子どもに安心と家族の心配を守る「TONE」はどういうサービスなの?

格安SIM

(引用: http://tone.ne.jp/about/)

子どもでもスマホを持たせることが当たり前になりつつある昨今ですが、

スマホには子どもには有害なことが多くあります。
例えば有害なサイトを閲覧、出会い系アプリや高額な使用料が発生するサイトの利用、
子どもがどこにいるか心配…など不安の種はつきません。
そこで安心して子どもに使ってもらえるスマホとサービスをご紹介します。
そこで、高品質なサービス、端末を販売しているTSUTAYAのMVNOである「TONE」について
解説をしていきます。

子どもに「安心できる」スマホを安い月額料金で持たせたい

キャリアのスマホでもキッズ携帯がありますが、どうしても月額料金が高いという問題があります。料金を抑えるならMVNOなのですが、子ども向けのMVNOはありません。
その点を解消したのが「TONE」です。

時間制限ロックのアプリで制限をかけるだけでは不十分

androidアプリ、iOSアプリに利用制限をできるアプリがありますが、どのアプリも不具合や使用中に落ちてしまうなど品質に問題があり安心を得るにはまだまだという印象です。
そこで、子ども向けにしっかりと作られた「TONEスマホ」専用サービス「TONEファミリー」を利用する方がよいでしょう。
スポンサーリンク

子どもと親が安心できるスマホ・サービス「TONEモバイル」とは

それでは子どもと親が安心できる「TONEモバイル」・「TONEサービス」を解説していきます。

「TONEサービス」はお墨付きを貰いました

MVNOで唯一、全国子ども連合会に推奨され、(https://www.kodomo-kai.or.jp/blog/tone)
TONEの子ども見守り機能「TONEファミリー」は、スマホサービスとしてはじめて東京都に推奨されました。

ファッション雑誌「VERY」とコラボをしました

30代前半から40代前後の女性をターゲットにしたファッション雑誌「VERY」と共同理念の元、ママの”あったらいいな”を実現し、「小学生のスマホは夜10時まで。」を掲げました。
そしてその理念を達成するため、「TONEサービス」は主に以下のことを成し遂げることを目指しました。
  • 友達同士のトラブルの原因を防ぐ
  • スマホばかり触って勉強しないなどの不安の解消をする
  • でも子どもは使いたい。そんな悩みを解決しようという試み
  • 12歳以下の場合、「午後10時から午前6時」まではスマホが使えないようにする

TONEモバイルのメリット

「TONEファミリー」は、子どもだけでなく家族の安全を守るサービスです。
子どもに安心して渡せる、子どもを危険から守る、家族でコミュニケーションをとる、子どもにスマホを賢く正しく使う方法を学 ばせることができます。

メリット1: 子供の位置情報を把握できる

GPSで位置情報の確認が簡単にできます。普段と帰宅の時間が遅くなっても位置を
確認する事で不安な時間をなくし、家族の安全を守ります。

メリット2: 子供とスマホの距離感を適度に保てる

有害なサイトを遮断する Web フィルタリ ング機能があり、アプリのダウンロードや 購入を制限できます。
ダウンロードやアプリ購入には設定したパスワードが必要なので、高額請求や出会い系アプリなどに触れることを防げます。

メリット3: スマホの使う時間やアプリに利用の制限を設定できる

利用する時間もアプリごとに設定ができます。
ゲームは1日1時間、SNSは夕方まで…など時間帯を設定することで、利用の制限が可能です。

メリット4: 歩きスマホができないように設計されている

大人でも問題になっている歩きスマホ。最近は歩きスマホによる事故が多くなっています。
TONEファミリーでは、歩きスマホをしていると警告機能で設定したアドレスに通知が行き、
画面に警告を表示して歩きスマホを防いでくれます。

メリット5: その時々にぴったりの安心なスマホにカスタマイズできる

小学生のときは登録した連絡先への連絡や、使用するアプリを制限する。中学生になったら利用時間だけを制限するなどといったカスタマイズが可能です。

親子のコミュニケーションの新しいかたち

緊急なことや大事な事を確実に伝えられるように

大事な伝言や緊急事項のメッセージは、子どもが確認をするまで画面に表示され続けるので、
子どもが読まないと画面から消えることがなく、伝えたい事を確実に伝える事ができます。

