ミドルレンジのSIMフリー|AQUOS sense plus SH-M07を買うべき4つの理由

Android

SIMフリーを探していると、

「機能はいいけど値段が高い」

「安いけどほしい機能がない」

のように“高すぎ”か“安すぎ”しかないことに気付きます。

今回はちょうど良い感じのミドルレンジスマホ、『AQUOS sense plus SH-M07』を買うべき4つの理由を、オススメポイントとして紹介します!『AQUOS sense plus SH-M07』の魅力を、コスパの良さを、存分に感じてください。

スポンサーリンク

AQUOS sense plus SH-M07の基本スペックはこちら

まずはAQUOS sense plus SH-M07の基本スペックを確認しましょう。

キャリア

SIMフリー

OS

Android 8.0

CPU

Snapdragon 630 SDM630

メモリ(ROM)

32GB

メモリ(RAM)

3GB

外部メモリ(最大)

microSDXC(400GB)

バッテリー容量

3100mAh

画面サイズ

5.5インチ

横×縦×厚み

71×151×8.9(mm)

画面解像度

2160×1080

重量

157g

メインレンズ(背面)

約1600万画素

メインレンズ(前面)

約800万画素

充電/インターフェース

Type-C

SIMサイズ

nanoSIM

無線LAN規格

802.11 a/b/g/n/ac

テザリング機能

あり

Bluetooth

Bluetooth 5.0

イヤホンジャック

あり

認証機能

指紋

防水・防塵

IPX5/IPX8

カラーバリエーション

ホワイト

ベージュ

ブラック

ミドルクラスのスマートフォンとして、しっかり腰を据えたスペックでしょう。最大400GBのmicroSD対応、バッテリー3100mAh、高速Wifi(ac)対応はとても印象が良いですね。では、さっそくAQUOS sense plus SH-M07の、これだけは知っておきたい、4つのポイントを見ていきましょう。

【ポイント1】見やすく操作しやすい“IGZO”ディスプレイ

スマートフォンと人の接点は「ディスプレイ」です。“見る”も“触る”もディスプレイを通さなければ、何もできません。ですので、素晴らしいスマホには、素晴らしいディスプレイが搭載されています。

SHARPは、ディスプレイをよりブラッシュアップするため、AQUOS sense plus SH-M07に「IGZOディスプレイ」を搭載しました。IGZOとはSHARPが社運をかけ、実用化に成功した液晶テクノロジーです。

むずかしい話を抜きに、あなたがIGZOディスプレイから得られる3つの利点を、見ていきましょう。

①より粒が細かく、優しく豊かな色彩表現

スマホ液晶は多くの粒からできています。IGZOディスプレイはこの粒数をより高密度にし、キレイで優しいディスプレイを実現しました。

表現力がいる3Dゲームから写真、動画にいたるまで、IGZOディスプレイだからこそできる色彩表現を存分に体感してください。今ハマっているゲームも、IGZOディスプレイならもっとキレイに、そして目に優しくプレイできます。

②革命的なエコ設計により大きくアップした電池持ち

IGZOディスプレイ最大のメリットが、この“省エネ化”です。実はバッテリー消費のほとんどは、液晶の輝きが原因です。例えば、液晶を輝度レベル10%(暗い)と90%(明るい)では、その持ちが数倍変わってくることはご存知でしょうか。

IGZOディスプレイは消費エネルギーを「5分の1から10分の1にできる」と公言しています。価格ドットコムの評価・レビューでも、バッテリーの高評価が多く見られるのは、実はIGZOディスプレイのおかげだったのです。

ディスプレイをずっと明るくしたいのに、バッテリーのために暗くして使う。目にも優しくありません。このような間違ったエコは、AQUOS sense plus SH-M07さえあれば不要です。

③タッチパネル反応の劇的な改善

IGZOディスプレイの3つ目の利点は“ラグのないタッチパネル”です。タッチ反応をより早くキャッチできる技術により、あなたのタッチひとつひとつを正確に迅速に、美しい液晶へと反映させます。

このIGZOディスプレイの反応の良さは他社からも認められ、新型iPadへの搭載も検討されているほどです。スマートフォンの中には、タッチからコンマ1秒遅れて反応するものがあります。もし、あなたがそのストレスを感じているなら、IGZOを搭載したスマホをぜひ触ってみてください。

【ポイント2】おサイフケータイにしっかり対応

AQUOS sense plus SH-M07は「おサイフケータイ」にバッチリ対応してます。SIMフリースマホを探しているあなたならご存知かもしれませんが、SIMフリーだと「おサイフケータイ」付きが見つからないのです。

なぜなら「おサイフケータイ」は日本独自の機能だからです。当然、HUAWEI、SAMSUNGなどの海外メーカーのSIMフリースマホには、「おサイフケータイ」が搭載されていません。

そのため「おサイフケータイ」対応のSIMフリーは、それだけで希少です。さらに、ここからデザイン、高画質、高性能、コスパと絞っていくと、AQUOS sense plus SH-M07が最良の候補となります。

