楽天モバイルを海外で使う場合の基礎知識と注意点

格安SIM

楽天モバイルでも国際ローミングサービスは使える?

楽天モバイルには海外SIMがあるので、海外でデータ通信や通話機能をつかうのであればほとんどの方は海外SIMを利用すると思います。

ただ、実は楽天モバイルは海外SIMを使わなくても、ドコモの通信回線を使ったサービスなので国際ローミングサービスが使えるようになっています。

基本的には海外SIMを使うとしても緊急時に楽天モバイルの国内で提供されているSIMカードが国際ローミングサービスに対応している事は保険代わりにでも覚えておいて損はありません。

最後に楽天モバイルで国際ローミングサービスを利用する場合の基本的な料金と注意点を解説します。

楽天モバイルの国際ローミングサービスで最も注意するべきところは「データ通信ができない」ことです。

楽天モバイルのSIMカードはドコモの回線を使っているので国際ローミングサービスをした場合もドコモの「WORLD WING」に準拠したサービスとなりますが、格安SIMの仕様なのか音声通話とSMSのみが対象となっています。

楽天モバイルで国際ローミングサービスをする場合は通話かSMSのサービスを海外でも使う事だと認識してもらえれば間違いありません。

データ通信をする場合は海外SIM、SMSだけの利用や通話だけの利用と割り切っていれば国際ローミングサービスという切り分けをすると選びやすいです。

基本的な国際ローミングサービスの料金体系ですが、通話に関しては各国の通信事業者ごとに料金が変わるので具体的な渡航先が決まっていないと一概に言えません。

国際ローミングサービスのサービス内容は「現地の通信事業者の回線を使って日本の契約で通信する」ことのできるサービスなのでこの場合、ドコモがその地域での料金を決めているというよりは、現地の通信事業者が設定している通信料金に合わせてドコモ(楽天モバイル)へ利用料の支払いをしていると考えると分かりやすいです。

国際ローミングサービスの中で料金も手ごろで比較的使いやすいのはSMSのサービスで、もし国際ローミングサービスを使った連絡をせざるをえなくなった場合はSMSでの連絡をおすすめします。

国際ローミングのSMSは発信が1通100円と金額が決まっているので金銭的な負担も比較的少なく緊急時の連絡手段としてはとても重宝します。

もし、楽天モバイルで渡航先に居る時海外SIMでトラブルが起こった時は緊急用として頭の片隅にでも覚えておいてください。

楽天モバイルで海外でもお得に使おう!

海外向けの通信サービスは渡航の機会が多くないとなかなか触れにくい部分ですが、レンタルできる現地の通信サービスも含めて使い勝手のいいサービスが年々増えています。

楽天モバイルの海外SIMはその中でも代表的なサービスだと思いますので、ぜひ渡航の機会がある方は楽天モバイルの海外SIMを検討してみて下さい。

注目 楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます

 

 

 

格安SIM楽天モバイル
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書