スマホをノックしてコミュニケーションをとれる

TONEファミリーに加入しているTONE端末同士で使える「エアノック機能」
スマホの画面に出ているドアの絵を「コンコン」とノックをすることで、まるで部屋のドアをノックしているかのようなコミュニケーションがとれる機能です。
たとえば、1 回ノックは「電話していい?」、 2回ノックは「メールの返信ちょうだい」 などのルールを決めることで、TONE モバ イルが家族間のコミュニケーション手段に なります
5回続けてノックしたら、緊急連絡モードになるので不安の軽減につながります。

子どもの成長に合わせてアプリを増やしていける

子どもには親へ「アプリのダウンロード・購入のリクエスト」機能があります。
子どもからのアプリのダウンロード・購入のリクエストを親が確認をして、
子どもと相談しながらアプリのダウンロード・購入などをおこなう事ができます。

親子でスマホの正しく賢いスマホの使い方を学べる

子どもからリクエストのあるアプリを親子で確認し、そのアプリについて親子で勉強できます。
親子の勉強を通じて、有用なアプリの選び方や使い方を学んだり、危険な使い方をしないように教えるなどネットリテラシーの勉強を一緒にできます。

料金体系について

気になる料金ですが、基本月額1,000円とお財布に優しい金額になっています。
子どもに持たせるスマホの料金を抑えたい親にはとてもよいプランですね。
それでは詳しい料金プランを解説していきます。
 料金体系はシンプルに1プランです。MVNOの一般的なプランにある、データ通信容量専用プランや音声通話とデータ通信のプランなどの複雑なものはありません。
  • 基本月額プラン 1,000円(税抜)
  • データ通信容量 容量無制限
  • 通話 IP電話(050)
  • サポート TSUTAYA店舗サポート・電話サポート(年中無休)・スマホ教室・遠隔サポート
どのくらい節約できるの?
現在使っている大手キャリアの月額料金が7,500円と仮定します。
TONEモバイルは月額プラン(1,000円)だけなので、これにIP電話かけ放題オプション(500円)と端末の保険オプション(500円)をつけても合計2,000円です。
よって、毎月5,500円、1年間で約66,000円の節約ができます。
TONEモバイル 料金シュミレーター

オプションについて

より使いやすくするオプションも用意されています。自分に合ったプランを組み合わせてより使いやすくしてみましょう。
  • TONEファミリーオプション  0円
    「スマホの利用状況や利用制限の管理」ができるオプションです。
  • IP電話(050)かけ放題
    家族がTONEスマホ・サービスを利用していれば家族間の050通話は無料になります。
  • IP電話(050)かけ放題オプション 500円/月
    IPアプリから発信する10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題になるオプションサービスです。
  • SMSオプション 100円/月
    SMSを利用したければ、100円追加で利用することができます。
  • 090音声オプション 953円/月( 通話料 18円/30秒)
    090、080、070番号での通話を利用した方、090、080、070番号からMNPで転入した方のオプションです。
  • 高速チケットオプション 300円/1GB
    動画を快適に視聴したい場合に、スマホを高速通信に切り替えるサービスです。31日ごとに10回10GBまでチャージすることができます。
  • 端末故障に対する「安心オプション」 500円/月
    万が一、商品破損、盗難時に該当の交換をおこなうオプションサービスです
  • Wi-Fiオプション 632円/月
    全国約69,000ヶ所でWi-Fi接続の利用ができるサービスです。

手厚いサポートがある

電話とメールだけというMVNOが多いなか、電話だけでなく対面でもサポートが受けられるなど、手厚いサポートがあります。

  • 電話でのサポート(24時間)
    オペレーターと会話しながら、サポートを受けられます。
  • オペレーターの遠隔操作でサポートを受けられます。
  • TONEモバイル取り扱いをしているTSUTAYAの店舗で、対面サポートを受けられます
  • 定期的に「スマホ教室」が開催されていて使い方学習、対面サポートが受けられます。

 現在おこなわれている申し込みキャンペーン

・2台同時以上同時契約で、基本プランが月額6ヶ月無料になります。
 *2017年8月1〜10月1日までの申し込み対象です

どこで買えるの?

オンライン・TSUTAYAの店頭、電話の3種類の方法で購入する事ができます。