実際に「おサイフケータイ」を使っている方は、この便利機能をなかなか諦められません。それほど、ピッとするだけですべてこなせる「おサイフケータイ」は魅力なのです。

ここで「おサイフケータイ」の3つの便利ポイントを確認してみましょう。

・手にもったスマホだけで買い物できる

・Suica、WAONなどカードを電子化できる

・タッチ会計のスピードが格段に早い

コンビニでの買い物や電車に乗るときなど、今までICカードを使っていた方は、これからAQUOS sense plus SH-M07にすべてお任せください。明日から、その1枚、2枚分の厚みを無くして財布をスッキリさせましょう。

また「おサイフケータイ」の隠れた利点が、決済の早さです。似た技術にNFCがありますが、両者のスピードは目に見えるほどの差があります。

実は普段使っているSuicaなどのICカードはNFCではなく、おサイフケータイと同じ技術が使われています。なぜなら“スピーディーだから”です。ですので、スマホ決済をスピーディーに済ませたい方は「おサイフケータイ」付きのAQUOS sense plus SH-M07を、ぜひ試してください。

【ポイント3】コスパ最高クラスのミドルレンジスマホ

AQUOS sense plus SH-M07のアピールポイントとして、見逃せないのがコスパの良さでしょう。4万円代のお求めやすい価格と、良い意味での性能ギャップが、AQUOS sense plus SH-M07最大の特徴です。

ですので、SIMフリースマホを探しているあなたに「ハイエンド機種と比べて、月額や総額にどれほど差が出るか?」を知ってほしいのです。今回はハイエンドSIMフリー機の、iPhone8(256GB)と比較してみましょう。

《シミュレート条件》

・AQUOS sense plus SH-M07:機種代45,000円の24回分割払い

・iPhone8(256GB):機種代110,00円の24回分割払い

・通信費はmineo「3GB+通話」プラン(1,600円)を利用

・すべて税込、小数点以下は切り捨て

AQUOS sense plus SH-M07

iPhone8(256GB)

1ヶ月

3,475

4,583

1年(12ヶ月)

41,700

54,996

2年(24ヶ月)

83,400

109,992

5年(60ヶ月)

208,500

274,980

10年(120ヶ月)

417,000

549,960

(単位:円)

1ヶ月あたりの差は約1,100円です。これが1年(12ヶ月)だと約13,000円になり、2年(24ヶ月)だと約26,000円になります。

端末料金を含めた通信費は、長いスパンで考えるとより効果的です。その視点からだと、24ヶ月で約26,000円の差はそこそこの差と言えるでしょう。

さらに、通信費はこれから数十年と払い続けるため、1ヶ月あたり1,100円の差は、5年で66,000円、10年で132,000円と広がっていきます。また、ご自身だけでなく家族分も考えているなら、2倍、3倍、4倍……と膨れ上がります。

もし、これが4人家族であれば「132,000円×4=528,000円」の差となります。528,000円あれば、何ができるでしょうか?ずっと欲しかったバッグや時計、最新のパソコン、または海外旅行へ2〜3回行けてしまう金額です。

ハイエンドとミドルクラスのスマホ性能は、劇的には変わりません。むしろ必要なスペックとコスパを考えれば……と感想をもつ、私のような方も多いのではないでしょうか?

5年も6年も、同じものを使うわけではないスマートフォン。これに5万円以上の価値を見つけるのは、本来むずかしいはずです。

【ポイント4】その他の嬉しいスペック

AQUOS sense plus SH-M07には他にも4つの嬉しいスペックがあります。

①防水(お風呂対応)

②指紋センサー

③高性能CPU

④イヤホンジャック搭載

ひとつずつ詳細を見ていきましょう。

①防水(お風呂対応)

AQUOS sense plus SH-M07は「IPX5/IPX8」と、お風呂でも使える防水機能がついています。今までは連れて行けなかったところにも、スマートフォンを持っていってあげてください。

②指紋センサー

AQUOS sense plus SH-M07は高感度の指紋センサーを搭載しています。面倒な4桁数字の入力や、図形パターンでの解除は必要ありません。いつでもサッとロック解除ができ、あなたのストレスをかぎりなくゼロに近づけます。

③高性能CPU

頭脳には高速処理ができるCPUとメモリを搭載しています。SHARP独自のチューニングにより、アプリ起動やネットサーフィンを今までより快適に行えます。

④イヤホンジャック搭載

AQUOS sense plus SH-M07の嬉しいスペックのひとつが、このイヤホンジャック有りでしょう。もちろんBluetoothも使えますが、音質面から有線イヤホンにこだわる人も多いはずです。ぜひハイレゾにも対応しているAQUOS sense plus SH-M07で、音楽を存分に楽しんでください。

AQUOS sense plus SH-M07の評価・感想まとめ

ここまでAQUOS sense plus SH-M07がなぜおすすめか、

・ディスプレイ性能の良さ

・おサイフケータイ対応のSIMフリー

・バランスが良く納得のいく価格

・その他嬉しい機能

という4つの視点から評価・レビューを含め紹介しました!

多くの高評価・レビュー、そして使った感想から、AQUOS sense plus SH-M07はミドルレンジかつSIMフリーの端末では、頭一つ抜けてコスパが良いです。ぜひその性能を、コスパの良さを体感してください!

AQUOS sense plus SH-M07を買うなら

 

Android
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの参考書