楽天モバイルの利用に合わせてメールサービスを上手に活用しよう

楽天モバイル

スマートフォンと言えば大手3キャリアだけが選択肢だった頃はメジャーだったキャリアのメールアドレスですが、楽天モバイルのような格安SIMが非常に人気を集めている昨今はあまり利用されなくなりました。

楽天モバイルでももちろん「楽天メール」というサービスが提供されていますが、もっぱらGmailだけで満足しているという方も多いです。

今回は楽天モバイルのSIMを利用している方のために「楽天メール」の特徴からGmailのようなフリーのメールアドレスと使い分けて利用する方法を紹介します。

スポンサーリンク

楽天モバイルの「楽天メール」はどんなサービス?

楽天モバイルの「楽天メール」は契約者なら無料で利用する事ができるメールサービスで、末尾が「@rakuten.jp」と表示されるメールアドレスを一つ取得する事が出来ます。

保存容量の大きさが特徴的で15GBの大容量メールボックスを持っています。これはGoogleのGmailなどと比べても単純にメールボックスの容量として比較すると無料のメールサービスの中では非常に使える容量が多く便利です。

楽天メールには専用のアプリがありLINEのようなチャットに近いメールのやり取りができます。

このメールアプリは絵文字やデコメールにも対応しているので従来のような自分なりに装飾を付けたメールを送ってコミュニケーションをとるのが好きな方には特にオススメです。

もちろん基本的には大手3キャリアのメールアドレスにもメールを送信できるようになっています。

楽天メールの使い道は?

楽天モバイルを利用していれば登録ができる楽天メールですがLINEやGmailと使い分けるおすすめの方法はいくつかあります。

まずは「本当に限られた特別に親しい人と連絡を取る為のメールアドレス」として使う方法です。

世代によっては「絵文字」や「デコメール」自体を知らない方もいるかもしれませんが、今提供されているメールサービスの中では「絵文字」や「デコメール」がデフォルトで使える連絡手段は結構珍しいです。

LINEのように人との繋がりがすぐに増えてしまうようなSNS形式でもないので特別にプライベートな連絡手段として楽天メールのアプリを利用して、基本的なメールのやり取りはGmailに任せるというのも楽しいと思います。

メールボックスの容量が非常に大きいのも幸いし、特別なメールのやり取りを長い間残しておきながらコミュニケーションを取ることが出来ます。

成人してから秘密のやり取りとしてデコメールや絵文字を活用するのも良いですし、ガラケーが世代ではない学生にとっても逆に新鮮で楽しくやり取りができると思います。

楽天メールのメールアドレスを新しく登録する方法

楽天メールのメールアドレスを登録する初期設定は、楽天モバイルのメンバーズステーションから手続きをします。

まずはメンバーズステーションにログインして「楽天メールご登録」から「お申込みへ」を選択します。

画面の下まで進み楽天メールで利用するメールアドレスの設定画面に入ります。

空欄に自分の使いたいメールアドレスを入力して「お申込みへ」のボタンを選択します。

入力内容の確認画面へ移るので入力された内容に問題がなければ「お申込み」のボタンを押して先に進みます。

これでメールアドレスの登録手続きが完了しました。

メールアドレスの初期パスワードはメンバーズステーションの初期パスワードと一緒になっているので忘れずに覚えておきましょう。

楽天メールアプリの初期設定をしよう

メンバーズステーションで楽天メールの申込みが終わったら楽天メールアプリで実際に「@rakuten.jp」のメールアドレスが使えるようになります。

楽天メールアプリで送受信ができるように早速Google Playストアから楽天メールアプリをインストールしましょう。

※楽天メールアプリはAndroidで配信されているアプリでiPhoneでは利用できません。

インストールが終わり、アプリを開けるようになるとサービス選択の画面になるので、ここで「楽天メール」を選択します。

次に楽天メールの登録情報を入力する画面に移るのでメンバーズステーションで登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

無事ログインが出来れば楽天メールのホーム画面が表示されて設定終了です。

Androidで楽天モバイルを使う時は「Gmail」のメールアドレスも組み合わせて使おう

ここまで楽天メールの登録方法や楽天メールアプリの使い方を紹介してきましたが、記事の冒頭でお伝えした通り格安SIMを利用するユーザーが増えてから年々キャリアのメールアドレスを利用する方が少なくなっています。

これは色々な事情が重なって起きている現象ですがスマートフォンや格安SIMを初めて利用する方のためにキャリアメールとは別に「Gmail」などのフリーのメールアドレスがなぜ必要になるのかを解説していきましょう。

通信事業者のMNP合戦が激しくなるにつれてキャリアメールの設定が面倒になった

最近キャリアで提供されているメールアドレスを利用するユーザーが減っている最大の理由は乗り換え競争の激化にともなって、その度に新しくキャリアメールの設定をするのが面倒になったことが第一の理由です。

ガラケーの時代はそこまで競争が激しくなく長期にわたって機種変更をしながら一つの通信事業者で携帯電話を契約する事が当たり前だったのでキャリアで利用するメールアドレスも契約年数に合わせて長期間使い続けることが自然でした。

ガラケーは機種自体の寿命も長く、機種に愛着を持ちながらその流れでメールアドレスにもこだわりのある方が多くいました。

ただ、iPhoneを代表としたスマートフォンが発売されてから現金のキャッシュバックや端末代金一括0円などのキャンペーンが増えて2年以内の他社への乗り換えが非常に増え、その都度設定が必要なキャリアのメールアドレスより契約と関係なく自由に使えるフリーのメールアドレスの方が使い勝手が良い状況に変わっていきます。

その中でもAndroidスマートフォンを利用している場合はアプリを購入する「GooglePlayストア」などの様々なAndroidの基本サービスでGmailのアカウントが必要になります。

Androidを利用する場合はキャリアのメールアドレスよりもGmailのアドレスの方が使い勝手が良く、長い間無駄もなく使い続けることが出来るので最近はGmailをメインのメールアドレスにして使っているユーザーが増えている理由です。

おすすめの使い方はメインを「Gmail」にしてサブのアドレスを「楽天メール」にする方法

Androidで使える楽天のメールアプリは設定すると楽天メールとGmailの2つのメールアドレスを同時に管理する事ができます。

格安SIMのサービスが主流になり、自分の使う通信事業者が昔と比べて頻繁に変わりやすくなったことからキャリアで提供されているメールアドレスを長期にわたって使うのが実質困難な状況です。

主にAndroidのスマートフォンを使うのであれば特にGmailのアドレスをメインのアドレスとして活用する方が長い目で見ても便利なため楽天モバイルでメールを使う場合もメインのアドレスはGmailで登録する事をおすすめします。

格安SIMの時代に合わせて上手にメールを活用しよう

楽天メールは最初に紹介した通り非常に個人的なメールのやり取りを行うのに適したサービスだと思います。単純にメインのアドレスではやり取りするのが不安なメールであってもキャリアのメールアドレスとしてフィルタリングなどの対処法が多くあり安心して使えます。

メールボックスの容量の大きさからも非常に使い勝手のいいメールサービスなのでぜひGmailのアドレスと一緒に使ってみて下さい。

注目 楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます