイトで通信料金の確認をしておきましょう。

海外で日本の楽天モバイルの番号が使える「日本番号」サービス

出典:楽天モバイル

楽天モバイルの海外SIMでは日本の電話番号を購入して、海外にいても日本からかかってきた電話を格安で受信する事ができる「日本番号」というサービスがあります。

このサービスではそれ以外に、日本番号を購入して取得した電話番号に対して転送設定をかけることで電話番号を変えることなく利用することができます。

注目 楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

現地の電話番号を取得することで現地の人とのコミュニケーションがとりやすくなる「渡航先番号」

日本の番号を購入して、日本からの電話をスムーズにできるようにするサービスが「日本番号」というサービスでしたが、それとは逆で楽天モバイルの海外SIMに現地の電話番号を取得して利用する事で、現地の知り合いが現地の通信料金で電話をかける事ができるようになります。

出典:楽天モバイル

購入できる国は決まっているので渡航先で長期滞在するのであれば十分確認して申込みをしておきましょう。

楽天モバイルの海外SIMを利用する手順

出典:楽天モバイル

楽天モバイルの海外SIMは国内で新規の申込みをするように簡単な手続きですぐに使える状態になります。

最後に楽天モバイルの海外SIMを実際に申し込む時の流れを確認しましょう。

まず楽天モバイルの海外SIMを購入します、基本的にネットで購入される方が多いと思いますが楽天モバイルの海外SIMは楽天モバイルの楽天市場店で購入する事ができます。

通常ネットでの購入手続きから2日程度で届くので、手元にSIMカードが来たら「アクティベーション」を行いましょう。

楽天モバイルの海外SIMポータルサイトがあるので一度サイトにログインして届いたSIMカードに記されている番号を入力していきます。

アクティベーションをすると通信できる状態になりますが海外SIMを国内で通信させてしまうと電波法違反になります、初期設定後は国内で通信をしないように気を付けて下さい。

アクティベーションが済んだらAPN設定と海外SIM用楽天モバイルのポータルアプリがあるのでインストールしてすぐに地域別パックやクレジットの購入などの手続きをできる状態にしておきましょう。

ここまでの設定を済ませたら、渡航先でそのままスマートフォンでの通信ができる状態になります。

楽天モバイルでも国際ローミングサービスは使える?

楽天モバイルには海外SIMがあるので、海外でデータ通信や通話機能をつかうのであればほとんどの方は海外SIMを利用すると思います。

ただ、実は楽天モバイルは海外SIMを使わなくても、ドコモの通信回線を使ったサービスなので国際ローミングサービスが使えるようになっています。

基本的には海外SIMを使うとしても緊急時に楽天モバイルの国内で提供されているSIMカードが国際ローミングサービスに対応している事は保険代わりにでも覚えておいて損はありません。

最後に楽天モバイルで国際ローミングサービスを利用する場合の基本的な料金と注意点を解説します。

楽天モバイルの国際ローミングサービスで最も注意するべきところは「データ通信ができない」ことです。

楽天モバイルのSIMカードはドコモの回線を使っているので国際ローミングサービスをした場合もドコモの「WORLD WING」に準拠したサービスとなりますが、格安SIMの仕様なのか音声通話とSMSのみが対象となっています。

楽天モバイルで国際ローミングサービスをする場合は通話かSMSのサービスを海外でも使う事だと認識してもらえれば間違いありません。

データ通信をする場合は海外SIM、SMSだけの利用や通話だけの利用と割り切っていれば国際ローミングサービスという切り分けをすると選びやすいです。

基本的な国際ローミングサービスの料金体系ですが、通話に関しては各国の通信事業者ごとに料金が変わるので具体的な渡航先が決まっていないと一概に言えません。

国際ローミングサービスのサービス内容は「現地の通信事業者の回線を使って日本の契約で通信する」ことのできるサービスなのでこの場合、ドコモがその地域での料金を決めているというよりは、現地の通信事業者が設定している通信料金に合わせてドコモ(楽天モバイル)へ利用料の支払いをしていると考えると分かりやすいです。

国際ローミングサービスの中で料金も手ごろで比較的使いやすいのはSMSのサービスで、もし国際ローミングサービスを使った連絡をせざるをえなくなった場合はSMSでの連絡をおすすめします。

国際ローミングのSMSは発信が1通100円と金額が決まっているので金銭的な負担も比較的少なく緊急時の連絡手段としてはとても重宝します。

もし、楽天モバイルで渡航先に居る時海外SIMでトラブルが起こった時は緊急用として頭の片隅にでも覚えておいてください。

楽天モバイルで海外でもお得に使おう!

海外向けの通信サービスは渡航の機会が多くないとなかなか触れにくい部分ですが、レンタルできる現地の通信サービスも含めて使い勝手のいいサービスが年々増えています。

楽天モバイルの海外SIMはその中でも代表的なサービスだと思いますので、ぜひ渡航の機会がある方は楽天モバイルの海外SIMを検討してみて下さい。

注目 楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます